『キャレド・キャレド』DJキャレド(Album Review)

access_time create folderエンタメ
『キャレド・キャレド』DJキャレド(Album Review)

 デビュー・アルバム『Listennn… the Album』のリリースから今年で15周年を迎えるDJキャレド。コンスタントにシングル、アルバムをリリースし、ヒットさせ、順調にキャリアを積み、美貌と知性を兼ね備えた妻ニコール・タックと2人の息子にも恵まれるという、まさに順風満帆な人生を謳歌……しているようにみえる、真相は色々あるだろうが。

 

 前作『ファーザー・オブ・アサド』(2019年)から約2年ぶりにリリースされた本作『キャレド・キャレド』には、次男のアーラムくんが初めてカバー・アートに登場。前作からの最も大きな変化といえば、昨年1月に彼が誕生したことだろう。『グレイトフル』(2017年)から3作連続で起用された長男アサドくんと、2人の息子に挟まれたこのジャケ写からも、心の充実っぷりが伺える。

 

 エグゼクティブ・プロデューサーに息子2人を起用したのは、ほんの洒落(?)ともとれるが、作品のインスピレーションやモチベーションを維持するにおいて、重要な存在であることは間違いない。今年1月に米育児雑誌Parentsの表紙を飾った際、息子たちには昔のソウルなどを聴かせたり、ヒップホップはクリーン・バージョンが鉄則との教育論を語っていたキャレド。参加アーティストによっては子供への悪影響ともとれる曲があるが、若手のアルバムと比較すれば大分威厳は保たれている。

 

 ゲスト陣は、新旧問わず超一流揃い。若手では、テイ・キースがプロデュースした陰鬱なトラップ「Every Chance I Get」に、昨今チャートを荒らしている人気ラッパーのリル・ベイビーとリル・ダークが、そのテイ・キースが手掛けた「Big Paper」には「Up」がNo.1を獲得したばかりのカーディ・Bが、メディアやアンチに物申している。リル・ベイビーは、昨年「The Box」でブレイクした新人ラッパーのロディ・リッチと、「Wild Thoughts」でリアーナとボーカルを務めたブライソン・ティラーとのコラボ曲「Body In Motion」にも参加している。

 

 ブライソン・ティラーは、3月に開催された【第63回グラミー賞】で<年間最優秀楽曲>を受賞したR&BシンガーのH.E.R.と、ニッキー・ミナージュとのゴシップでも話題に事欠かないミーク・ミルが参加した「I Can Have It All」の2曲で、持ち前のソウルフルな歌声を披露した。とはいえこの曲でのパートはわずかで、 H.E.R.のパワフルなボーカルとミーク・ミルの強烈なラップがメインといえる。

 

 H.E.R.は、カーディの夫オフセット率いるミーゴスと4曲目の「We Going Crazy」にも参加。「I Can Have It All」とはまた違う、気怠くエキゾチックなボーカルにシフトチェンジし、レゲエ・サウンドにフィットさせた。レゲエといえば、ブジュ・バントン、ケイプルトン、バウンティ・キラー、バーリントン・リーヴィというレゲエ~ダンスホール系のアーティストで固めたヘヴィなラガヒップホップ「Where I Come From」という曲もあり、ジャンルもバラエティに富んでいる。

 

 エレキが甲高く唸るロック調の次曲「I Did It」には、ジャンルをクロスオーバーして頂点を極めたポスト・マローン、昨年カーディ・Bと「WAP」を大ヒットさせたメーガン・ザ・スタリオン、前述のリル・ベイビーとダベイビーというまさに“豪華メンツ”が集結した。クレジットを伏せてもそれぞれが誰だと認識できる存在感は流石。

 

 先行シングルとしてリリースした「Popstar」と「Greece」は、いずれもドレイクがラップ/ボーカルを担当。彼の作品ではお馴染みのOZによるプロデュースということもあり、曲調はドレイクまんまだが、アルバムを通して聴くとアクセントにはなっている。「Popstar」は、ドレイクのパートをジャスティン・ビーバーが口パクするミュージック・ビデオも話題を呼んだ。

 

 そんなジャスティンは、21サヴェージと6曲目の「Let It Go」にフィーチャーされている。チルアウトにキャッチーなコーラスを乗せた構成は「I’m the One」の続編というべく、シングル・カットも期待できそうな狙い通りの仕上がりに。「I’m the One」にクレジットされたメンバーでは、ジャスティンと前述のクエイヴォ(ミーゴス)の他、ボビー・”ブルー”・ブランドの「Ain’t No Love in the Heart of the City」をサンプリングしたゴスペル風味の「Thankful Thankful」にリル・ウェインが、シンガー/ラッパーのジェレマイと参加している。

 

 ジャスティン違いでは、ジャスティン・ティンバーレイクがフィーチャーされた「Just Be」も聴き心地の良い傑作。ゴーストフェイス・キラーの「All That I Got Is You」(元ネタはジャクソン5の「Maybe Tomorrow」 )をネタ使いしたメロウ・チューンで、ジャスティンの曲ではソロ・デビューしたばかりの2003年にコーラスを担当したブラック・アイド・ピーズの「Where Is The Love?」を彷彿させる。

 

 どれをとっても目玉曲だが、かつて(すさまじい)対立関係にあったナズとジェイ・Zの豪華共演による「Sorry Not Sorry」は、キャレド本人も絶賛する超目玉曲。クレジットはないが、妻ビヨンセもバック・ボーカルで参加するというサプライズもあり、3者がカジノで大御所感を醸すMVもクールで、当時のヒップホップチューンで、ジャスティンの曲ではソロ・デビューしたばかりの2003年フォロワーも納得の出来栄え……ではないだろうか?メイン・ボーカルは、ジェイ・Zの<Roc Nation>所属でビヨンセやジャスティン・ティンバーレイクなど著名アーティストに楽曲提供してきたジェイムス・フォントルロイによるもの。この曲には、2001年に発表したジェイ・Z本人の「Song Cry」 (元ネタはボビー・グレンの「Sounds Like A Love Song」)がサンプリングされている。

 

 90年代に一世を風靡したアーティストでは、9曲目の「This Is My Year」にパフ・ダディ(P・ディディ)が参加している。この曲では、2000年代にブレイクしたリック・ロスと、2010年代前期にデビューしたビッグ・ショーン、デビュー4年目の若手エイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディという世代の違う4人がコラボレーションするという、キャレドならではの演出がたのしめる。

 

 本作も良い意味で“ハズし”のなかった期待通りのアルバムで、ゲストの面々からしても上位ランクインが見込める。米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard200”ではこれまで8作がTOP10入りしているが、首位を獲得したのは2016年の『メジャー・キー』と前述の『グレイトフル』の2作のみで、3作目のNo.1に期待が高まる……ところだが、当の本人はさほど功績を重視していないかもしれない。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

DJキャレド、新作にジャスティン・ビーバー&ティンバーレイクが参加していると明かす
DJキャレド、息子たちにはヒップホップ・ソングのクリーン・バージョンを聴かせていると明かす
DJキャレド、ドレイクを迎えた最新シングル2曲公開&新アルバム発表

access_time create folderエンタメ

Billboard JAPAN

国内唯一の総合シングルチャート“JAPAN HOT100”を発表。国内外のオリジナルエンタメニュースやアーティストインタビューをお届け中!

ウェブサイト: http://www.billboard-japan.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧