【大分】5日の徳島戦は予定通り開催へ。選手1人コロナ「陽性」、2人濃厚接触者。他は全員「陰性」

access_time create folderエンタメ
【大分】5日の徳島戦は予定通り開催へ。選手1人コロナ「陽性」、2人濃厚接触者。他は全員「陰性」

試合会場でのオンサイト検査も実施へ。

[ルヴァン杯 GS5節] 大分 – 徳島 / 2021年5月5日14:00/昭和電工ドーム大分

 J1リーグの大分トリニータは5月4日、前日にトップチームの選手1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたためトップの全選手とスタッフがPCR検査を実施した結果、全員が「陰性」だったと発表した。一方、陽性判定を受けた選手との濃厚接触者として2人が認定された。この3人を除いて、5日にホームで開催されるルヴァンカップ・グループステージの徳島ヴォルティス戦は予定通り開催される。また、試合会場で当日エントリー予定の選手・スタッフを対象に実施するオンサイト検査も行う。

 当該選手は5月2日夕方に発熱などの症状を訴えたため、3日に自主的にPCR検査を実施し、陽性判定を受けた。クラブは3日にトップチーム選手及びスタッフを対象にPCR検査を行った。その結果、トップチームの選手とスタッフ全員が陰性と判定された。5日の昭和電工ドームでの徳島ヴォルティス戦は、Jリーグのプロトコルに照らし、陽性者とその濃厚接触者2人を除き予定通り開催する。

 また試合当日のキックオフ3時間半前にオンサイト検査を実施し、これまで定めてい たエントリー可能な要件に加え、その検査で陰性だった選手・スタッフのみが試合にエントリー可能となる。クラブは今後のトップチームの活動について、「関係各所との協議の結果、陽性者1名と濃厚接触者2名を除き、感染予防策の徹底を図ることで継続可能との判断を受けました。 今後は関係各所の指導のもと、クラブハウスの消毒などを進めてまいります」と報告している。

 クラブが3日に発表した当該選手の様態は次の通り。

■当該選手の経過、症状
・4/30(金) チーム活動参加
(体温:36.4℃)/Jリーグ公式PCR検査実施 
→ 陰性判定
・5/ 1(土) チーム活動参加
(体温:36.4℃)
・5/ 2(日)チーム活動参加
(体温:36.9℃) 
→ 夕方体温37.0℃や寒気を訴える 
→ 抗原定性検査「陰性」
5/ 3(月) PCR検査実施 
→ 「陽性」判定

注目記事:浅野拓磨の退団騒動、「5億円が一晩で消えた」。給与未払いでパルチザンのイメージ悪化も

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

【鹿島】犬飼智也が広瀬陸斗を選手会長の後任に選んだ理由。遠藤康の反応は?
欧州スーパーリーグ発足、正式発表!プレスリリース要旨◎20チームが10チームずつ◎35億ユーロ保証◎12チーム決定◎女子リーグも検討
【日韓戦決定】韓国人選手の市場価格トップ10。ソン・フンミンが桁違いの117億円

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧