AirTagsにキーリング用の穴を開けることは出来る!でも止めた方が良さそう

access_time create folderデジタル・IT
AirTagsにキーリング用の穴を開けることは出来る!でも止めた方が良さそう

数週間前にAppleは追跡アクセサリ「AirTags」を正式に発表しました。このアクセサリの初期レビューはおおむね肯定的なものでしたが、多くの人がAirTagsに望んでいたのは、キーリングに取り付けることが出来る穴でした。結局のところ、鍵等のものを追跡することを意図したアクセサリーとしては、キーリングとの相性があまり良くないように感じました。

AppleはAirTagsを収納出来るキーリングホルダーを販売していますが、それは追加の出費となります。しかし、良いニュースもいくつかあります。iFixitがAirTagsの分解を行い、もし本当に望むなら、AirTagsの外装に実際にキーリング用の穴を開けることが出来ることを発見しました。

誤ってドリルで穴を開けてしまう場合に備えて、初めにバッテリーを取り出す必要があります。しかし、それを除くと、特定の位置に穴を開けることが出来れば、全ての電子機器を回避することが出来ます。当然保証は無くなり、最悪破損させてしまう可能性もあるので、これを実行するのは誰にもおすすめできません。また、iFixitが指摘しているように、穴を開けることで、AirTagsはIP67の防水・防塵性を失うことになります。

ただ、もう少し大胆で、ちょっとしたDIYを行いたいという人は、全くおすすめはできませんが、それは可能だということは知っておいてください。それ以外の人は、Appleが将来的に、キーリング用の穴を備えたAirTagsの新バージョンを発売することを祈るしかありません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post AirTagsにキーリング用の穴を開けることは出来る!でも止めた方が良さそう first appeared on Ubergizmo JAPAN.

関連記事リンク(外部サイト)

Googleアイルランドが8000人の従業員をリモートワークに
Apple、クレイジーな新デザインのiMacを開発中?
iPhoneをiPod Classic風にしてくれる音楽アプリ Apple Musicも聴けちゃう?

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧