2022年秋に児童手当の特例給付が変わる!年収1,200万が壁に

access_time create folder政治・経済・社会
2022年秋に児童手当の特例給付が変わる!年収1,200万が壁に

2021年2月2日の閣議で、児童手当法の改正案が決定しました。これにより児童手当の「特例給付」が、年収1,200万円以上の世帯で2022年10月の支給分から廃止となります。

今回は、まず児童手当と特例給付の仕組みを理解し、法改正によりできる「年収の壁」について、2児の母である筆者と考えていきましょう。

児童手当や特例給付はどういうもの?仕組みを紹介

児童手当や特例給付は、0歳~15歳の子どもを養育している子育て世帯(基本的には親)に支給される手当金です。
まずは受給方法や金額、条件を詳しく見ていきましょう。

児童手当のもらい方

児童手当は、出生日の次の日から15日以内に、住まいのある市区町村に届け出ることで支給がスタートします。
対象期間は中学校修了までで、毎年6月に現況届を提出して認められれば、15歳の誕生日後に迎える最初の3月31日まで受給が可能です。

児童手当は住まいのある市区町村から支給されるので、引っ越しをした場合は転居翌日から15日以内に届け出が必要となるのが、気をつけたいポイント。
児童手当は全額、または一部を受け取らずに寄付することも可能です。

児童手当の支給額はケースにより異なる

児童手当の支給額は、子どもの年齢や人数により異なり、以下のようになっています。


関連記事リンク(外部サイト)

世界の大卒初任給は日本とどのくらい違う?日本の賃金の推移から見る生き残り戦略
コロナを機に、都内から青森に移住した女性の新ライフスタイルとは?
未経験から学ぶ不動産投資!3つの不安ポイントと対策を練ってみた

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
moneliy

moneliy

マネリーは、お金・投資に興味ある方のための情報メディアをコンセプトに働く女性に、未来への投資を提案・サポートするというミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。ライフ・マネーケア・セミナーの3カテゴリーに分け、おカネに関して知る・学ぶ・運用するまでを、一貫して発信していきます

ウェブサイト: https://moneliy.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧