【名古屋】フィッカデンティ監督「陽性」。他の感染者、濃厚接触者なし

access_time create folderエンタメ
【名古屋】フィッカデンティ監督「陽性」。他の感染者、濃厚接触者なし

自宅で療養中。4日には川崎との天王山第2戦を控える。

 J1リーグの名古屋グランパスは4月30日、29日に実施したオンサイト検査で「判定保留」だったマッシモ・フィッカデンティ監督が新型コロナウイルスの「陽性」の診断を受けたと発表した。一方、試合後に改めてトップチーム全選手とスタッフ、トップチーム関係者合わせて54人のPCR検査を実施し、全員「陰性」判定だった。また5月1日、保健所からフィッカデンティ監督との濃厚接触者はいないと報告を受けた。

 心配されるフィッカデンティ監督の容態だが、平熱を続けていて、軽症のため自宅で療養しているということだ。

 チームはアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の日程変更により4月29日のホームゲームに続き、5月4日にアウェーでの川崎フロンターレとの天王山第2ラウンドが組まれている。

 フィッカデンティ監督の経緯と症状は次の通り。

◇PCR検査実施日 4月29日(木・祝)
◇陽性判定日 4月29日(木・祝)
【経過、症状】
・4月27日(火)
トレーニング参加
(体温 36.4℃)
・4月28日(水)
トレーニング参加
(体温 36.4℃)
・4月29日(木・祝)
喉の痛みあり
(体温 36.7℃)
オンサイト検査→判定保留 / PCR検査 → 陽性
・4月30日(金)
喉の痛みあり
(体温 36.5℃)
喉の痛み以外の症状がなく軽症のため自宅で静養中

注目記事:【Jリーグ】突然の無観客開催決定、政府に補償を要請へ。村井チェアマンが明言

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

【水戸2-0浦和】興梠フル出場。ブラウン&安藤のエース候補がゴール
【岐阜】柏木陽介がビデオメッセージで決意「浦和での11年間、全てを誇りに」「岐阜県のため全力を注ぐ」J3今日開幕
鳥栖の金森健志が福岡に電撃“復帰”「コロナを吹っ飛ばすくらい福岡の街を熱く盛り上げましょう!」

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧