強気トレンド復活か 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ライトコイン・ビットコインキャッシュ

access_time create folder政治・経済・社会
強気トレンド復活か 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ライトコイン・ビットコインキャッシュ

 

BTC / USDT

過去2日間の20日間指数移動平均線(55,324ドル)近くで減速した後、ビットコインは今日、50日間単純移動平均線(56,897ドル)にまで急上昇しました。強気派が50日間SMA以上に価格を押し上げた場合、61,825.84ドルから​​64,849.27ドルのレジスタンスゾーンへの上昇もみえてくる。


BTC / USDT日足チャート。出典:TradingView

横ばいとなっている移動平均線と53を超える相対力指数(RSI)は、売り圧力が落ち着いたことを示唆している。しかし、強気派は現在の価格レベル、もしくは直上のレジ寸タスゾーンで強固な抵抗に直面するかもしれない。

BTC価格が現在のレベルから下落し、52,500ドルのサポートを下抜けた場合、弱気派が50日間SMAの近くで積極的に売却していることになる。その結果、50,460ドルのレベル、次に46,985.02ドルを再びテストする展開となる可能性がある。

次のトレンドの動きは、64,849.27ドルを超えるか、もしくは46,985.02ドルを下回ることで始まるだろう。それまでは、不安定なレンジ内での値動きとなる可能性がある。

ETH / USDT

イーサリアムは4月29日にローソク足で同時線パターンを形成し、今日はローソク足でインサイドデイのパターンを作成しました。これは、上昇チャネルのレジスタンスラインの近くでためらいがみられる。しかし、強気派がギブアップしなければ、上昇トレンドが再開する可能性がある。


ETH / USDT日足チャート。出典:TradingView

チャネルのブレイクアウトは勢いが継続していることを示し、それは3,000ドルへの急激な上昇をもたらす可能性がある。上昇する移動平均と買われ過ぎの領域の近くのRSIは強気派が優勢なことを示している。

ただし、強気派が数日以内にチャネルを超えて価格を押し上げることができない場合、ETHは利益確定の売りにつながる恐れがある。これにより、価格が20日間EMA(2,417ドル)まで下落する可能性がある。チャネルのサポートラインを下回ることになれば、トレンド反転につながるだろう。

XRP / USDT

XRPは4月29日にローソク足のインサイドデイのパターンを形成したが、それは今日上昇の形で解決した。強気派は価格を61.8%フィボナッチリトレースメントレベルの1.55ドルより上に押し上げており、強気の勢いを示している。

強気トレンド復活か 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ライトコイン・ビットコインキャッシュ
XRP / USDT日足チャート。出典:TradingView

強気派が1.55ドル以上の価格を維持した場合、XRPは1.73ドルにまで上昇し、52週間の最高値である1.96ドルを再び試すことになるだろう。上昇する20日間EMA(1.29ドル)と64近くのRSIは、強気派が優勢であることを示唆している。

逆に、弱気派が価格を1.55ドル以下に引き戻した場合、高値での利益確定の売りが出ていることを示すものだ。20日間EMAを下抜ければ、強気の勢いが弱まり、XRPが数日間レンジ内での値動きにある可能性がある。

LTC / USDT

ライトコイン(LTC)は4月28日と29日にマイナーな調整となったが、強気派はLTC価格が20日間EMA(251ドル)を下回ることを許さなかった。これは、トレーダーがより深い調整を待っていないことを示唆しており、ポジティブな兆候だ。

強気トレンド復活か 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ライトコイン・ビットコインキャッシュ
LTC / USDT日足チャート。出典:TradingView

強気派が266.68ドル以上を維持できる場合、LTCは61.8%フィボナッチリトレースメントレベルの286.02ドルに達するだろう。このレベルは主要な抵抗として機能する可能性があるが、LTCがそれを超えることができた場合は335.03ドルへの上昇も可能だろう。

20日間EMAが上昇し始め、RSIは徐々に上昇しており、強気派が主導権を獲得していることを示している。価格が下落し、246.96ドルを下回ると、このポジティブな見方は無効となる。このような動きは、50日間SMA(226ドル)への下落となる恐れがある。

BCH / USDT

ビットコインキャッシュ(BCH)は4月29日にローソク足でイんサイドデイのパターンを形成したが、それは上昇方向で解決した。強気派は、価格を61.8%フィボナッチリトレースメントレベルの1,012.29ドルより上に押し上げようとしている。

強気トレンド復活か 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ライトコイン・ビットコインキャッシュ
BCH / USDT日足チャート。出典:TradingView

それが成功した場合、BCHは1,213.51ドルを再び試す展開となるだろう。徐々に上昇する20日間EMA(839ドル)と63を超えるRSIは、強気派にアドバンテージがあることを示している。

しかし、BCH価格が現在の水準から下がった場合、それは弱気派が上昇で売っていることを示唆している。その後、20日間EMAを下回る価格に引き下げようとするだろう。それが成功してしまえば、BCHは686.75ドルまで下落する恐れがある。

20日間EMAから反発すれば、センチメントがポジティブなままであることを示唆する。その後、強気派が、1,012.29ドル以上に価格を引き上げようともう一度試みるだろう。

 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。


関連記事リンク(外部サイト)

仮想通貨ビットコインは5万7000ドルにまで回復、アルトコインでは2桁上昇も
5万5000ドルまでの回復がカギ 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコイン
5万ドルを巡り攻防続く 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ライトコイン・ビットコインキャッシュ

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧