新型コロナのワクチン接種を参加必須条件として開催を検討し一部から反発を招いていた砂漠のフェス「Burning Man(バーニングマン)」最終的に2021年度の開催もキャンセルに

access_time create folderエンタメ
新型コロナのワクチン接種を参加必須条件として開催を検討し一部から反発を招いていた砂漠のフェス「Burning Man(バーニングマン)」最終的に2021年度の開催もキャンセルに

アメリカ・ネバダ州の人里離れた砂漠で開催される、アートと音楽のフェスティバル「Burning Man(バーニングマン)」は、2021年度には「The Great Unknown」をテーマとして開催を予定していたが、現地時間4月27日(火)に公式サイトにて「2021年度は開催されない」という実質的なキャンセルが発表された。
公式サイトには「アメリカはトンネルの先に光が見えているように感じますが、現在まだパンデミックの最中であり、期間内にその(開催するにあったての)不確実性を解決することは火非常に困難です。私たちは2022年の開催を焦点に当てていきます」と発表された。
そんな Burning Man だが、キャンセルが発表される前、主催者が「フェスの入場条件として “ワクチン接種済み” である事を検討している」と報道されていた。
 

          View this post on Instagram                      

A post shared by Burning Man Project (@burningman)

キャンセルが発表される以前の今月初旬、Burning Man の CEO である Marian Goodell(マリアン・グッデル)は「ネバダ州において、フェスティバルに参加するためにはワクチン接種を証明しなければいけない」という誤った情報を主張してしまったため「新型コロナウイルスに関するガイドラインを誤解している」として、多くのフェスティバル参加者から反発を受ける結果となってしまった。
 

          View this post on Instagram                      

A post shared by Burning Man Project (@burningman)

更に、Marian Goodell の主張は「ワクチンを受けたくても受けることができない人を孤立させてしまう可能性もある」として、人々からの大きな反感を買ってしまった。この反応を受け、Marian Goodell は Burning Man Journal にてワクチン接種必須に関するコメントを投稿。

私たちには皆さんの声が聞こえています。多くのフィードバックを下さったことに対して感謝しています。そして、それがどうなるのかの重要性を考えています。そうすること(ワクチン接種を必須条件とすること)は、私たちのコンセプトある Radical Inclusion(※どんな者をも受け入れる共同体である)にとって大きな課題となるでしょう。
しかし、現時点で私たちは Burning Man の 10か条の根本理念(10 Principles)を、一種の形として考えています。そして更にそこには、市民の責任が大きくのしかかっているのです。

上記のコメントでは、ワクチン接種を必須条件にすることを検討していたように取れるが、フェス自体がキャンセルになったことによりこの措置も必要がなくなってしまった。2022年の開催情報に関しては、今後も Burning Man の動向を注視していこう。
 

Burning Man

Facebook
Instagram
Twitter 

関連記事リンク(外部サイト)

【動画アリ】米・テキサス州開催のUbbi Dubbi Festivalに出演したILLENIUM(イレニアム)、Slander x Krewellaとのコラボ曲を初披露!
TikTokは音楽業界の新たなマーケティング手法に成り得るのか? 4人に1人がTikTokでEDM楽曲を発見、「新しい音楽を発見するツール」ではSpotifyに次いで二位がTikTokという調査結果に
【動画アリ】Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)、先週末開催のオンラインフェス「SECRET SKY MUSIC FESTIVAL」で披露したセットをYouTubeで公開!

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧