衆参3選挙全敗 崖っぷち菅政権が突き進む東京五輪強行逆転弾のシナリオ

access_time create folderエンタメ
衆参3選挙全敗 崖っぷち菅政権が突き進む東京五輪強行逆転弾のシナリオ

 まさかの「3タテ」を食らってしまいました。

 4月25日に行われた衆参3選挙。菅政権下で初めてとなる国政選挙で、自民党は全敗というショッキングな結果に終わりました。党関係者からは「予想通り。織り込み済み。連休が終われば誰も覚えていない」と強気な声も聞こえる一方、「このままだと秋が心配だ。コロナの失政で国民の不満が高まっていることの証拠だ」と危機感を強める意見も多々あります。

・今すぐ読みたい→
麻生太郎氏、先見の明ありすぎ・・・1年前の「呪われた五輪」発言を振り返る https://cocokara-next.com/topic/cursed-olympic/

 菅政権にとって、今秋とみられる解散総選挙で勝利を収め、総裁選に再選し、長期政権を築きあげることは最重要課題。崖っぷちからの支持率爆上げという秘策はあるのか…その一つはワクチン接種の立て直し、そしてもう一つは「東京五輪強行での大成功」だというのです。

 一般紙の記者は言います。

 「菅総理はこんな状況でも東京五輪を強行開催する意向です。政権側は日本人の国民性を熟知している。始まる前は『五輪なんてやっている場合か』と不満タラタラでも、日本人選手に金メダルが一つでも出れば『コロナ禍での希望』と盛り上がるのは間違いない」

 「この夏は旅行や行楽もできないでしょうから、みんな家でオリンピックを見るしかない。いろいろ問題はあっても、終わってしまえば『感動をありがとう』となるのが良くも悪くも日本人なのです。勢いのままに解散総選挙に持ち込み、大勝するシナリオでしょう」

 しかし-。

 ワクチンの接種も行き届かず、感染拡大に歯止めがかからない現状を踏まえれば当然、五輪どころではありません。

「官房長官時代は『鉄壁のガースー』とか持て囃されていましたが、にらみが効くのはあくまで国内限定。五輪の開催や中止は海千山千のIOCとの交渉事になる。そうなると菅政権は全くの無力です。費用面でも開催にせよ、中止にせよ、巨額の血税がかかる。ならば強行開催しかない。無観客で何とか決行し、あとは無事を祈る。神頼みが政権の本音ではないでしょうか」(前述の記者)

 本来、五輪はアスリートが光り輝く舞台であり、平和の祭典であるはず。しかし、議論の中には主役となるべきアスリートの姿が見えないのも、寂しいところです。

 苦境にあえぐ菅政権の逆転ホームランは果たして飛び出すのか、それとも-。

 コロナの感染拡大をにらみつつ、強行か中止かのチキンレースはしばらく続きそうです。


関連記事リンク(外部サイト)

「あんただけは許さないわ」 山田邦子が物申したい芸能人とは!?
指がこわばる「ばね指」。その原因とは
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧