デビュー戦で悪夢・・・巨人メジャー96発大砲にサッカーU18日本代表も!

access_time create folderエンタメ
デビュー戦で悪夢・・・巨人メジャー96発大砲にサッカーU18日本代表も!

 まさかのデビュー戦となった。

 巨人の新外国人エリック・テームズ外野手(34)がデビュー戦で右アキレス腱(けん)断裂の重傷を負った。27日ヤクルト戦(神宮)に「6番左翼」で初先発。3回の守備で、打球処理しようとジャンプした着地で足をひねって転倒した。

・今すぐ読みたい→
巨人小林誠司が二軍でも21打数無安打 ネットでは「一軍へ戻して」の「署名運動」も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-return/

 苦痛に顔をゆがめて自力では立ち上がれず、担架で運ばれた。100キロ超の巨体は9人がかりで運び出され、救急車で病院に直行。精密検査を受け、アキレスけん断裂と診断された。

 待望の1軍初昇格だった。コロナ禍の影響で来日が3月末と遅れ、隔離期間を経て2軍では9試合で打率5割、4本塁打をマーク。打線の起爆剤として期待された1軍デビュー戦は、2打席連続三振の後に負傷交代と散々だった。

 アキレスけん断裂した選手は過去に79年門田博光(南海)、95年前田智徳(広島)、16年西岡剛(阪神)、19年野上亮磨(巨人)らがいるが、いずれも1軍復帰まで半年から1年かかっている。テームズも最悪の場合、今季絶望となる可能性があり、原監督は「しょうがないですね、これは」と言葉少な。メジャー96発男の長期離脱は、本人にもチームにとっても痛い。

 デビュー戦の悪夢は、今春にサッカー界でも起こった。J1浦和レッズの大型ルーキーDF藤原優大(18)が3月2日に行われたルヴァン杯・湘南戦に先発出場。フル出場した試合中に顔面を打撲し、左眼窩底(がんかてい)骨折と判明。5日に手術を受け、全治4週間と診断された。

 青森山田高から今季入団したセンターバックの藤原。強豪校で1年から最終ラインを任され、U-17・U-18日本代表にも選ばれてきた逸材だ。プロ野球でいえば「ドラフト1位」クラスの若き才能がデビュー戦で見舞われた、まさかの負傷アクシデント。悲運としかいいようがない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


関連記事リンク(外部サイト)

「スカウトに見る目はあるが、くじ運がない」巨人が逃した2人の強打者
1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは?
巨人小林誠司が二軍でも21打数無安打 ネットでは「一軍へ戻して」の「署名運動」も

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧