巨人小林誠司が二軍でも21打数無安打 ネットでは「一軍へ戻して」の「署名運動」も

access_time create folderエンタメ
巨人小林誠司が二軍でも21打数無安打 ネットでは「一軍へ戻して」の「署名運動」も

 「世界のコバヤシ」と呼ばれた男が今、ピンチに立たされています。

 球界屈指の強肩で知られる巨人の小林誠司捕手です。野球人としてのこれまでの歩みは順風満帆そのものでした。高校野球の名門・広陵高校では野村祐輔(現広島)とのバッテリーで2007年夏の甲子園準優勝。同志社大学を経て、社会人の強豪・日本生命で揉まれ、2013年のドラフト1位で巨人に入団します。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/

 甘いマスクで女性ファンを中心に人気を博しながら、「ポスト阿部慎之助」として頭角を現し、2016年からは3年連続で100試合以上に出場。2017年にはWBC日本代表に選出され、打撃面でもチームトップの打率4割5分(20打数9安打)、1本塁打、6打点と大暴れ。よきタイミングでの投手に対する「声がけ」も評価され、その名を轟かせます。

 そんな日本球界屈指のタレントが今、けがとの闘いというわけでもなく、長らく二軍生活を余儀なくされているから、事態は穏やかではありません。

 スポーツ紙の野球担当記者は言います。

 「巨人では打撃に優れた大城が正捕手の座をつかみ、守備面でも成長著しい。炭谷は経験に優れ、首脳陣としてはベンチに置いておきたい。4年目の岸田も声が出てチームを盛り上げるタイプ。バッティングもいい。小林の出番がなかなかないのもやむを得ません。今季は1軍出場は6試合のみ。打撃成績も1打席で1犠打ですから、評価はできません」

 それでは、二軍で虎視眈々と牙を研いでいると思いきや-。

 「小林はイースタンで4月26日現在、9試合に出場して21打数無安打です。これでは阿部二軍監督も一軍に推薦のしようがないでしょう」(前述の担当記者)

 そんな中、小林の熱狂的ファンが前代未聞の行動に乗り出し、ネット上で話題となりました。

 ある巨人ファンは言います。

 「『小林誠司選手を一軍へ戻してほしい、出場機会を与えてほしい』との思いから、賛同者にハッシュタグをつけて『#巨人』『#小林誠司』という同じ呼びかけを、との提案をツイートしたのです。事実上の『署名運動』とも言えるでしょう。気持ちは十分分かるのですが…」

 華や人気もプロ野球選手を形成する、とても大切な要素。小林選手にはそれがあります。ペナントレースは長いです。

 今は不調のどん底でも、いつかその力が必要な時が、必ず来る-。

 そう信じて声援を送るとしましょう。

 苦境の時こそ、応援を。それが正しいファンの生きる道なのですから。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


関連記事リンク(外部サイト)

「スカウトに見る目はあるが、くじ運がない」巨人が逃した2人の強打者
1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは?
元巨人・斎藤雅樹がロッテ・佐々木朗希を分析「僕は絶対に預からない」

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧