バカッ速の超絶性能! なのに一部マニアにしかウケず「消えた」激辛ハッチバック3台

access_time create folder生活・趣味
バカッ速の超絶性能! なのに一部マニアにしかウケず「消えた」激辛ハッチバック3台

見た目にそぐわない大排気量エンジンを搭載したモデルも!

 基本的にはハイパフォーマンスなモデルというものは多くのマニアの心を惹きつけ、販売中はもちろん絶版車となってからでも人気が衰えることは少ないというもの。

 しかし、なかには侮れないポテンシャルを持ちながらも、一部のユーザーにしか評価されずに姿を消してしまった悲運のモデルも存在している。今回はそんな秘めたポテンシャルを持った激アツ車を振り返ってみたい。

1)トヨタ・ブレイドマスター

 実用車であるハッチバック車にホットなエンジンを搭載したモデルを「ホットハッチ」と呼び、今も昔も若年ユーザーからベテランまで、一たびステアリングを握れば高揚感を味わえるモデルとして一定の人気をキープしているジャンルだ。

ブレイドマスター

 今回紹介するブレイドマスターも、通常は1.5リッタークラスのエンジンを搭載していたオーリス(初代)をベースとしながら、なんと3.5リッターという大排気量を誇る2GR-FE型を搭載したモデルだった。

 このエンジンはハリアーやアルファードにも搭載されていたもので、最高出力は280馬力を誇っており、1.4トン台のボディには余りあるパワーと言えるだろう。リヤサスもオーリスのトーションビームからダブルウイッシュボーンに改められており、本気度を感じることができる。

ブレイドマスターのエンジン

 しかし、ミッションがトルコンATしかなかったことが災いしたのか販売面では苦戦が続き、1世代で絶版車となってしまった。

「じゃじゃ馬」と評価されてしまったモデルも存在

2)マツダ・マツダスピードアクセラ

 いまではMAZDA3と名前を変えたアクセラは、ファミリアから続くマツダのハッチバック&セダンの系譜を継ぐモデルとして2003年にデビューした。そのデビューから3年後の2006年に追加されたマツダスピードアクセラは、アクセラハッチバックをベースに2.3リッターの直4ターボエンジンを搭載したホットモデルだった。

マツダスピードアクセラのフロント

 このエンジンは先に登場したマツダスピードアテンザにも搭載されていたのだが、アテンザが4WDだったのに対し、アクセラは2WD(FF)のままであり、アテンザよりもややパワーは落とされていたものの、シャシー性能よりもエンジン性能が勝ったじゃじゃ馬という評価が強かった。

 結局2代目アクセラにも継続して設定されたマツダスピードアクセラではあったが、爆発的ヒット車種となることは叶わず、3代目にフルモデルチェンジするタイミングで消滅してしまっている。

マツダスピードアクセラのリヤ

3)日産パルサーVZ-R N1

 90年代を代表するホットハッチと言えば、真っ先に名前が挙がるであろう車種がホンダ初代シビックタイプRだろう。1.6リッターながら185馬力という高出力を叩き出し、そのままサーキットに持ち込めるほど締め上げられた足回りと軽量化がなされたボディを持ち合わせていたモデルである。

パルサーVZ-R N1の走り

 しかし、そんなシビックタイプRに真っ向勝負を挑んだのが日産パルサーだったのだ。もともとホットモデルとして1.6リッターで175馬力を発生するVZ-Rというグレードがラインアップされていたのだが、それをベースにさらにチューニングを進めたVZ-R N1というモデルをリリースしたのだ。

 このモデルは、排気量は1.6リッターのままエンジン内部に手を加えることによって、200馬力まで出力をアップさせたもので、シビックタイプRを上まわる最高出力を実現。当然ターボなどの過給機は備わらないメカチューンだった。

パルサーVZ-R N1のリヤ

 ただ、N1という名前が示すとおり、N1レースに出場するためのベースという側面が強く、足まわりなどはシビックタイプRまでには至っていなかった点と、台数限定だった点でシビックタイプRに隠れた存在となってしまったのだ。


関連記事リンク(外部サイト)

元レーシングドライバーが本音で選ぶ「本当に走りのいい」ホットハッチ5選
もう二度と登場しない!? 若者を熱狂させた軽くて安くて小さい国産ホットハッチ4選
じつは凄いダイハツの「軽自動車以外」のクルマ! 歴代「オリジナル」の「普通車」が名車だらけだった

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WEB CARTOP

WEB CARTOP

自動車情報総合誌『CARトップ』のWebサイトです。最新の自動車ニュース、新車情報、新車試乗記をお届けします。

ウェブサイト: https://www.webcartop.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧