生活習慣病、数値が低すぎも良くない?

access_time create folderエンタメ

生活習慣病、数値が低すぎも良くない?

 健康診断の検査結果、数値が高いだけが異常値だと思っていませんか?

実は低すぎも要注意。

一般的に、数値は高いと危険、低いほど健康だと思っている人が多いようですが、そうではありません。

・今すぐ読みたい→
コロナ太りで生活習慣病の恐れアリ!? https://cocokara-next.com/fitness/lifestyle-related-diseases/

例えば、コレステロール。

悪玉コレステロールとも呼ばれるLDLコレステロールにも、必要なコレステロールを全身に届ける役割があります。

ヘモグロビン値が低いのは鉄分不足、アルブミン値が低いと肝機能が低下している等、必要な栄養が不足しているサインであることも。

そして女性に多いのが、中性脂肪の数値が低すぎる事。

過度なダイエットや食事制限を行うことで、身体が栄養不足の状態に陥ると、極端に低い数値を示すことがあります。

それとともに、疲労感を覚える、風邪をひきやすいといった身体の不調が現れます。

ダイエットをしていないのに、中性脂肪が低いという場合もあります。

短期間で大きな数値の変動がなければ問題はありませんが、「肝臓疾患」や、「アジソン病」、「バセドウ病」などの病気にかかっていて、中性脂肪の値が低くなっているケースもあるので注意が必要です。

30~40代になると、アルコールのとりすぎや、運動不足から、中性脂肪は上昇しやすい傾向にあります。

低すぎる場合には、「甲状腺機能亢進症」や、「肝機能」などの病気が考えられます。

中性脂肪が低いということは、同時に血中に流れる「脂溶性ビタミン類」が少ないという事でもあります。

脂溶性ビタミンには、「ビタミンA」や「ビタミンE」などがあります。

これらのビタミンは、血液とともに体内に移動をして、細胞を活性化させたり、粘膜を保護したりする役割を担っています。

体内の脂溶性ビタミン類が少ないと、「倦怠感」や、「頭痛」、「ふらつき」、「めまい」、「動悸」、「息切れ」などの症状が現れます。

女性は肌荒れのトラブルを起こしやすく、老化が進んでしまう可能性もあります。

睡眠や食事などの生活習慣を整えても、体の不調が改善されない……そんな人は、検査数値を見直してみましょう。

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
コロナ太りで生活習慣病の恐れアリ!? https://cocokara-next.com/fitness/lifestyle-related-diseases/


関連記事リンク(外部サイト)

生活習慣病ってどんな病気?【糖尿病 編】
「新型コロナドミノ」の連鎖 ウイルス対策は生活習慣を見直すこと
「喫煙」による金銭と時間の浪費について

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧