「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

access_time create folderエンタメ
「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!


2021年4月25日(日)、千葉県千葉市美浜区の幕張メッセにて行われた
「The VOCALOID Collection ~2021Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に
『ラスボス』こと、演歌歌手の小林幸子さんが登場。激しいパフォーマンスで会場を魅了しました。

【当日の様子】

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
「The VOCALOID Collection(ボカコレ)」は、ネット超会議のボカロ版としてスピンアウトした
ボカロ(ボーカロイド)文化の祭典。2020年12月に東京都江東区の豊洲PITにて初開催した
「~2020 Winter~」では、3日間でネット総来場者104万人・ボカロ作品投稿数約2,000件を記録。

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
その「ボカコレ」が動画投稿サイト「二コニコ動画」の一大イベント、
「ニコニコネット超会議2021 Supported by NTT」の併催イベントとして開催。幕張メッセホール4には
厳重な新型コロナウイルス感染症対策が施され、約500人のニコニコユーザーが来場。
総勢24組のボカロアーティストのパフォーマンス行われました。
「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
時刻は16時35分過ぎ、それまでステージ上を彩ったアップテンポなダンスミュージックや
ヴォーカルパフォーマンスとはうって変わり、黒い衣装に白塗りの怪しくダークな4人の
バンドメンバーがステージ上にスタンバイします。そして次のアーティストコールがなされると
雷鳴と共にステージ上のスクリーンに「小林幸子幕張降臨」と大きな表示が。

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

©ニコニコネット超会議2021

そしてギターに大和、キーボードに菊池亮太、ドラムにSHIN、べ―スにわかざえもんの、
考えうる最高のミュージシャンラインナップが、およそボカロライブという事を見事に忘れそうな、
尋常ではない図太さのヘヴィメタルサウンドの轟音がホール4をつんざく中、ステージ下手より登場したのは、
世界中から愛されるアメリカの4人組ロックバンド「KISS」風のメイクとウイッグを装着した小林幸子さん。
「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
披露されたのは今回の為にアレンジされた「サチコサンサチコサン ヘヴィメタル ver.」。
公式サイトや小林さんのSNS等を含め、一切の事前告知の無いサプライズでの「幕張!行くぞ~!!」の
第一声からのラスボスの登場に客席はペンライトを赤色に染めて狂喜乱舞。

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

©ニコニコネット超会議2021
「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

「私こんな恰好するの初めて~!」とシャウトする小林さん。エナメルの黒いロングジャケットに
黒いロングブーツという、およそこれまでのニコニコ関連イベントに登場した小林さんのイメージとは
かけ離れたスタイルに当の本人が一番びっくりしている様子。勿論、普段歌唱されている演歌や
ボカロ曲の時とは全く違うトーンでメタルチックに歌い上げ、「ヘヴィメタバーサン!」とテンション高いようです。
約3分15秒の激しすぎるパフォーマンスを「Thank You!」のシャウトで終えた小林さん。

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
歌唱後の第一声が「歌い終わって、私は今、何をしていたのかと不安になっております」と、
無心でパフォーマンスに没頭していた小林さん。この日の為だけに結成された4人のバンドと
バンド名を考えた結果、出された答えが「BABA METAL」。じわじわとエッジが効いてくる
この名前にバンドの4人も無言でうなずきます。
「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
ニコニコ生放送のコメント欄にも「ババメタルというパワーワード」という書き込みが多数。
そしてSNSのTwitterにトレンド入りしているとの書き込みもあった模様。
「私、生まれて初めてこんな恰好をしたんですけど、着ちゃうと歩き方まで変わっちゃうのにびっくりした。」
と話し、颯爽とステージ上を往復して見せます。

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
そしてスクリーンにはこれまで小林さんがカバーしたボカロ曲「さちさちにしてあげる」と
「脳漿炸裂バーサン」の映像が流れ、ボカロの楽しみ方を改めてMCより問われると、
小林さん「自分で歌って楽しんだり、聞いて楽しんだりも良いんですけど、今はちょっと難しい状態だけれど、
皆で一緒にワイワイと歌えて、どんな感じ?と、感想を聞いたりして皆で楽しめるのが一番良いかな。
私、最初にボカロ曲を聴いた時、踊っちゃいましたもの。」と話されました。

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

©ニコニコネット超会議2021

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

©ニコニコネット超会議2021

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!

©ニコニコネット超会議2021

なお、「BABA METAL」のパフォーマンスの他に、アーティストの松岡充さんと結成したユニット
「シロクマ」による松岡さん作詩・作曲のニコニコネット超会議2021テーマソング「しろくろましろ」を
小林さんと松岡さんがステージにて生歌唱。客席から大きな拍手が送られていました。

【囲み取材の様子】

幕張メッセを文字通り騒然とさせた空前のパフォーマンス終了後、場所を移し、小林さんの囲み取材が行われました。

Q:ライブを終えての率直な感想は?

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
小林さん「初めてのこういう感じのコスプレですけど、不思議な事にこういう恰好をしていると
歩き方まで変わっちゃうんですね。「KISS」な感じ作りこんできました。」

Q:何故、今回はヘヴィメタル?

小林さん「やってみたかったという事もあります。それから今までにやった事のないものを、と。
今、こういう時代だから、笑ってもらおう楽しんでもらおうという気持ちです。
私は何をする時も本気です。これでほんのちょっとでもクスッと笑う事が出来たらそれで良いなと思うんですね。
ロックアレンジをした曲も楽しいですし。」

Q:メイクを施し衣装に袖を通した感想は?

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
小林さん「(逆に)皆さんに聞きたいんですが、似合ってる?
周りの皆さんから本当に似合っているよって。客席のお客さんも凄く喜んでくれて、
まんざらでもないのかな…?と思って。」

Q:衣装デザインとウィッグは小林さんのアイディア?

小林さん「衣装はコスプレ専門店で買ってきました。(笑)意外と安いんです。
選ぶのが大変な位、物凄く沢山種類があって、世の中にはこういう物があるんだと
私、良いモノを発見したので、是非皆さんも行ってみて下さい。
白塗りは日本調の仕事はたくさんしたので。「KISS」のような恰好は初めてです。
プロの人に聞いたらウィッグの髪の毛のセットはこの位のボリュームだとロックなんですって。
これより上方向にセットすると歌舞伎になっちゃうんだそうです。その違いが私には分からなかったですけど。」

Q:有観客ライブへの出演はどれ程ぶりになる?
4都府県に緊急事態宣言が発出された事については?

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
小林さん「去年12月のボカコレライブに出演させて頂きましたが、去年の超会議は(有観客で)出来なかったんですよ。
ニコニコの皆と会うのはおよそ3年ぶり位になるんですよね。だから凄く嬉しかった。
私のコンサートもずっと延期ですから。この間、さだまさしさんと話していて、
「俺たちはお客さんが目の前で感動して喜んでくれるのが一番幸せなんだよね。辛いね。」
って、ずっと二人で話していました。私に限らず沢山の歌い手さんがどうしても機会が限られて
歌う事が出来ない。やっぱり歌い手ってお客様の前で歌いたいんですよね。
お客様も本当は大きな声で楽しみたいのでしょうけども、ペンライトと拍手で一所懸命に
応援をしてくれている姿を見たら、(感染症対策で)声が出せなくても、その熱意が通じますよ。

緊急事態宣言は私個人が何とか出来るものではないですから、従うしかないですね。
従う事で早く終息へと向かうなら皆で従いましょう。願いは早い収束、ただ一つです。」

Q:今後、ヘヴィメタルの活動をされる事はあるのか?

「The VOCALOID Collection ~2021 Spring~ Supported by 東武トップツアーズ」に”ラスボス”小林幸子光臨!
小林さん「今日の為に集まってもらったバックバンドの4人は皆、何時もは一人一人で活動をしていらして、
物凄く才能のあるミュージシャンなんですよ。何かヘヴィメタの面白い機会があったら歌いたいですね。
宣伝ですけど、5月9日(日)に新宿の日清食品POWERSTATION[REBOOT]で初めての配信ライブを行います。
「シロクマ」で一緒の松岡充君もゲストで出てくれますし、アフタートークもあるので是非。」

小林さんの新たな一面を垣間見せた「BABA METAL」。次回の登場に期待したいですね。

【「The VOCALOID Collection LIVE 2021 Spring」開催概要】

公式サイトはこちら

<開催日時>
2021年4月25日(日)15:00開演

<会場>
幕張メッセ展示ホール4

<料金>
『リアル会場チケット』
S席:6,800円(前方ブロック確約 200人限定のスペシャルチケット)
一般:5,800円
中高生:4,800円
※当日は学生証もしくは身分証のコピーをご持参ください。ご入場時に確認させていただきます。
※こちらのチケットは中高生エリアへのご案内となります。ご了承ください。
ペア割チケット:10,500円
中高生ペア割チケット価格:8,500円
※当日は学生証もしくは身分証のコピーをご持参ください。ご入場時に確認させていただきます。
※こちらのチケットは中高生エリアへのご案内となります。ご了承ください。

『ネット視聴チケット』
Go To イベント適用価格:3,200円
通常価格:4,000円

<出演者>
幕張会場:22組
リモート映像出演:2組
計24組

<観客数>
約500人

【ニコニコネット超会議2021 Supported by NTT 開催概要】

公式サイトはこちら

<開催日時>
2021年4月24日(土)~5月1日(土)

<会場>
ニコニコ公式サイト・総合TOP(https://www.nicovideo.jp/)

<テーマソング>
「しろくろましろ」 作詩・作曲:松岡充/歌:「シロクマ」小林幸子×松岡充

<主催>
ニコニコ超会議実行委員会

©ニコニコネット超会議2021
「VOCALOID(ボーカロイド)」ならびに「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。


関連記事リンク(外部サイト)

室龍太主演× 水田伸生演出「コムサ de マンボ!」2021年8月上演決定!
「超歌舞伎 御伽草紙戀姿絵」開幕!
ミュージカル『スリル・ミー』東京都への緊急事態宣言発出に伴い、東京千秋楽までの公演が中止に

access_time create folderエンタメ
local_offer
コンフェティ

コンフェティ

世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ウェブサイト: https://conpetti.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧