ホンダが、S660 Modulo X Version Zを3/12から販売開始、3月にS660生産終了!?

access_time create folder生活・趣味
ホンダが、S660 Modulo X Version Zを3/12から販売開始、3月にS660生産終了!?

2021年3月12日、ホンダはコンプリートカーブランドであるModulo X(モデューロ エックス)」からシリーズコンプリートモデルとなるS660 Modulo Xに、機能美を突き詰めた特別仕様車Version Zが新設定され販売開始されました。

同グレードは、S660最後の特別仕様車として設定されているとのことです。ここでは、Version Zの詳細やS660の現在のラインアップ紹介などをしていきます。

■S660 Modulo X Version Zの概要など

引用:https://www.honda.co.jp/news/2021/4210312-s660.html

S660は、ホンダ技術研究所設立50周年を記念して、商品開発をすることから始まったモデルです。「ワクワク、ココロが躍動する」スポーツモデル開発を追求した結果、完成したモデルでもあります。

2シーターオープンモデルとして、ミッドシップレイアウトながらの高ハンドリング性能や軽自動車規格としての旋回性の高さが魅力的なモデルです。

S660・S660 Modulo Xの累計で3万台以上が販売され、2022年3月で製造終了となっています。それを記念してS660 Modulo X Version Zが最終特別仕様モデルとして企画されています。

■S660 Modulo X Version Zのエクステリアなど

引用:https://www.honda.co.jp/news/2021/4210312-s660.html

特別カラーとして、ソニックグレー・パールが用意されています。さらにフロント・リアのHマークや車名エンブレム、リアエンブレムをブラッククローム調仕上げとしています。

専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)を特別仕様としてブラックに変更し アルミホイールの塗装をステルスブラックとしています。全体的なアクセント部分をブラックに値上げることで特別仕様車感をアップさせています。

エクステリアカラーには、ソニックグレー・パール(Version Z特別色)とプレミアムスターホワイト・パールの2つが用意されています。

■S660 Modulo X Version Zの内装など

引用:https://www.honda.co.jp/news/2021/4210312-s660.html

内装では、通常モデルのS660 Modulo Xに追加して下記の装備が施されています。

インテリアパネル メーターバイザーパネル部がカーボン調装飾
インテリアパネル 助手席エアアウトレットパネル部にカーボン調装飾
インテリアパネル センターコンソールパネル部にカーボン調装飾
ドアライニングパネルは、ラックス スェード(ブラック)+合皮製(ボルドーレッド×グレーステッチ)
Modulo Xロゴ付専用シートセンターバッグ
専用Version Zロゴ入りアルミ製コンソールプレート

高級感とスポーツ感をさらに高める特別装飾が施されています。インテリアからは、ボルドーレッド×ブラックの1カラー設定です。

全国メーカー希望小売価格

Version Z 660ccDOHCエンジン 6MT MR方式 3,150,400円

■S660 Modulo X Version Zの内装など

引用:https://www.honda.co.jp/S660/?from=newslink_products

グレード展開表

β CVT ミッドシップ 2名 2,031,700円
β 6MT ミ ッドシップ 2名 2,031,700円
α  CVT ミッドシップ 2名 2,321,000円
α 6MT ミッドシップ 2名 2,321,000円
Modulo X CVT ミッドシップ 3,042,600円
Modulo X 6MT ミッドシップ 2名 3,042,600円
Modulo X バージョンZ 6MT ミッドシップ 2名 3,150,400円

3月をもって製造を終了したS660ですが、現在まだホンダのラインアップ表に残ってくれている状況です。ただし、Modulo Xの予定生産台数分のオーダー受付は終了していますので、購入情報を知りたいという方は、販売店に相談してみてください。

走りを純粋に楽しむという観点から、βグレードは、200万円ちょっとから購入できます。専用パーツでカスタマイズされたモデューロXは、100万円ほどアップになっています。

S660の開発者や製造者のエピソードなどを「S660History」としてホームページで公開したり、全国のS660オーナーとつがるコンテンツも公開されています。まさに最終の販売段階に入っていると考えてよいでしょう。

「S660 History」

「#WELOVES660」

■まとめ

ホンダが、S660 Modulo X Version Zを3/12から販売開始、3月にS660生産終了!?をまとめると

3/12に最終特別仕様モデルとしてS660 Modulo X Version Zは、設定されました。
S660は、3/31をもって生産終了の告知も行われました。
S660は、今後在庫分の販売をもって終了することとなりそうです。

ここでは、S660についてお話ししました。2015年から販売された同モデルは、今年の3月をもって惜しまれつつも生産終了となりそうです。S660が、「どうしても欲しい!」と思った方は早々に販売店に相談するのが良いでしょう。


関連記事リンク(外部サイト)

<予防整備>コトコト・ガタガタと異音がする前に、ブーツ類の交換作業!
リコール情報!最近届け出された特筆すべくリコールをご案内!
オルタネータ側のベルトが破断!?軽自動車のベルト交換に奮闘

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧