【広島・竹原で町歩き】江戸・大正の歴史に触れながら日本酒をたしなむ「大人旅」

access_time create folder生活・趣味

広島にある「竹原」という町をご存じですか?

広島といえば、「宮島」や「尾道」を思い浮かべる人は多くても、「竹原」を知っている人は少ないかもしれません。でも実は「竹原」には、江戸時代の面影が残る「町並み保存地区」や、うさぎの島「大久野島」など、魅力的なスポットがたくさんあるのです。

今回紹介したいのは、竹原の「町並み保存地区」という場所。というのも、私がここに1泊2日の旅をして、「素敵だな」と感じたからです。

歴史あるノスタルジックな街を歩きながら、古民家カフェで一休みしたり、江戸時代から続く酒蔵で日本酒を嗜んでみたり。「竹原の町並み保存地区」は大人旅にピッタリの魅力的な場所でした。

竹原ってそもそもどこにあるの?

竹原の中心・竹原駅は、広島駅と尾道駅の間にあります。広島駅からバスで1時間、尾道駅からJRで1時間ほどです。

広島空港から、直行の「ジャンボタクシー」に乗って、片道25分で竹原に行くこともできます。遠くから訪れる方は、飛行機で広島に行き、そのまま竹原へ向かうのがおすすめです。

竹原の「町並み保存地区」は竹原駅から歩いて15分ほどで到着します。

■詳細情報
・名称:たけはら町並み保存地区
・地図:
・公式サイトURL:https://www.takeharakankou.jp/spot/4305

竹原には、今回紹介した「町並み保存地区」の他にも、うさぎが住む島として有名な「大久野島」もあります。1日目は竹原の歴史ある町並みでしっとり、2日目は離島大久野島で海とうさぎに囲まれてのんびり……なんて1泊2日の旅もおすすめですよ。

塩と酒で栄えた竹原の「町並み保存地区」

竹原の魅力は、なんといっても、その町並みの美しさです。竹原は江戸時代、塩づくりによって栄え、大きな経済効果を生み出しました。それに携わった人々によって、町も徐々に形成されていきます。


江戸の情緒ある町並みが今でも残っている地域が「たけはら町並み保存地区」。重要伝統的建造物群保存地区として大切に守られています。

塩だけでなく、酒も竹原の名産です。「竹鶴酒造」「藤井酒造」「中尾醸造」という3つの酒蔵がしのぎを削り、いまも伝統を受け継ぎながら酒造りを続けています。

江戸時代に塩づくりや酒づくりで栄えた屋敷が立ち並ぶ「たけはら町並み保存地区」は、長屋門の格子や漆喰壁が見られ、まるで江戸時代にタイムスリップしたような場所。安芸の「小京都」とも呼ばれています。

古民家を改装したカフェや竹細工のワークショップ、雑貨屋さんも楽しみながら、竹原の歴史と文化に触れることができます。

三大酒どころ「広島」竹原の酒をたしなむ

私は普段そんなに日本酒を飲まないのですが、「三大酒どころ」と評される広島の日本酒。酒蔵が近くにあると聞けば、もちろん飲んでみたくなります。

そこで、竹原の街並み保存地区にある「藤井酒造」に立ち寄ってみました。


普段は店頭で日本酒の試飲ができるそうなのですが、今回はコロナの影響もあり、販売だけでした。素敵な器や竹原ならではの竹細工、塩、物産品などもあります。

じっくり見ているといろいろと欲しくなり、お土産に日本酒や塩、竹でできたお弁当箱などを購入。

その後、中にある蕎麦屋「酒蔵そば処たにざき」で、お蕎麦にだし巻き卵と日本酒がついたセットをいただきました。セットには“お蕎麦に合う” 日本酒がついてきます。クセがなく、きりりとした後味の日本酒とお蕎麦をいただき、すっかりほろ酔い。良い気分になって酒蔵を後にしました。

■詳細情報
・名称:藤井酒造 -酒蔵交流館-
・住所:広島県竹原市本町3丁目4−14
・地図:
・アクセス:JR呉線竹原駅より徒歩で約20分
・営業時間:10:00~17:00
(酒蔵そば処たにざき 11:00〜14:30 )
・定休日:月曜日
・電話番号:0846-22-5158
・公式サイトURL:http://www.fujiishuzou.com/facility/

江戸時台〜大正時代の暮らしが覗ける邸宅

竹原の「町並み保存地区」の中には、江戸時代末期〜大正時代に建てられた「旧森川家住宅」と「旧松阪家住宅」があり、中を見学できるようになっています。

どちらの邸宅も、塩づくりに携わっていた方の豪邸。トイレやお風呂、台所のかまどや土間まで残っていて、当時暮らしていた人たちの様子がありありと伝わってきました。「ここで座ってお庭を眺めていたのかな〜」なんて、当時の生活を想像しながら見学すると、とても楽しいです。

写真は「旧森川家住宅」の茶室から眺めたお庭です。

■詳細情報
・名称:旧森川家住宅(森川邸)
・住所:広島県竹原市中央3-16-33
・地図:
・アクセス:JR呉線竹原駅より徒歩で約15分
・営業時間:10:00~16:00分(入館は15:30まで)
・定休日:木曜日
・電話番号:0846-22-8118
・料金:大人 400円 18歳以下・市内の75歳以上無料
・公式サイトURL:https://www.takeharakankou.jp/spot/5821
■詳細情報
・名称:旧松阪家住宅
・住所:広島県竹原市本町3-9-22
・地図:
・アクセス:JR呉線竹原駅より徒歩で約15分
・営業時間:10:00~16:00 (入館は15:30まで)
・定休日:水曜日
・電話番号:0846-22-5474
・料金:大人300円 18歳以下・市内の75歳以上無料
・公式サイトURL:https://www.takeharakankou.jp/spot/5791

宿泊は日本庭園が広がるホテル「賀茂川荘」にて

今回の竹原への旅では、「賀茂川荘」というホテルに泊まりました。賀茂川荘は、竹原の町並み保存地区からバスで15分ほど。

山の中にパッと出てくる小さな門を潜ると、広大な日本庭園が!庭園を進んでいくと、賀茂川荘のロビーに到着します。


この賀茂川荘の敷地内にある庭園は、1500坪もあるそうです!庭園には、能楽堂や茶室、囲炉裏料理処が散りばめてあって、日本文化を体験できます。個性があって素敵な宿でした。

チェックインした後には、温泉に入ったり、卓球をしたり、日本庭園を眺めながらロビーで「竹原の日本酒3種」を飲み比べて楽しんだり。町並み保存地区に続き、またしてもほろ酔い気分。かわいい柄の浴衣が選べるので、テンションも上がります。


早めの時間にチェックインして、ゆっくりとホテルステイを楽しむことができました。

■詳細情報
・名称:ホテル賀茂川荘
・住所:広島県竹原市西野町西湯坂445
・地図:
・アクセス:山陽新幹線東広島駅、白市駅、竹原駅、広島空港より車で15分
・公式サイトURL:https://kamogawaso.co.jp/

「町並み・歴史ある邸宅・地酒」魅力ある竹原に大人旅してみませんか


江戸の面影を残す歴史ある町並みや、大正〜昭和初期の生活が覗ける邸宅、歴史ある酒造りに、日本庭園。

そんな魅力のつまった竹原には、穏やかでゆっくりとした時間が流れています。いつもの忙しさからちょっと離れて、江戸や大正へのタイムスリップ気分が楽しめるはずです。

ゆっくりと穏やかな空気感が、大人旅におすすめ。「竹原」を訪れて、そんな空気を感じてみませんか。

All photos by Sakiko Gorai

access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧