ライブ配信やオンライン会議に4K映像を手軽にキャプチャー エスケイネットが「MonsterX4Ks」を発売

access_time create folderデジタル・IT

エスケイネットは、一眼レフやビデオカメラの高画質映像、ゲーム機の画面出力をパソコンで手軽にキャプチャーできる4K対応ビデオキャプチャー「MonsterX4Ks」を発売しました。店頭想定価格は1万4800円(税込)。

ライブ配信やオンライン会議でカメラのHDMI出力をPCのUSBポートに入力できる他、ゲーム機の映像出力を4K画質でキャプチャー可能。ドライバー不要でPCのUSBポートに接続するだけで利用できるので、初心者にも導入しやすいのが特徴です。カメラを接続する場合、ノートPCやタブレットの内蔵カメラより鮮明な映像を配信できる他、暗い場所を鮮明に見せたり、カメラ側でズームイン・ズームアウトの操作が可能になります。「Skype」「Facebook」「OBS」「Zoom」「Webex」「Teams」の各アプリケーションで動作を確認しています。

「MonsterX4Ks」仕様
外形寸法:85×43×17mm
質量:約82g
インターフェイス:USB3.0
電源:USBバスパワー
映像入力:HDMI ver.1.4b
映像入力解像度:
640×480/800×600/1024×768/1152×864/1280×720/1280×800/1280×960
1280×1024/1440×900/1600×900/1680×1050/1920×1080/30/60fps
4K 3840×2160 30fps
映像出力解像度:
1920x1080 30/60fps
3840×2160 30fps
映像データー形式:YUY2、NV12、RGB
音声形式:
Format: L-PCM
サンプリングレート: 32KHz, 44.1KHz, 48KHz

動作環境
対象OS:
Windows10/Windows8.1(32Bit/64Bit)
Windows7(32Bit/64Bit)各OSとも日本語版のみ対応
CPU:Intel Core i5プロセッサ 2.4GHz同等以上(非圧縮録画時)
メインメモリ:4GB以上を推奨
インターフェイス:USB3.0
チップセット:DirectDrawが正常に動作するグラフィックシステム
サウンド:DirectSoundが正常に動作するサウンドシステム

ちなみに、ガジェット通信で毎週金曜にお届けしているライブ配信番組「ガジェット通信LIVE」では、ゲーム配信の際にフルHD対応の「MonsterX Lite」を使用しています。ゲーム機の映像をPCのUSBポートから取り込んで、ストリーミング配信ソフトのOBS Studio上でウェブカメラの映像と合成、仮想カメラの映像としてライブ配信ツール「StreamYard」に出力しています。設定など詳細は下記の記事で紹介しているので、興味ある方は参考にしてみてください。

GarminのGPSウォッチ「INSTINCT」eスポーツモデルをレビュー 心拍数やストレスをリアルタイム表示してゲーム実況してみた
https://getnews.jp/archives/2961265[リンク]

最近の「Narita Boy」配信でも使用しています。

2021年3月の人気記事を振り返ろう / ガジェット通信LIVE 第10回(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=D8jQ3oIhiG0&t=2563s

注目ゲーム『Narita Boy』をプレイしながら飲み配信 / ガジェット通信LIVE 第11回(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=jRnDhrjb0Bo

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧