SUZUKI V-Strom250 ABS:長い旅に出たくなるクラスを超えたアドベンチャーモデル

access_time create folder生活・趣味
SUZUKI V-Strom250 ABS:長い旅に出たくなるクラスを超えたアドベンチャーモデル

車両メーカーがバイクレディにオススメするモデルをセレクト。この春からバイクライフをスタートさせるライダーはもちろん、より充実を図ろうと思っている人も参考になること間違いなしです!


長い旅に出たくなるクラスを超えたアドベンチャーモデル

軽二輪クラスアドベンチャーモデルのパイオニアにして、発売以来好調なセールスを記録し続けているVストローム250。尖ったカテゴリーのモデルながら、多くのライダーに受け入れられるのにはワケがあるのです。その魅力に迫りましょう。

SUZUKI広報さんのオススメポイント

Vストロームシリーズ共通の、フロント部分の“クチバシ”デザインが魅力的なポイントです。
アップハンドルによる快適なポジションと良好な足つき性。さらに大容量17ℓの燃料タンクのおかげで、ロングツーリングも疲れ知らずに楽しめます!
ナックルカバーやDCソケットを標準装備。純正アクセサリーのトップ&サイドケースを付ければ、さらにキャンプなどアウトドアの頼もしい相棒に。

V-Strom250 ABSのスタイリング

SUZUKI V-Strom250 ABS サイド
トリトンブルーメタリックNo.2

SUZUKI V-Strom250 ABS 前面

 

SUZUKI V-Strom250 ABS 後ろ

カテゴリーを超えた使い勝手のよさがある

SUZUKI V-Strom250 ABS イメージ

数年前から舗装路・未舗装路いずれも走れて、大量の荷物を積むことを考慮したアドベンチャーモデルが増えてきています。当初は400cc以上の大排気量モデルばかりだったのですが、そんなカテゴリーに初めて登場した250ccクラス車両がこのVストローム250でした。250ccクラスといっても、ベースになっているのが、発売された当初オンロードモデルの中でクラスを超えた車格で人気を博したGSR250ということもあり、400ccくらいある見た目です。とはいえ、車両重量は400ccクラスに比べて軽いので、そのあたりは250ccの有利な点といえるでしょう。またシート高も大柄な車体ながらアドベンチャークラスにしたら低めの800mmで、シートが前後に長めなのも体格差に対応してくれます。外見的なところで、忘れてはならないVストローム250ならではのポイントは、丸型ヘッドライトを採用しているところでしょう。近年、アドベンチャーモデルだけでなく、ネイキッドスポーツモデルも角ばったライトを採用するモデルが多く、その中にあって丸型ヘッドライト仕様はどことなく愛らしさがあります。

ライディングポジションは、ほとんど前傾することのない上体が起きたスタイルなので、比較的ラクに長時間乗り続けることができます。ヘッドライトの上にスクリーンが付いていて、高速走行時にライダーに当たる走行風をやわらげてくれることも、長時間走る際の疲労軽減につながることでしょう。加えて、ハンドガードを標準装備していることで、手を中心に腕まわりへの走行風の影響を減らしてくれることも、対疲労になっています。もちろん転倒時にレバーを破損から守るといったことも期待できます。

このようにライダーへの負担を減らして長時間走り続けられるように作り込まれていることは、ツーリング、それもロングツーリングをする際にはとても重要です。長距離を走る点でもう一つ重要となるのが航続距離。近年、ガソリンスタンドは減少の一途をたどっており、航続距離が短いと場所によってはスタンドを探して走り回るハメになります。その点Vストロームは、ガソリンを満タンにすれば、走り方にもよりますが(高めのギヤを使って、エンジンを高回転域で回し続けないようにすると距離は伸びます)、高速道路を使って東京・大阪間を走りきる航続距離があるので心強いです。

また、荷物を積むことを考慮したしっかりとしたキャリアが装着されていたり、メーカー純正アクセサリーに車体にマッチした樹脂製ハードケースがあったりと、旅を意識した装備が充実していることもVストロームの魅力となっています。

V-Strom250 ABSのディテール

SUZUKI V-Strom250 ABS メーターまわり
反転液晶を採用したメーターは、シンプルな表示内容と文字の大きさを変えることで数値が読み取りやすくなっています。メーター下の左右に操作用のボタンが装備されています

SUZUKI V-Strom250 ABS DCソケット
スマートフォンの充電や、ナビ、電熱ウエアの電源などに便利なDCソケットは、12V36Wを供給。メーターの脇にあるので、ハンドルまわりに設置した機器への配線がラク

SUZUKI V-Strom250 ABS ハンドガード
転倒時にブレーキ&クラッチレバーの損傷抑止に加えて、風防効果も望めるハンドガードが標準装備されます。ブレーキレバーはグリップからの距離を5段階で調節可

SUZUKI V-Strom250 ABS シート
一体型のシートは途中に段差が設けられていて、ライダーはそこでオシリを安定させられます。タンデムシート部は上面がフラットで荷物の積載もしやすいです

SUZUKI V-Strom250 ABS シート下
シートの下には車載工具が収納されていて、その両側にヘルメットを引っ掛けられるフックがあります。リヤショックのプリロード調整がしやすい設計になっています

SUZUKI V-Strom250 ABS センタースタンド
最近は標準装備されている車両がほとんどなくなってしまったセンタースタンドが付いています。メンテナンスや、路面の悪い場所に停車するときなどに便利です

V-Strom250 ABSの足つき&乗車ポジション

SUZUKI V-Strom250 ABS 足つき
身長:167cm/体重:53kg
両足ほぼベッタリ着いて、カカトの下に紙が一枚入るかな、というくらい。ハンドル幅は少し絞り気味な感じで、ライディングポジション全体が見た目よりコンパクトにまとまっています

SUZUKI V-Strom250 ABS 足つき
身長:155cm/体重:46kg
両足ともにツマ先ツンツンだが、シートが絞られているおかげで足を真下に降ろすことが可能。ステップへの干渉もなく、スタンドの出し入れも難なくこなせました

COLOR VARIATION

SUZUKI V-Strom250 ABS カラーバリエーション
パールネブラーブラック×ハイテックシルバーメタリック

SUZUKI V-Strom250 ABS カラーバリエーション
パールネブラーブラック

SUZUKI V-Strom250 ABS カラーバリエーション
パールネブラーブラック×ソリッドダズリンクールイエロー

V-Strom250 ABSのスペック

全長×全幅×全高
2,150×880×1,295mm
軸間距離
1,425mm
シート高
800mm
車両重量
189kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 2バルブ並列2気筒・248cm3
最高出力
18kW(24ps)/8,000rpm
最大トルク
22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量
17L
燃費(WMTC)
31.6km/L
タイヤサイズ
F=110/80-17・R=140/70-17
価格
61万3,800円

V-Strom250 ABS 製品ページ


関連記事リンク(外部サイト)

女性ライダーにオススメ:MOTORHEADのライディングウエア4選
Snugpakからデュオキャンプ向けドームテント“ケイブ”が発売!
SUZUKI Hayabusa:ブランドらしさを継承しつつ質感とパフォーマンスを高める

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧