乗り遅れるな! ワクチン・パスポートは世界の趨勢だ

access_time create folder生活・趣味

乗り遅れるな! ワクチン・パスポートは世界の趨勢だ

欧米のみならず、アジア圏内においても、新型コロナウイルスに対するワクチン接種が遅れている日本。果たしてその大きな原因はどこにあるのか? 元・官僚であり、医師の父を持つ、政治経済評論家の八幡和郎氏が緊急提言。海外のお医者さんたちは、コロナ対策最優先で頑張っているのに、日本では医者の確保が難しい。この国ではお医者様は上級国民なのだ。

ワクチン接種を全国同時スタートしたい理由

新型コロナに対するワクチン接種が遅れている最大の理由は、ワクチンの確保が遅れていることにある。しかし、それだけではない。

前回紹介した河野太郎行政改革相の発言のなかに「都道府県知事からゆっくり進めてほしいとの要望があった。そうすれば接種体制を確認でき、全市町村で準備が整えられるからだ」というのがある。

これは意味深だ。つまり都道府県のほうが、全市町村で準備が整えられて、ヨーイドンで一斉スタートしたいから、それができるまで待って欲しいと言っているということだ。逆に言えば、すでに準備ができたところから始めることをしないでくれ、というわけだ。

たしかに市町村の行政側からしたら、隣の町より遅れたとなると批判される。去年の一律給付金でも、市町村によって配布時期に大きな差が出て、遅れたところには非難ごうごうだった。それでも、そういう批判をされないために競争で頑張ったのは良いことだったと思うが、多くの市町村長さんが嫌な思いをしたから、という理屈なのである。

だから、今度はゆっくりしてくれと言うわけだ。しかし、ワクチンは一律給付金よりさらに準備ができたところから、どんどんやるべきものだ。市町村長の面子より命を優先すべきことだろう。しかし、そういう常識は通らないのだ。

また市町村からの要望の裏には、医者側の圧力もある。誰にワクチンを接種させるかは、市町村によって対応が違う。そこで、かかりつけ医のところで行おうという所も多いのだ。特別会場など設営するのも、市町村にとって面倒だという理由もある。

しかし、ここでも医師会などは、開業医などがマイペースでやれるようにしたい。なにしろ医師会は、任意加入ということもあって、一部の開業医が嫌がることはしたくない。高齢の医者のなかには、筋肉注射(浅いところの皮下などに斜めに入れるのでなく、垂直に深く刺す)は嫌だという人までいるらしい。

ともかく、開業医に慣れないことをさせるのは大変だというのは、私も医者の子だから知っている。しかし、コロナ対策は野戦病院の様相、すなわち緊急性の高い仕事である。そんな悠長なこと言ってるときでないはずだが、ダメなのである。

また特設会場をつくると、医者や看護師の確保が難しいという。医者が自分の仕事を半日休んでまで来よう、ということにならないからだ。海外のお医者さんたちは、コロナ対策最優先で頑張っているのに、日本では休診にすると患者から苦情を言われたら嫌だ、という理由で通ってしまう。この国ではお医者様は上級国民なのだ。

年末年始に長々と休んで、その休みを邪魔されたくないから、緊急事態宣言をして病人が出ないようにしろと大騒ぎしたのは東京都医師会長だが、一斉に休むのは構わないが、個別に休むのは嫌らしい。

しかし、そもそも注射を医者しかすることができないなど、今や世界では非常識だ。インフルエンザの注射など、アメリカでは薬局でするものだし、ヨーロッパでも新型コロナを機会に解禁している。

注射など自分でもできるのだ。「筋肉注射だから簡単ではない」という医者もいたが、筋肉注射は皮下注射より単純で簡単だ。

副反応が出たらどうするといっても、副反応への対処はマニュアル化できるものだし、重篤になったら開業医では手に負えないことが多いので、救急車を呼ぶしかなく同じことだ。イギリスでは薬剤師だけでなく、失業者を集めて研修させてワクチン接種に動員しているのである。

危険極まるファイザーの一本足打法

ワクチンでもうひとつ心配しているのが、ファイザーの一本足打法だ。前回書いたように、現在はファイザーだけで、6月になるとアストラゼネカやモデルナも、もしかすると出てくる可能性があるだけだ(世界中で使っているのに、日本では「可能性がある」というのもひどい)。ジョンソン&ジョンソンやヤンセン、それに中国・ロシア・インド製のワクチンは目途が立っていない。

〇なぜ日本のワクチン接種は遅れているのか? -第四回-

ワクチン接種はなぜ遅れた? メリットを理解しても動けない4つの理由 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

ワクチン接種はなぜ遅れた? メリットを理解しても動けない4つの理由 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

新型コロナに対処する場合、拙速であることを怖れるべきでない。要求される慎重さも“程度の問題”なのだ。政治経済評論家の八幡和郎氏が5日…

どうしてファイザーだけなのかは謎だ。優先してもらうかわりに、ほかのワクチンはしばらく使わないとでも約束したのか? しかし、外国より特別に早いわけでない。契約交渉の不手際で後れをとったので、立場が弱かったとは思いたくない。

あるいは、今のところファイザーのワクチンが一番効きそうだから、一番いいものをということでファイザー優先かもしれないが、そのために接種が遅れてはなんもならない。ワクチンは半年から1年の抗体を作るだけだから、他社の製品でもとりあえず接種しておいて、また半年後に効くものをすればいいのである。これは変異種についての対応でもそうで、今とりあえず接種しておいて損はないのだ。

また「アストラゼネカのワクチンが、若い女性には血栓をつくる可能性が少しある」という話もある。それでも指摘されている数字くらいなら、使うメリットのほうが遥かに大きいのだし、これから副反応がそれなりに出てくるのは、ほかの薬と同じである。

ファイザーにだって、問題が出ることがありえないわけでもないし、そのときに日本がファイザーの一本足だと困ったことになる。やはり多様化はしておいた方が良い。

それから、ワクチン接種をした人に「ワクチン・パスポート」(接種した証明)を発行し、旅行や営業などでの移動を例外的に認める動きが世界に拡がっている。日本も本格検討を急ぐべきだ。


▲ワクチン接種をした人に「ワクチン・パスポート」を発行 イメージ:PIXTA

イスラエルなどは、国民のほとんどが接種しつつあるので、世界の観光地ではイスラエルからの観光客誘致に動いている。欧米では、音楽会の開催を観客全員がワクチン接種をしている条件で解禁したり、公的機関でなくとも、レストランなどでワクチン接種者以外をお断りにするのは、理に適っているからどんどん拡がるだろう。

航空機や鉄道だって、ワクチン接種している人は、それを実施していない会社には乗りたくなくなるだろう。

ところが、日本ではワクチン・パスポートの普及も後手にまわっている。マイナンバーカードの取得と携帯を義務づけるべきだと私は言い続けているのだが、そういうことができていないなかでは至難の業だと言うこともある。

しかし、ここで遅れをとると、世界中で日本人はお断りになりかねない。五輪だってワクチン接種をしていない相手と試合なんぞしたくない。

もちろんワクチン接種を強制することはできない。しかし、それなら映画館へ行ったり飛行機に乗るには、自費でPCR検査をして問題なければ、(1週間以内なら)その結果を代替させればいいことだ。それも嫌なら家に閉じこもっていていただきたいものだ。


関連記事リンク(外部サイト)

ワクチン接種はなぜ遅れた? メリットを理解しても動けない4つの理由
厚生労働省を動かしているのは医務官と言われる“お医者さん”
ワクチン接種を高齢者より医療関係お手盛り優先は日本だけ

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧