東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム 「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

access_time create folderエンタメ
東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。



東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。
東京2020組織委員会(以下、組織委)は、東京2020大会公式文化プログラムである
東京 2020 NIPPON フェスティバルのうち、テーマ「参加と交流」として実施する主催プログラム
「わっさい」について、プログラム概要、参画メンバー等を追加決定しました。

『「わっさい」コンセプト』(発表済み)

東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

「わっさい」キービジュアル ©Tokyo 2020

東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

「わっさい」ロゴ ©Tokyo 2020

世界はもういちど、「わ」になれる。
オリンピック ・パラリンピックで交流するのは世界中のアスリートだけではありません。
子どもたちを始め、誰もが文化交流できる場所。
それがオンラインで開催される特別なお祭り「わっさい」です。
みんなでバーチャルに「わ」になり歌って踊って、一生モノの思い出をつくりましょう。
全人類に、祝福を。

『ダンスと音楽について』

次世代の表現者であるアオイヤマダ氏と高村月氏が、オンラインで世界を「わ」にする踊りを制作。
楽曲は、日本の大人気ロックバンド WANIMA が提供してくれました。7月18日本番、世界中の皆さんにも、
生配信を見ながら一緒に踊り、「わ」をつくりたいとの思いで本日、わっさい公式サイトにて振り付けビデオが公開されました。

<ダンス・音楽 参画メンバー>

東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

振り付け:アオイヤマダ ©Tokyo 2020

◆振り付け:アオイヤマダ氏

東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

振り付け:高村月 ©Tokyo 2020

◆振り付け:高村月氏

『Message from Aoi and Tuki』
はじめまして。「わ」!!!
わたし達は、日々沢山の挨拶を交わします。
⻑いようで短い一日を、あらゆるジェスチャーを交えながら、あらゆる気持ちを伝えながら、過ごしてゆきます。
「おはよう」から「また明日」
そこからこのダンスは生まれました。
使う言語は違えど、伝わるもの、縁が輪になれるもの、それがダンスだと思っています。
心と身体が抱きしめ合えば、どんな動きも、ほらダンス。
笑顔も涙も、さあ一緒に「わ」をつくろう。
2020 年、「わ」が恋しかったです。
「わ」がどれ程のパワーを持つのか、知りました。
海の向こうのあなたも、隣にいるあなたも、わたしの中のわたしも、みんながダンスで繋がりますように。
このダンスをキッカケに、踊るということが身近になりますように。
最後に、両手で円を作ってみてください。
小さくても大きくても、それが「わ」これが「わ」
そこから世界が繋がります!
ありがとう。「わ」!!!

東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

楽曲提供: ©Tokyo 2020

◆楽曲提供:WANIMA

『Message from WANIMA KENTA』
「和心」を東京 2020 NIPPON フェスティバル「わっさい」に提供できる事となり非常に嬉しく思っております。
日々状況が変わる生活の中ではありますが
変わらず日本に溢れる和の心を大切にしたいと思いました。
少しでも和を感じて頂けるように
和楽器奏者の皆さんの力をお借りして曲が出来上がりました。
「和心」と「わっさい」で生まれる「和」が世界の皆さんに届き、大きな「輪」になるよう歌えたら幸いです。

東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

振り付けビデオ出演:葦原海 ©Tokyo 2020

◆振り付けビデオ出演:葦原海氏

東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム  「わっさい」ダンスと音楽を初公開、プログラムに参加するイラストの募集を開始。

総合演出:菅野こうめい ©Tokyo 2020

◆総合演出:菅野こうめい氏(発表済み)
『菅野こうめい氏からのコメント』(発表済み)
NIPPON は『大』きな『和』の国です。
NIPPON は大いなる心で和やかに輪になって暮らす国です。
そして『和の心』は大昔から、ずっと私たちの中に根付いています。
日本人は自然にあるもの、たとえ石ころひとつにも自らの心を映し、
世界に存在する全て、八百万(やおよろず)に心を通わせて来ました。
『縁』を尊ぶその心は『円』を。『円』は『輪』を。
『輪』は『和』を生み出したのです。
世界の人達にそれを知って貰いたい。
世界の人達にそれを見て貰いたい。
そのために、私たちは『祭り』を始めようと思いつきました。
それはオンラインの、フルリモートの、『新しい祭り』です。
世界中の人達が『和の心』で繋がって創り出す祭り。
それが『わっさい』なのです。
今宵、世界は『縁』で結ばれ、『円』を描きます。
世界はひとつの『輪』になります。
世界はかならず『和』になれます。
さあ、みんなで『わっさい』に参加してください!
そして、みんなで『新しい祭り』を創りましょう!

『イラストによる参加方法について』

世界中みんなのイラストが、わっさいに登場!
この日この時、東京に来られない世界中の人々にもわっさいに参加してほしいという思いを込めて、
架空のいきもののイラストを世界中から募集します。みんなの思いを乗せた架空のいきものたちが
わっさいに参加し、大きな「輪」をつくりあげます。

<イラスト投稿サイト>
URL:
日本語サイト:https://wassai-join.tokyo2020.org/jp/
英語サイト:https://wassai-join.tokyo2020.org/en/

<応募期間>
2021年4月19日(月)〜6月20日(日)

<応募上の注意>
それぞれが思い描く架空のいきものを描いて、その描いたイラストを写真またはスキャンにて、
応募フォームよりアップロード。必要事項を記入の上ご応募ください。
既存のキャラクターと同一のものや類似したイラストは、応募無効となりますのでご注意ください。

【東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム テーマ「参加と交流」『わっさい』実施概要】

<日時>
2021年7月18日(日)日本時間18時から(予定)

<開催方法>
バーチャルなオリンピックスタジアムを舞台としたオンライン生配信(一部収録)

<視聴方法>
東京2020組織委員会公式チャンネルを通して配信を計画中

<参加方法>
事前にイラストを投稿すると、イラストが当日「わっさい」に登場します。

【東京 2020 NIPPON フェスティバルとは】
東京2020組織委員会は、世界の注目が日本・東京に集まる2021年4月から9月までにかけて、
あらゆる境界を超えた連帯の象徴となるよう、公式文化プログラムとして、
東京 2020 NIPPON フェスティバルを実施します。東京 2020 NIPPON フェスティバルは、
スポーツと共にあらゆる境界を超えた連帯の象徴として平和な社会の実現に貢献しつつ、
日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や
交流を生み出すこと、そして文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、
大会に向けた期待感を高めることを目的としています。

東京 2020 NIPPON フェスティバル特設ページはこちら

©Tokyo 2020


関連記事リンク(外部サイト)

東京2020みんなのフードプロジェクト 本賞・特別賞メニュー決定!
新装紀伊國屋ホールこけら落とし公演「新・熱海殺人事件」2021年6月上演!
NTT Presents 東京2020オリンピック聖火リレーセレブレーション 開催!

access_time create folderエンタメ
local_offer
コンフェティ

コンフェティ

世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ウェブサイト: https://conpetti.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧