宮根誠司、ク・ハラさんの特集をめぐり「本当に許せない」と批判の声が殺到

access_time create folderエンタメ
宮根誠司、ク・ハラさんの特集をめぐり「本当に許せない」と批判の声が殺到

画像:時事

17日に放送された「土曜プレミアム・世界法廷ミステリー」(フジテレビ系)。

MCとしてフリーアナウンサーの宮根誠司さんが出演していたのですが、その存在がネット上で批判の的となっています。

なぜ宮根さんが出演していたことが批判の的となったのでしょうか?

過去にハラさんのリベンジポルノ事件を笑いながら紹介

17日に放送された「土曜プレミアム・世界法廷ミステリー」(フジテレビ系)。

実際の裁判映像や証言を手がかりにして、殺害現場に残された証拠などを元に事件の謎に迫る「世界法廷ミステリー」シリーズの第17弾。

実際に世界で起きたバスジャック事件や赤ちゃんの取り違え事件など、様々な事件が紹介されましたが、番組後半では主にアイドルグループ・KARAの元メンバー、ク・ハラさんの遺産争いについての内容が特集されていました。

2019年11月に韓国の自宅で遺体にて発見されたハラさん。

28歳というあまりに若い死に、当時世界中が涙しました。

番組ではハラさんの死後、失踪していたはずの母が現れ、多額の遺産を要求してきた話などが中心に紹介された他、生前ハラさんが心を病むきっかけともなった元カレの“DV騒動”などについても言及。

終始シリアスな内容となっていましたが、これらを紹介する番組MCがフリーアナウンサーの宮根誠司さんだったことから、ハラさんのファンの間では番組への猛批判がSNSで寄せられたのでした。

実は宮根さん、以前にも自身が出演するワイドショー「ミヤネ屋」(日本テレビ系)でハラさんと元カレとの間の騒動について触れたことがあったのです。

生前の2018年10月に「ミヤネ屋」でハラさんのニュースを紹介した宮根さん、『元交際相手がハラさんへ“2人の性行為を撮った動画をばらまく”と脅した』というニュースを紹介するフリップ上に「再生ボタン」があるのを見つけると、ニヤニヤしながらそのマークを何度も指で押すパフォーマンスを見せ、「動画は出ないの?」などとおどけていました。

その後、SNSなどで心無い中傷を受け続けることで心身を病み、命を絶ったハラさん。

それらのきっかけともなった事件をふざけて紹介していた宮根さんに、ファンの怒りは収まりませんでした。

視聴者からは辛辣な意見の数々が

この放送を見たハラさんのファンと思われる視聴者からは、

≪今さっきハラちゃんのやつ観てたけど宮根誠司が出てるのがあり得なさすぎて胸糞悪かった≫

≪なんで宮根誠司なん? わけわからん。ほんまに許せへん人物やし思い出すだけで怒り込み上がってくるわ。≫

≪たくさん苦しんだハラちゃんを侮辱するようなことしておいて宮根誠司の番組でハラちゃんのこと取り上げるなんてこの番組はどうかしてる≫

≪宮根誠司ほんと無理。 女性をなんだと思ってんだ…このおっさん。≫

≪待て待て待てハラちゃん特集の番組に宮根出てんのヤバすぎんかキャスティングしたのだれ?????≫

≪宮根誠司がハラちゃんのこと喋るの本当に胸糞悪いのでやめて欲しい≫

≪リベンジポルノで苦しんでたハラちゃんにあんなことしといて、反省の姿勢も見せず、今頃なんで堂々とハラちゃんの話できるの?本当に許せない≫

≪宮根誠司はハラのことについて喋らないでほしい≫

≪はらわたが煮え繰り返ってる。宮根はハラちゃんに謝って欲しい。許さない。≫

≪ハラちゃんのリベンジポルノ騒動時にニヤニヤしてた宮根がさっき何食わぬ顔で遺産騒動に関するVTR見てたのヤバすぎてビックリした≫

など、宮根アナの当時の言動や何事もなかったかのように今回番組出演していることについて、バッシングの声が大量に寄せられていました。

本人は“おふざけ”のつもりだったのかもしれませんが、実際に笑いごとでは済まされない程の声が上がっているため、今後の対応に注目したいです。

(文:Quick Timez編集部)


関連記事リンク(外部サイト)

テレ朝・三谷紬アナ、生々しすぎる足の傷跡にファンからは心配の声
織田信成、突然の大号泣と嗚咽で言葉に詰まり「完全に放送事故」の声
鷲見玲奈アナ、ボディラインくっきりニット着用で胸を強調する理由を公表

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧