HONDA REBEL1100:わたしでも乗れるスポーティなクルーザー

access_time create folder生活・趣味
HONDA REBEL1100:わたしでも乗れるスポーティなクルーザー

車両メーカーがバイクレディにオススメするモデルをセレクト。この春からバイクライフをスタートさせるライダーはもちろん、より充実を図ろうと思っている人も参考になること間違いなしです!


わたしでも乗れるスポーティなクルーザー

2017年に250と500が発売されて以来人気を集め、現在も販売台数を伸ばし続けているレブルシリーズ。そこに新たに1100が加わりました。兄弟モデルとの違いや、1100のみに用意されたDCTモデルについて紹介します。

HONDA広報さんのオススメポイント

シンプル&クールなイメージのロー&ロングスタイリング。軽量かつ低重心で取りまわししやすい車体に、排気量相応の重厚感と、それを引き立てるカラーリングです。
くびれを持たせた形状のナロースタイル。Rebelシリーズ共通の特徴である安心感のある足つき性。乗車時のプロポーションは美しさだけでなく操作性へも寄与します。
力強いトラクション性能とパルス感。高回転域までスムーズに吹け上がるエンジン特性。クルーザーカテゴリーながら、スポーティな走行も楽しめます。

REBEL1100のスタイリング

HONDA REBEL1100 右側
ボルドーレッドメタリック

HONDA REBEL1100 左側

 

HONDA REBEL1100 正面

 

HONDA REBEL1100 後ろ

同じように扱いやすい兄弟、ソックリだけど中身は別物

HONDA REBEL1100 イメージ

 

HONDA REBEL1100 走りイメージ

最近、街中でよく見かけるバイクにレブルがあります。クルーザー系のスタイルなんだけど、その中でもすごくシンプルなデザインでスリム。軽やかに走っているのと、女性が乗っていることも多いから、とくに目にとまるのかもしれないな。レブルの250と500が最初に発売されたのは2017年のこと。わたしは2018年に本誌で250に試乗しました。見た目はクルーザーなのに、スポーツネイキッドのようにキビキビ走り、女性でも扱いやすい車格だという印象が残っています。実際のところ、レブル…とくに250は若い女性にも人気なようす。途中モデルチェンジもありましたが、最初の発売から4年ほど経った現在も、どんどん販売台数を伸ばしているそうです。

そんなレブル兄弟に新しく1100モデルが登場しました。兄弟とはいっても、250と500がエンジン以外ほぼ共通なのに対して、レブル1100はフレームやエンジン、外装パーツなどほとんどすべてが別モノです。エンジンはCRF1100Lアフリカツインに搭載されているユニカム方式のOHC並列2気筒を、さらに低中速域でトルクフルになるように再チューニングしたモノ。フレームも、そんな力強いエンジンを支え、クルーザースタイルの車体にマッチングさせるためオリジナルになっています。外観は似ているけれど、一部のランプ類以外、ほかの兄弟からの流用なんてしていないようす。気合が入ってるなって感じ。そうしてでき上がったのが、兄弟よりも少しだけ大きくパワフルになったこのレブル1100です。

“大きい”とはいっても、ほかの1000cc前後のライバル(?)クルーザーに比べれば、ずっとスリムで軽量。クルーザーっていうと、ルックスからもうヘビーでファットで、前後にも長いほうがカッコいいといわれるでしょ。そんな中で見ると、このレブルはちょっと異なるかもしれないな。女性がクルーザーに乗りたいと思った時、けっこう高いハードルになるのが“長さ”。とくにステップの位置は、足を前に投げ出すようなスタイルのモノが主流。小柄な女性だとシフトチェンジができない、なんてモデルもあるでしょう。そのあたりこのレブルのステップ位置は、ふんぞり返るようなクルーザーと一般的なネイキッドバイクとの間くらい。小柄な女性ではシフトチェンジができない、なんてことはまずないといっていいと思う。 じつはこのレブル1100は、250&500の兄弟と全長が3.5cm、ホイールベースで3cmしか違わないのです。車重こそそれなりに重くはなるけれど、重心やシート高が低いから、足つきは良好だし取りまわしはラクチン。ハンドルがやや遠めだから、とっても小柄な人だとフルロックするとアウト側のグリップが遠く感じるかもしれないけど、普通には届く感じ。車格が250や500とそれほど変わらなくて、扱いやすいリッター超えのクルーザーだなんて、体格的に大排気量車をあきらめていた人も気になるでしょう。

“クルーザー”って何度も繰り返しているけれど、実際に走らせてみると、鈍重なイメージのクルーザーとはかなり違います。キビキビ走る、ふつうのネイキッドです。

細い道の交差点はすんなり曲がるし、高速ワインディングでの切り返しもヒラヒラと軽い。ついでにUターンもラクラク。これは250もそうで、それこそ近所へのちょっとした買い物にも使えるような気楽さがあって、休日のツーリングも満足に楽しめる。ゆったりポジションなのに、ただ流すだけではなく、峠に入ってスポーティな走りも楽しめちゃう。いい意味で見た目を裏切るバイクなのです。

スムーズ変速DCTでご機嫌ツーリング

ラクチンだけど楽しい機能、安心で安全で快適な走りを

HONDA REBEL1100 走りイメージ

 

HONDA REBEL1100 イメージ

今回試乗したのはデュアルクラッチトランスミッション(DCT)モデル。自動変速システムのことで、クラッチレバーやシフトペダルがありません。レブル兄弟で用意されているのは1100だけで、大型二輪AT限定でも乗れます。“スタンダード”“レイン”“スポーツ”“ユーザー”と走行モードがあって、それぞれでパワー、トルク、エンジンブレーキといったエンジン特性のレベルが変わります。ユーザーモードは好みで設定を変えることができます。まずスタンダードモードでのんびり加速すると、わりとすぐ、2000rpmくらいでどんどんシフトアップしていきます。すごくなめらかで、シフト切り替え時の衝撃はないに等しい感じ。ただ、シフトアップのタイミングが個人的にはちょっと早いなって感じがするなあ。すごくエコな走りをしている気はするけど(笑)。走行中でも手元のスイッチでモードの切り替えが行なえるので、スポーツモードに切り替えてみました。そしてスロットルを開けてみると…、なかなか激しい加速! 大排気量車に慣れているわたしでも、ちょっとビックリするくらいドカン!ときます。試乗したカメラマンは、スポーツモードで発進したパワーに圧倒されたそうです。さすがリッターバイク。扱いやすいとは言ったって、250とは比較にならないほどのパワーを持っています。交通量の多い市街地をスポーツモードで走行すると、状況によってはシフトチェンジのタイミングが合わなくて、ちょっとギクシャクしてしまう場面もありました。ただ、各走行モードで走っていても、プラス/マイナスシフトスイッチでシフトチェンジができるから、エンジンブレーキがほしい時とか、必要に応じて使ってみるといいかも。逆にレインモードだとすべてが控えめでやさしくなります。すべりやすい路面で少しでも安心して走れるようにというモードだけど、リッターバイクが初めてという人は、このモードからスタートしたほうがビックリしないかもね。

キビキビ走るスポーツネイキッドみたいな一面もレブルの魅力だけれど、クルーザー的なスタイルに見合った走り方も得意です。機能面でまず挙げたいのは、高速道路を走行する際に便利なクルーズコントロール機能が付いていること。セットやリセット(リセットボタンを押せば解除する直前に設定した速度に再びセットされる)、速度の微調整も右ハンドルスイッチボックスのボタンで簡単に行なえます。そして、ATらしくキックダウンも可能。スロットルを一気に大きく開ければ、シフトダウンして力強い加速をしてくれるのです。

普段クラッチ付きのバイクばかり乗っているので、停止直前にエンブレが勝手にスッとなくなる感触とか、そんな独特の感触があったけど、それはすぐに慣れました。慣れると逆に、スムーズですばやいギヤの切り替えがすごく気持ちいいと感じます。さらには、ただシフトチェンジを自分でしないぶんラクなだけではなく、ちゃんと走りが楽しいって素直に思えちゃうところが不思議で素敵。プライスが控えめなところも魅力の一つでしょう。

気楽に乗れるクルーザーがほしい人、そこそこスポーティーに走りたいけど、あまり尖ったバイクはちょっとなぁ…という人、リッターバイクに乗りたいけど体格的にムリだなぁと思っていた人、レブル兄弟からステップアップしたい人…、などなど、いろんな人に合いそう。落ち着いたスタイルだから、老若男女問わず、長く楽しめるバイクだと思うな。

REBEL1100のディテール

HONDA REBEL1100 メーター
メーターの液晶は明暗反転タイプ。表示される情報量は多いのに、視認性やレイアウトがよくて、直感的にわかりやすい。250/500にはなかったタコメーターもあります

HONDA REBEL1100 足回り
フロント/リヤともにブレーキはシングルディスク。ABS標準装備。タイヤサイズはフロント130/70-18、リヤ180/65-16と、兄弟モデルよりも太めです

HONDA REBEL1100 左スイッチボックス
走行モードの切り替えやシフトチェンジなどは左スイッチボックスで行ないます。厚手のグローブを付けていても操作しやすそう。ボックスの横にあるレバーはパーキングブレーキ

HONDA REBEL1100 右スイッチボックス
右スイッチボックスには、DCTならではのニュートラル/ドライブ切り替え、AT/MT切り替えスイッチがあるほか、クルーズコントロールの設定なども行なえます

HONDA REBEL1100 ガソリンタンク
スリムなガソリンタンクは容量13ℓ。リッターバイクとしては少なそうな感じがするけど、燃費は実際の走行に近い方法で計算して(WMTCモード値)なので必要十分

HONDA REBEL1100 イグニッションキーシリンダー
イグニッションキーシリンダーはクルーザーっぽく車体の左側にあります。ハンドルロックは右側にある別のキーシリンダーで行ないます。差し替えるのがちょっと手間な気もします

HONDA REBEL1100 ライダーシート
ライダーシートはオシリを包み込むような形状で落ち着きます。マットな質感でクッション性もよく、振動や衝撃を吸収してくれるので、長時間のライディングも快適

HONDA REBEL1100 シート下
シート下には、かなり容量がある収納スペースが用意されています。中にはUSBタイプCの電源ソケットが標準装備されているほか、ETC2.0車載器も搭載されています

HONDA REBEL1100 タンデムシート
タンデムシートはリヤフェンダーにそうように丸みを帯びていて、後方が下がっています。リヤフェンダー部分はまるごと取り外せる構造になっていて、カスタムがしやすそうです

HONDA REBEL1100 ステップバー
DCTモデルはクラッチレバーとシフトペダルがなく、左足側にあるのはステップバーだけなのでちょっと不思議な感じ。スタンダードモデルには、当然どちらも付いています

REBEL1100の足つき&乗車ポジション

HONDA REBEL1100
身長:167cm/体重:53kg
両足がベッタリ着いて、さらにヒザに余裕があります。シートにオシリがすっぽり収まる感じだから、車体を支えやすく安定感も抜群。ただ、ハンドルが遠めで、ヒジにはあまり余裕がありません

HONDA REBEL1100
身長:155cm/体重:46kg
 重量感はベタ着きの足つきでカバーが可能。クルーザーの多くはステップ、サイドスタンドが遠いと小柄な人は頭を悩ませるが、手前にあるので操作もしやすくスタンドも出し入れもしやすいです

COLOR VARIATION

HONDA REBEL1100
ガンメタルブラックメタリック

REBEL1100のスペック

全長×全幅×全高
2,240×850[830]×1,115mm
軸間距離
1,520mm
シート高
700mm
車両重量
223[233]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒・1,082cm3
最高出力
64kW(87㎰)/7,000rpm
最大トルク
98N・m(10.0kgf・m)/4,750rpm
燃料タンク容量
13L
燃費
18.7km/L
タイヤサイズ
F=130/70-18・R=180/65-16
価格
110万円[121万円] ※[ ]内はDCT

REBEL1100 製品ページ


関連記事リンク(外部サイト)

女性ライダーにオススメ:ELFのライディングギア3選
明るさ、色味も変えられてスマホ充電もできる!Colemanから“小型ライト”2種登場!
ROYAL ENFIELD CLASSIC500:見た目はクラシックだけど最新技術による安心感あり

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧