お先真っ暗!? ウーバーイーツ配達員が将来の不安を語る

access_time create folder生活・趣味

お先真っ暗!?  ウーバーイーツ配達員が将来の不安を語る

どの世界も稼ぐのは一握りの人間

40代の中年男が「チップで100円もらってテンション爆上がり」とか「ゲリラ豪雨のなか、ずぶ濡れになって配達した結果、450円GET」みたいな話を書いているこのコラム。今回は少しまじめに、配達員として仕事の将来性について思うことを綴ります。

3年以上配達を続けてきて、一番感じるのは「長期間、配達員を専業で行うのは難しい」ということです。

まず、私のような東京都内でレンタル自転車を借りて配達をしている場合、朝7時から夜12時ぐらいまで運び続けて稼げるのは1万5000円ほど。1日に働ける配達時間(配達依頼を受けた瞬間〜配達終了までの時間)が12時間と決まっているので、どんなに注文が殺到しても、このくらいしか稼げません。


▲思うようには稼げない イメージ:PIXTA

配達員にはクエストと呼ばれるボーナス制度があって、月曜日〜木曜日までの4日間で決まった回数を運んだらボーナス1万2000円とか、金曜日〜日曜日までの3日間で決まった回数を運んだらボーナス1万円みたいなものがありますが、そのボーナスを全て獲得したとしても週12万円ほど。

単純計算すれば、月に換算して約50万円。これはこれで魅力的。とはいえ、冷たい風が顔を刺すように吹きつける真冬や、最高気温が35度を超える日に早朝から深夜まで働けば体を壊すので、月50万という数字はあまり現実的ではありません。とくに45歳の中年にとってはなおさら。

スピードが出るロードタイプの自転車を使えば、もっと稼げますが、仮に1日2万円。クエストボーナスを全て取ったとして、体を壊すほど働いて月80万円ほどだと思います。体を壊さない程度に働くなら50万ほどといったところでしょう。


▲稼げるユーチューバーもほんのわずか イメージ:PIXTA

さらにスピードの出るバイクであれば、理論上、月100万円は可能だと思います。私も100万円以上稼いでいる配達員が、テレビ番組やユーチューブに出演しているのを見たことがあります。

数字だけを見てみると「ウーバーって実入りのいい仕事だな」と思えます。ですが、実際にやってみると、80万円とか100万円というのは理論上の数値であることが身に染みてわかります。

子どものなりたい職業としてトップクラスの人気のユーチューバーも、理論上は億単位の収入を得ることが可能ですが、そのためには毎日動画を作ってアップしたり、たくさんの人にチャンネルを登録してもらえるように、SNSなどで宣伝活動をしなければなりません。さらに細かい作業を全てやっても、億単位の収入を得ることができるのは、ほんの一握り。

ウーバーイーツの配達で高額の収入が得られるのも、都内の道に詳しく、早朝から深夜まで運び続けるくらい元気ハツラツな、ほんの一握りの人だけなのです。

怒りの矛先を向けられる配達員


▲かなり稼いでいる外国人もいるにはいる イメージ:PIXTA

以前、外国人配達員に話を聞いたとき、4時間で1万円ほど稼げるなんてことを聞きましたが、あれはピークの時間帯に、渋谷や新宿といった大都市で働いたときに稼げる金額。

彼らは、ビザの関係で労働時間が週28時間に制限されているので、一番おいしい時間帯だけ働くから4時間1万円になりますが、おいしい時間帯だけ働くやり方では、毎日働き続けて最大で月30万円。配達員の収入は、税金や保険料を天引きされていませんから、やはり専業配達員でやっていくのは厳しいかと思います。

またウーバーイーツでは、ある日突然ルールが変わり収入がガクンと下がる、といったことも起きています。先日も、京都や福岡の配達員の収入がいきなり3割ほど減るようなルール変更がありました。

ウーバーイーツ側は配達員を、労働者ではなく配達員アプリの“いち利用者”と捉えているので、不当な賃下げであっても働く側の権利は守られないのです。

配達員の社会的な立場が年々悪化しているのも気になります。ウーバーイーツの配達員がマクドナルドの前にたむろして通行の邪魔になっている様子や、配達中に信号無視をするシーンがテレビのニュース番組で紹介されたり、SNSで動画がアップされるのをよく目にしますよね。

なぜでしょう? こういう映像が浸透すると「ウーバーイーツ配達員=怒りをぶつけてもいい」と考える人が増えるので不思議です。私も以前、店まで料理を受け取りに行っている途中で、いきなり背負っているリュックにパンチを入れられたこともありました。どうかしています。


▲世間から格好の餌食とされるウーバー配達員 イメージ:PIXTA

道を歩く人たちの邪魔になったり、交通ルールを無視するのはよくないこと。ですが、全ての配達員がそのようなことをしているわけではありません……と言い訳をしても、刺激の強い言葉を並べた方が目立つSNSの世界では、感情的な言葉を連ねる発言に注目が集まってしまいがち。

東京都では、自転車配達員に背番号をつけようという案も出ているようで、自治体が「自転車配達員=運転マナーが悪い」とお墨付き(?)を与えたら、近い将来、配達員というだけで酒に酔った人から絡まれる事件が起こるかもしれません。

というように、将来性について考えると、お先真っ黒に感じてしまいますが、副業としてやるなら最高の環境だと個人的には考えています。

ちょっとした空き時間に仕事ができて、時間がかかりそうな仕事だったら引き受けなくてもいいという働き方は、本業がある人にとってはとても魅力的な条件。私の経験上、一般的なアルバイトより実入りが少なくても、ストレスが少ないといえます。

また、お金は週払いなので金欠になったとき、とにかく便利。自転車で配達したらいい運動になるので、副業OK、テレワークで自分の時間が増える、家から出ず運動不足、という今の世の中では最高の副業かと思います。

私の結論としては「新型コロナで仕事が無くなったからウーバーイーツで働こう」と考えている人は、配達員は“つなぎ”、ちゃんとした就職先を探すという考えを持って配達員をすることをオススメしますが、いかがでしょうか。

〇人気の記事「サイテーすぎるチップの思い出」

ウーバー配達で大学生にあざ笑われる屈辱…サイテーすぎるチップの思い出 | アラフォーUber Eats配達員 激走日記 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

ウーバー配達で大学生にあざ笑われる屈辱…サイテーすぎるチップの思い出 | アラフォーUber Eats配達員 激走日記 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

2020年5月ウーバーイーツに導入された「チップ」制度。チップをよくくれる県、ケチな県などの県民性の違い。またチップにまつわるサイテ

〈Uber Eats配達員W〉


関連記事リンク(外部サイト)

なぜここまで? ウーバーイーツ配達員が嫌われるワケ
ドキッ! アメリカ大使館のボディチェックに冷や汗かいて配達したモノ
フリーライター×ウーバーイーツ。ハイブリッド配達員の確定申告3年史

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧