AKB48・岡部麟、茨城県をPRする堂々としたトークを披露し視聴者から絶賛の嵐

access_time create folderエンタメ
AKB48・岡部麟、茨城県をPRする堂々としたトークを披露し視聴者から絶賛の嵐

画像:時事

16日に放送された「秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX 超豪華合体スペシャル!」(日本テレビ系列)。

AKB48の岡部麟さんが出演しました。

ベテラン芸人やダウンタウンの前でも、動じる事なく堂々とトークをする姿に、視聴者からは称賛の声が相次ぎました。

一体、岡部さんはどのようなトークを披露したのでしょうか。

『ダウンタウンDX』、AKB48・岡部麟の堂々トークに視聴者絶賛の嵐

16日に放送された「秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX 超豪華合体スペシャル!」(日本テレビ系列)。

AKB48の岡部麟さんが出演しました。

この日は「北関東犬猿県!我が県のPRバトル!」と題して、茨城県・栃木県・群馬県出身のゲストが地元の魅力をふんだんにアピール。

お笑い芸人のU字工事、タレントのJOYさんなどトーク力には定評のあるメンバーを前に全くひくことがない岡部さん。

岡部さんは茨城県の出身で、ずっと魅力度ランキングがワースト1位でしたが、昨年、栃木県にその不名誉な地位を譲り渡した事もあり「今日は実質、群馬との戦いだと思ってきた」と収録への意気込みを語ります。

群馬県出身のJOYさんからは「ずっと最下位だった茨城から(ライバル視されるなど)意味分からない」と言われますが、岡部さんは絶対に引きません。

「1時間あれば沖縄だって行けるのに、わざわざ群馬に行く意味が分からない」、「新幹線は停まらないが、通過する新幹線の土地を貸すだけで心が広い」、「海しかないって言うけれど、海があるって結構なアドバンテージ」、「日立駅はまるで海の上に経ってるかのような建築物。海なし県には建てられない」など茨城県の魅力について存分に自慢する岡部さん。

他にもお笑いタレントの渡辺直美さん、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二さんなど、同県出身者には「世界を股にかけて活躍する芸能人」が多いとアピール。

これにはスタジオから「茨城県から全力で逃げた結果」と言われるますが、「茨城県から世界に羽ばたいたんです」と、誇らしげにPRします。

何を言われても下を向かずに前を向いて堂々としている様に、視聴者からは

《堂々とトークしてて素晴らしい》

《世にもっと出るべき》

《あの大物芸人さん達にも負けないトーク すごかったなぁ〜。よっ!赤丸急上昇中アイドル!》

《普通にりんちゃんしゃべれてたなぁ。さすがキャプテンですな!外仕事も普通に通用するね》

《プレゼン上手いな~。流石いばらき大使》

《初めてのDX出演 ズバズバと言って茨城の魅力も存分にアピールしていて実にりんらしさが出ていた》

《あのメンバーで麟ちゃん頑張ってる》

など、全くひけをとらないどころか茨城県について、グイグイ引っ張ったトークをした姿に称賛の声が相次ぎました。

AKB48・岡部麟がいばらき大使になった事で魅力度最下位脱出に!

岡部さんは女性アイドルグループ・AKB48の茨城県代表メンバーだけに、2018年に「いばらき大使」に任命されました。

いばらき大使は同県出身者で、同県の魅力や良さをさまざまな機会を通じてPRしていく大役で、過去にはプロレスラーの蝶野正洋さん、俳優の別所哲也さん、女子プロゴルフの畑岡奈紗さんらが務めてきたものです。

岡部さんがいばらき大使に任命された1年目は最下位。

悔しい思いをしたとインタビューで語り、その後は様々なメディアに出るなど積極的に茨城県のPRを続け、その思いが実り昨年は8年ぶりに最下位を脱出し、42位に大躍進。

まだまだ知られていないたくさんの魅力をPRした結果が出たのでしょう。

今も地元のイベントには精力的に参加し、もっと頑張ってランクアップに貢献したいと意気込みを語った岡部さん。

これからもその愛らしい笑顔で茨城県の魅力をどんどん教えてくださいね。

(文:Quick Timez編集部)


関連記事リンク(外部サイト)

『アウトデラックス』、Mカップグラドル・ももせももが「奇形」と言われた衝撃の過去を暴露
斎藤ちはるアナ、乃木坂46現役時代にしたハラスメントを告白「してたかもしれない」
加藤浩次、『スッキリ』新種フルーツ試食コーナーで命の危険に晒される

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧