この夏、ソーシャルディスタンスを必要とするナイトクラブなどで雰囲気を盛り上げるため活用されるらしい?「フェイク観客サウンド」とは

access_time create folderエンタメ
この夏、ソーシャルディスタンスを必要とするナイトクラブなどで雰囲気を盛り上げるため活用されるらしい?「フェイク観客サウンド」とは

Mixmag によると、この夏ソーシャルディスタンスを保つため入場制限をするナイトクラブやフェスティバル会場にて、DJ やフロアの雰囲気を盛り上げるために、新たな音響システムの使用が予定されていることが発表された。その音響システムとは「録音済みのフェイク観客サウンド」であるという。
この夏、ソーシャルディスタンスを必要とするナイトクラブなどで雰囲気を盛り上げるため活用されるらしい?「フェイク観客サウンド」とは
事前に録音された​音響シミュレーションは、アリーナ規模の会場やスタジアムなどで使用されるものと予想されている。これらの大規模な会場は、入場規制を行ったり、ソーシャルディスタンスに従う必要があるため、以前のような超満員にするのは不可能となるため、会場の雰囲気を盛り上げるために使用されるとのことだ。
この夏、ソーシャルディスタンスを必要とするナイトクラブなどで雰囲気を盛り上げるため活用されるらしい?「フェイク観客サウンド」とは
この提案は既に EDM アーティスト、Marshmello(マシュメロ)、​David Guetta(デイビッド・ゲッタ)The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)らのヘッドライナー級のアーティストからは歓迎されているとのことだ。
The Chainsmokers は「この方法はとても理にかなっていると思う。これからダンスフロアに入れる人数は以前に比べて少なくなるだろう。そのためそういったサウンドは雰囲気を作るのに役立つと思う」とコメントしている。
この夏、ソーシャルディスタンスを必要とするナイトクラブなどで雰囲気を盛り上げるため活用されるらしい?「フェイク観客サウンド」とは
だが一方で、匿名の音楽業界筋は Mixmag に以下のようにコメントしたそうだ。

この提案は市場操作するために大きな影響を持つものになるだろう。近いうちに、アーティストのマネージャーは、実際は空っぽのライブショーなのに、猛烈に素晴らしい雰囲気である会場のように演出することができるようになるだろう。
そして、近いうちに実際はファンが1人もその場に存在しないのに、物凄い数の偽のフォロワーがいる DJ がアリーナ会場のヘッドライナーとなるだろう。

▼ エミレーツ・スタジアムこの夏、ソーシャルディスタンスを必要とするナイトクラブなどで雰囲気を盛り上げるため活用されるらしい?「フェイク観客サウンド」とは
この音響システムは、オランダの企業 Nepbedrijf 社が運営するものである。Nepbedrijf 社は以前、BTスポーツ社と協力し、サッカーのプレミアリーグにてフェイク観客サウンドを流していた。それに対して、アメリカ・ラスベガスに新規オープンする クラブのイベント・マネージャー Eric D. Matterhorn(エリック・D・マッターホルン)は以下のようにコメント。

彼ら(Nepbedrijf 社)が、全く歓声のない魂が抜けたような UK にあるエミレーツ・スタジアム(※60,260人収容)を、大繁盛で歓声に溢れるアリーナに変えた瞬間を見たとき、私たちは彼らがどのようなことをできるのか理解し、一緒に仕事をする必要があると感じた。

だが誰もがこの提案に賛成というわけではない。
あるユーザーはクラブの投稿した Instagram のポストに「私が唯一フェイクの拍手を聴きたいのは、MIDI からの拍手で Ableton(エイブルトン)で作られたものだけだ。」とコメントしている。
※Ableton とは DAW ソフトウェア。

関連記事リンク(外部サイト)

スペイン・イビザ島、3月30日から新法案「フェイスマスク法」が施行、今夏のイビザはマスク必須!
アメリカ・ミシガン州開催のフェス「ELECTRIC FOREST」2021年度開催に関し「開催するとしたら8月に開催」と発表
アメリカのアイコニックなベニュー、RED ROCKS野外劇場が夏シーズンに向け、2,500人の収容人数でイベントを再開

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧