休日に料理したら家族もハッピー!「極上ずぼら飯」を作ってみた

access_time create folder生活・趣味

休日に料理したら家族もハッピー!「極上ずぼら飯」を作ってみた

外は雨、洗濯物の山、シンクに放置された食器たち、否応なく迫りくる仕事の締め切り各種……。しかし、ダルい、ダルすぎる。何もしたくない! だけど、こんなときだからこそ、しっかり栄養のあるもの、おいしいものを食べたい。でも、やっぱり1ミリだって動きたくない。とりあえず、だれか旨いもの、プリ〜ズ(心の声)!!

みなさんも、疲れや焦りから、意味不明に発狂したくなる日、ありませんか? 私はあります。頻繁にあります。しかも、そんな日に限って、いつもよりお腹が空くんです……。ブルーマンデー症候群真っ只中、しかも空腹の私の脳裏に浮かんだのは、先週の、編集Yさんのクールな笑み――。

「Kさん、YouTuberの“だれウマ”って知っています? 今度はじめての本が出るんですけど、たぶん、Kさんにぴったりだと思うので、どうぞ」


▲極上ずぼら飯/だれウマ

え、私にぴったりって「ずぼら」? 

「どうも、学生筋肉料理人の“だれウマ”です!」

ぱらりと本をめくると「僕の料理」「大学生になった今は、帰りの遅い家族のために、ほぼ毎日、料理を作っています」とある。なんと、“だれウマ”なる料理人は男。しかも家族想いの大学生! あまりに興味を惹かれたので手元のスマホでググってみると「どうも、学生筋肉料理人の“だれウマ”です!」との自己紹介。え、筋肉? 情報量多すぎですから!! 

そして「開設から1年でチャンネル登録者数26万人を突破した人気YouTube料理チャンネル『だれウマ』。Twitterに投稿した『やばいプリン』のレシピは6万RT、22万いいね、YouTubeでは207万回再生を記録し、多数メディアに取り上げられ一躍注目を浴びた」とある。なんとまあ、親孝行な大学生なのだろう(遠い目)。

そこで、家にある材料で作れることもあり、“だれウマ”さん自信の一品だという「さバター飯」に白羽の矢を立て、本日の昼食にすべく、重い腰を上げてキッチンへと向かう。鯖の味噌煮缶とめんつゆ、バターを入れて、炊飯器をスイッチオンするだけで完成するという、超簡単&栄養バッチリなレシピだ!

超簡単で失神するほど旨い「さバター飯」

1ミリも動きたくないブルーマンデー症候群の私に代わって働くのは、この炊飯器……。夫の嫁入り(?)道具のひとつで、今なお現役の「象印炊飯器 NS-MZ10 おいしく炊ける マイコン炊飯ジャー 2002年製」。なんと18年もののビンテージ家電である(笑)。


▲我が家にある18年もののビンテージ家電「おいしく炊けるマイコン炊飯ジャー」

さっそくレシピ通りに具材を放り込み、炊飯器のスイッチを押す。

「ほ、本当にこれ、だけ?」

あまりのあっけなさに一抹の不安がよぎるが、とりあえず、すべてを夫の嫁入り道具NS-MZ10に任せ、炊き上がりを待つ、待つ……。

そして、いざ、オープン。お、本当にいい感じ!


▲いざ、オープン!

しゃもじで混ぜてみる! 


▲しゃもじで混ぜます

茶碗に盛り、卵黄をのせて、あっという間にハイ出来上がり!

これはまさしく、美しき黄金の輝き(感涙)!! 


▲“だれウマ”さん自信の一品 「さバター飯」

おいしすぎでございマッチョ!

さっそくスプーンで頬ばってみる(YouTubeの動画では、“だれウマ”さんが箸ではなくスプーンで食べていて、それがとてもおいしそうだったのです)。

ねっとりと舌に絡みつく卵黄、香ばしい鯖の香り、そしてバターの芳醇さ……。まさか、こんなおいしいものが、これほど簡単に、しかも自宅で食べられるとは、“だれウマ”さんに感謝しかないっ! YouTubeの“だれウマ”さん風に言うならば、まさに「おいしすぎでございマッチョ!」。秒でリピート確定!

そして、この写真を見て欲しい。お気づきだろうか……? 「さバター飯」の背後に、Twitterでバズリまくったという、あの伝説の「やばいプリン」があることに!


▲伝説の「やばいプリン」も作っちゃいました

「さバター飯」が炊き上がるのを待つあいだ、あまりの手軽さに作ってしまった、この「やばいプリン」。時間がなく、カラメル作りの工程を飛ばしたので、あくまで背後でおとなしく鎮座しているが、本当になめらかで、まさに「幸せ」のひと言。コンビニに走らなくとも、これからは、充分においしいプリンが食べられる! こちらも、ぜひとも試してほしい一品でマッチョ。

(あ、スプーン直置きはご容赦を……。ママタレなら炎上必至かもしれませんが、当方ママタレではありませんので!)

最後に、上記2つのレシピを、ご紹介しておきましょう。


▲「さバター飯」の作り方

▲『極上ずぼら飯/だれウマ』(小社刊)より  

▲「やばいプリン」の作り方

空腹を見事に吹き飛ばしてくれた、この『極上ずぼら飯』。料理が苦手でも、ずぼらでも、誰でも失敗せずにおいしく作れるレシピが、なんと厳選100品(!)も掲載された本書が、確実にあなたを幸せにしてくれます(実証済み)。

ちなみに、夫は「これは、クセになる味ッ!」と喰らいつき、子どもも「ママのごはん、おいしい」と言って残さず食べたので、老若男女問わずイケますよ。自分のために、家族のために、ぜひ、作ってみてくださいね!

〇「さバター飯」の作り方[だれウマ【料理研究家】YouTubeチャンネル]

※本記事は、WANI BOOKOUT https://www.wanibookout.com/>[特集]話題本ピックアップ (2020年2月21日)「極上ずぼら飯​」を加筆編集したものです。


関連記事リンク(外部サイト)

ホワイトデーや歓送迎会で“女心を鷲掴む”珠玉のリスト
忙しいあなたに勧めたい!正しく食べてヤセる方法
武蔵小山の“セルフ”焼き鳥『鳥勇』。うまさの秘密は二度漬け禁止のタレ

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧