2023年度よりメンタルヘルスや薬物乱用の治療の一環として “マジックマッシュルーム” 等を使用する『マジックマッシュルーム・サービス・センター』設置へ…アメリカ・オレゴン州

access_time create folderエンタメ
2023年度よりメンタルヘルスや薬物乱用の治療の一環として “マジックマッシュルーム” 等を使用する『マジックマッシュルーム・サービス・センター』設置へ…アメリカ・オレゴン州

mixmag によると、2023年度からアメリカ・オレゴン州にて「シロシビン・サービス・センター / マジックマッシュルーム・サービス・センター」が設置されることが発表された。この施設は、マジックマッシュルームの幻覚作用成分であるシロシビンを治療薬として供給する事が認められる場所である。
2023年度よりメンタルヘルスや薬物乱用の治療の一環として “マジックマッシュルーム” 等を使用する『マジックマッシュルーム・サービス・センター』設置へ…アメリカ・オレゴン州
このセンターの開設は、2020年11月、オレゴン州法案「Oregon’s Ballot Measure 109」にて「マジックマッシュルーム・サービス・センター」の導入が正式に可決されたものによるものである。
なお、2016年にインペリアル・カレッジ・ロンドンが行った臨床試験では、シロシビンは「重度のうつ病」治療に有効との研究結果も発表されている。
このオレゴン州の措置は、2名の心理療法士によって設立されたオレゴン州の支援団体が取り組んでいたもので、メンタルヘルスに関する治療法、そして薬物乱用を治療するために、成人にシロシビンを安全に提供するネットワークとなる「シロシビン・サービスセンター」を州が設置することを可能としたものである。
これは、昨年決議されたオレゴン州での薬物の非犯罪化 に続くものとなっており、ケタミンLSD などの違法薬物を「治療薬」や「セラピー」として使用することが主流になりつつあると mixmag は伝えている。今年3月には、うつ病、不安症、依存症や楽物乱用の治療としてケタミンを使用する「ケタミン・セラピー・センター」がイギリスにオープンしたとBristollive が報告している。
※注意※
日本では、マジックマッシュルームは2002年より「麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」の第2条で麻薬原料植物として規制対象になっているため犯罪の対象となる。


関連記事リンク(外部サイト)

スペイン・イビザ島、3月30日から新法案「フェイスマスク法」が施行、今夏のイビザはマスク必須!
13歳で初ピアス!眼球タトゥーから身体改造まで……30歳までに日本円約122万円を費やしたTikToker「眼球タトゥーは痛くない」
音声SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」100%クリエーターの収益になる「投げ銭」機能の導入を発表

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧