マスターズ初優勝の松山英樹が刺激を受けてきた日本人メジャーリーガーとは

access_time create folderエンタメ
マスターズ初優勝の松山英樹が刺激を受けてきた日本人メジャーリーガーとは

 さまざまな条件が交錯し、可能性が混沌としてきた。今季絶好調のエンゼルス・大谷翔平と、昨季サイ・ヤング賞2位のツインズ・前田健太との対決の行方である。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/

 両軍は16~18日(日本時間17~19日)まで、エンゼルスの本拠地アナハイムにて3連戦を予定。当初は前田が3戦目の18日に先発を予定していた。

 大谷はオープン戦でつぶした右手中指のまめの影響で、次回登板予定が早くてもツインズ3連戦が始まる16日以降となっていた。

 ファンの期待は前田VS打者・大谷、もしくは前田と投手・大谷の投げ合いも、とふくらんでいた。

 ところが事態は12日に動いた。

 ツインズは本拠のあるミネソタ州ミネアポリス近郊で11日に黒人男性が警察官に射殺された事件を受け、本拠地球場で予定していたレッドソックス戦を中止した。

 ミネアポリスでは昨年5月、警察官による黒人男性暴行死事件が起き、全米で人種差別抗議デモが広がるきっかけとなっていた。

 今回の事件現場を中心に大規模なデモや抗議活動が繰り広げられ、州知事は午後7時から午前6時までの外出禁止令が発令された。

 前田は13日のレッドソックス戦に先発し、その次に中4日で18日のエンゼルス戦へ向かう予定だったが、13日以降の試合開催そのものが不透明となり、今後の登板予定が白紙となる可能性も出てきた。

 一方の大谷は12日のロイヤルズ戦の試合前にブルペン入り。右手中指の状態も確かめながら、13球を投げた。状態の報告を受けたマドン監督は、次回登板が早くても19日(日本時間20日)からのレンジャーズ3連戦以降にずれ込む見通しを示した。これによって少なくとも、大谷と前田が先発で投げ合う可能性は消滅した。

 残る期待は前田VS打者・大谷の可能性。右手中指のまめに不安は残る大谷だが、打者としてはこの日のロイヤルズ戦に出場し3安打と好調をキープしている。マドン監督は登板の前後でも積極的に大谷を起用しており、前田がエンゼルス3連戦のいずれかで投げれば対決が実現する可能性は高い。

 11日には男子ゴルフで松山英樹がマスターズ初優勝という偉業を成し遂げた。

 その優勝インタビューで松山は、刺激を受けてきたアスリートとして「僕が尊敬しているのは、ダルビッシュさん、前田健太さん、大谷君とか、主に野球選手だった」と同じく米国で活躍する大リーガーたちの名前を挙げたほどだった。

 その前田、大谷両者の激突はなるのか。

 ミネアポリスでの抗議デモは暴徒化し、まだ沈静化の兆しをみせていないことから、すぐ見通せる状況にはない。それでも多くのファンも、そして松山も、2人がしのぎを削るシーンが見たいはずである。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


関連記事リンク(外部サイト)

「あと50勝したいねん」日米通算150勝目を挙げたマエケンを上回る勝利数の現役5投手の現在地は?
この10年の神ドラフト史!この年、この球団の指名が最高すぎる
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧