青春高校で副学級委員長を務めた渡邉聖明。“青くて苦い”日々を告白

access_time create folder生活・趣味

青春高校で副学級委員長を務めた渡邉聖明。“青くて苦い”日々を告白

“理想のクラスを作る”ことをテーマにしたバラエティ番組『青春高校3年C組』(テレビ東京系)3月末をもって終了した。クラスの副学級委員長だった渡邉聖明さんは、中学・高校時代に生徒会長を務め、まわりから“ザ・まじめ”と呼ばれるほどの優等生。そんな彼が『青春高校』で過ごした日々は「本気でいいクラスを作りたい」という理想を追いかけながら、自分の弱さと向き合った3年間でもあった。挫折と葛藤そして、その先に見えたものについて熱く語ってくれた。


▲青春高校3年C組スペシャルインタビュー(卒業・渡邉聖明編)

漫画のような青春に憧れていた

――渡邉さんは『青春高校3年C組』の副学級委員長を務めていますね。

渡邉 とはいっても、クラスのみんなには申し訳ないくらいに副学級委員長らしいことはしてなかったです。中学・高校時代に生徒会長をやっていたので、最初のころは「青春高校の生徒会長になりたい!」って言っていたんですけど、学級委員長の(日比野)芽奈がしっかりしているので、途中からそういう気持ちもなくなりました。

――もともと芸能界に興味があったんですか?

渡邉 演劇部に入っていたので表現をすることに興味はあったんですけど、高校から始めた会計学の勉強が楽しくて、将来は会計士を目指そうと思っていました。お堅い感じですよね(笑)。まわりの友達からも“ザ・まじめ”って言われていました。

――『青春高校』のオーディションを受けるとき、ご両親は心配していませんでしたか?

渡邉 厳しい家庭なので、両親には内緒でオーディションを受けました。ただ、そのときは未成年ということもあって、合格したあとに親のサインをもらわなきゃいけなかったんです。それで、母のほうがまだちょっとだけ優しいので、母にサインしてもらって。父には秘密にしていました(笑)。

――お父さんに伝えたときはどんな反応でしたか?

渡邉 事後報告だったんですけど、怒られはしなかったです。「『青春高校』という番組に出ます」って報告したら「ちゃんと学業と両立するならいいよ」と認めてもらえました。

――実直な印象の渡邉さんですが、SNSで番組の告知や宣伝をするなど、まじめで丁寧なコメントが「公式より公式」と言われていましたね。

渡邉 そうなんですよ(笑)。僕、SNSで『青春高校』の宣伝ばかりしていたんですけど、日常ツイートを心がけようと思って、何気ないこともつぶやくようにしたんです。それをほかの生徒が引用リツイートしてくれるんですけど「わったー(渡邉)は、こんな日常ツイートをするわけないから、偽アカだ」って言われるようになってしまって…(笑)。

――3年間でいろんな思い出があると思いますが、とくに記憶に残っている出来事といえば?

渡邉 僕はダンス&ボーカル部に所属していたんですけど、文化祭やイベントに向けて、部活のみんなと過ごす時間がとても楽しかったです。個性や年齢もバラバラのみんなが、練習の休憩時間に一緒にごはんを食べたり、バカなことをしているのが本当の部活みたいで「あぁ、青春しているなぁ」って感じました。

――熱い青春の日々を実感していたんですね。

渡邉 漫画みたいな青春に憧れていたので、普通の人よりも思い入れが強くなってしまうタイプかもしれません。


▲漫画のような青春に憧れてました

――だからこそ「本当にいいクラスを作りたい」という思いが、渡邉さんは人一倍強かったんですね。

渡邉 もちろん、この3年間で楽しいことがたくさんあったんですけど、個人的には「悔しいな」って思うことのほうが多かったかもしれないです。

――どんなことで悔しさを感じていたんですか?

渡邉 やっぱり『青春高校3年C組』はバラエティ番組なので、自分はあんまり面白いことが言えてないな、という悔しさがありました。「ここはもっとこうすればよかったな」とか「まだまだやり切れてないな」という反省もたくさんあって。

たくさん壁にぶつかったし、自分の不甲斐なさにヘコむことも多かったです。でも、そのぶん、うまくできたときは楽しかったし、みんなと協力してひとつの物を作り上げる楽しさを感じました。

――落ち込んだときに励まし合っていた生徒はいましたか?

渡邉 仲良い生徒はたくさんいるんですけど、深い話をしていたのは、きめしゅん(木目田俊)です。同じ4週目オーディションを受けた仲間で、同い年だったし、僕と誕生日が1日違いなんですよ。いろんな共通点があって、なんでも本音で話せる関係でした。

――一緒に遊びに出かけたりしましたか?

渡邉 僕と同じ敗者復活で合格した、めがちゃん(女鹿椰子)と、きめしゅんと3人で“カオス会”というグループを結成していたのですが、その3人でよく遊びに行ったりしていました。僕ときめしゅんの誕生日のときは、めがちゃんがサプライズでケーキを用意してくれたこともありました。

ケーキに僕たちの名前が入ったプレートが添えられていたのですが、めがちゃんが電話で予約したときに、店員さんが聞き取れなかったらしくて「わったー」と「き“ぬ”しゅん」になっていたけど(笑)。でも、3人で笑いながら写真を撮ったりして、いい思い出になりました。

――渡邉さんにとって『青春高校』で出会った生徒たちは、どんな存在ですか?

渡邉 かけがえのない存在です。きめしゅん、めがちゃんだけでなく『青春高校』に入って、本当にみんなとの出会いに運命を感じました。こんな出会いは一生に一度なんだろうな、って思います。

僕が毎日配信を続ける理由

――渡邉さんが毎日続けている動画配信ですが、まもなく1000日連続配信という記録を達成するそうですね。〔※2021年2月取材時〕

渡邉 2年前の6月からスタートして、3月17日で1000日目になります。

――すごいですね!

渡邉 今日も家に帰ったら配信します(笑)。だいたい夜22時とか23時に配信をしているんですけど、いつも時間になると「あ…!」って勝手に体が反応して、気づいたら三脚を立ててセットしているんですよ(笑)。

――習慣づいているんですね。

渡邉 完全にルーティーンになっています(笑)。

――毎日配信をやろうと思ったきっかけは?

渡邉 もともと僕は『青春高校』のオーディションを受けて、一度落ちているんです。そのあと、合格できなかった子たちが集まった「敗者復活ウィーク」に再挑戦したのですが、そのときに動画配信をして、たくさんの人に支えていただいたおかげで合格することができました。だから、僕にとって“配信”は特別なものになんです。

――『青春高校』に入ってからも、配信は一度も途切れることなく今日まで続いていますね。

渡邉 はい。もっとたくさんの人に『青春高校』を知ってもらいたい! という気持ちが強かったです。毎日配信をすると、ホーム画面の上のほうに表示されるようになるんです。だから、毎日続ければ、僕のプロフィール欄に書かれた『青春高校3年C組』の文字がたくさんの人の目に止まるんじゃないかな、と思いました。

宣伝することで一人でも多くの人に『青春高校』を知ってもらって、微力かもしれないけれど、大好きな番組の力になりたい! というのが、毎日配信を始めたきっかけですね。

――始めたころは、こんなに続くと思っていましたか?

渡邉 毎日配信しようというのは最初に決めていたんですけど、正直、1年も続かないんじゃないかなと思っていました。どこかのタイミングで体調を崩したり、そういうことがあるかもと想定していたんですけど、思ったよりも健康に毎日過ごしていました(笑)。

――しんどいときや疲れて眠いときもあったと思います。

渡邉 毎日配信するのがつらかったわけではなくて、自分と向き合っている時間が長くて「キツいなぁ…」と思った時期もありました。でも、そういうときに配信をすると、応援してくださる人から温かいコメントをたくさんいただけるんです。

毎日配信しているので、ちょっとした変化にも気づいてくださるんです。「どうしたの?」「今日は元気ないね」ってコメントをいただいて、元気になれることもありました。

――1回の配信でどれくらい話すんですか?

渡邉 長ければ1時間以上です。「今日は疲れているから短めになるかな」と思って配信を始めても、やっているうちにめちゃめちゃ楽しくなる、というか(笑)。やっぱり、みなさんとのコミュニケーションがすごく楽しいので、気づいたら1時間以上経っていることが多いです。

――もともと、しゃべることは好きだったんですか?

渡邉 いや、そんなことないと思います。どちらかといえば、人の話を聞くことのほうが多かったかもしれない。友達といるときは、たいてい聞き役なので。でも、配信だと僕が発信する側なので、そのときはスイッチが入って、しゃべるのかなって思います。

――1000日連続で続けることができた秘訣は?

渡邉 毎日見てくれている人や、応援してくださる人がいるからです。そういった人たちのためにも毎日配信したいという思いがあるので、続けられているんじゃないかなって思います。

一番嬉しかったのは「わったーの配信を見るようになってから毎日が楽しくなった」とか「未来に希望を持てるようになった」という言葉をいただいたとき。自分の配信が誰かの幸せにつながっているのが嬉しかったし、がんばって続けてよかったな、と思える瞬間でした。


▲配信がんばって続けてよかったな

『青春高校』に入って変わった自分

――『青春高校』で過ごした3年間で、自分の中に変化はありましたか?

渡邉 じつはそんなに変わってないんじゃないかな? と僕自身は思っていたんです。でも、あらためて3年前の自分と今の自分を比べてみると、人に甘えられるようになったんじゃないかな、という気がします。

――まわりに頼ることもあった?

渡邉 今までの僕は、自分のことはなんでも自分でやるし、ほかの人のことも助けなきゃいけないという思いがあって、ずっと肩に力が入りっぱなしのような状態だったんです。中学・高校で生徒会長をやっていたこともあって「自分がみんなを引っ張らなきゃ!」という思いが強かったんだと思います。

でも『青春高校』に入って、自分が弱音を吐ける場所や、それを受け止めてくれる仲間と出会えることができました。「こういうことがあって、今つらいんだ」って素直に言えるようになったし「力を貸してほしい」って人に頼れるようにもなりました。肩の力が抜けてラクになることができたのは、生徒のみんなやスタッフさんが僕の弱い部分も受け止めてくれたからだと思っています。

――素敵な仲間たちに支えられて、青春を謳歌することができたんですね。

渡邉 本当に楽しかったです。この3年間はめちゃくちゃ濃くて、キラキラしていました。『青春高校』で過ごしたすべての時間が、僕にとって宝物です。でも、だからこそ、この3年間に負けないくらいの時間を、これからも作っていかなきゃいけないなって思います。

――『青春高校』卒業後は、どんな道に進みたいと考えていますか?

渡邉 すごく悩んでいます。今年の春で大学4年生になるタイミングでもあるので、就職活動をするのか、また違う道を探すのかいろいろ考えています。こういうご時世なので何が起こるかもわからないし。今、すごく難しい選択を迫られているな……と思います。

――今まさに人生の岐路に立っているんですね。

渡邉 ただ、自分の人生を振り返ったときに、あまり冒険してこなかった、という思いがあるんです。コツコツ頑張って堅実に歩んできた21年間だったなぁ、って。

――定められたレールの上を歩いているような?

渡邉 そうですね。でも、ここから先の人生は、ちょっと冒険してもいいんじゃないかなって思うんです。「攻めるときは攻める!」という姿勢で、勇気を持ってチャレンジしたい。そういう気持ちになれたのも『青春高校』で過ごした3年間があったからこそだと思います。


▲ちょっと冒険してもいいんじゃないかなって思うんです
プロフィール


 
渡邉 聖明(わたなべ まさあき)
1999年9月12日生まれ。東京都出身。
『青春高校3年C組』の副学級委員長。穏やかで実直な性格だが、青春高校への想いは誰よりも熱い。ライブ配信サービスで毎日配信をしており、今年3月に1000日連続配信記録を達成。優しい人柄がにじみ出る丁寧なファン対応が人気を呼んでいる。ニックネームは「わったー」。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/1837)

〈宮田 英一郎〉


関連記事リンク(外部サイト)

青春高校3年C組でマドンナ的存在の日比野芽奈。“かけがえのない場所”への思い
青春高校3年C組で強烈なインパクトを与えた小沼綺音が語る仲間への思い
青春高校3年C組の生徒が卒業を前に語った、あの頃の自分

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧