『名探偵コナン 緋色の弾丸』 豪華なゲストキャラと迫力満点の見せ場満載の劇場版シリーズ最新作!

access_time create folderエンタメ
『名探偵コナン 緋色の弾丸』 豪華なゲストキャラと迫力満点の見せ場満載の劇場版シリーズ最新作!

青山剛昌原作の大人気テレビアニメの劇場版で、こちらも評価が高いシリーズ24作目『名探偵コナン 緋色の弾丸』(4月16日公開)。日本中を熱狂させる一大イベントを舞台に、これまでのシリーズに別個に登場してきた「赤井ファミリー」が揃って登場するなど、スケールも話題性も満点のこの作品についてご紹介しよう!

『名探偵コナン 緋色の弾丸』あらすじ(ネタバレなし)

『名探偵コナン 緋色の弾丸』 豪華なゲストキャラと迫力満点の見せ場満載の劇場版シリーズ最新作!

©2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

4年に一度開かれる世界最大のスポーツの祭典「ワールド・スポーツ・ゲームス(WSG)」が東京で開催されることになった。さらに、その開会式に合わせて、最高時速1000キロを誇る世界初の「真空超電導リニア」が日本の最新技術を結集して開発され、東京と名古屋を結んで開通することになった。
開会式を前に、大会スポンサーである大企業のトップなど錚々たる顔触れが出席するパーティが行なわれた。蘭(山崎和佳奈)の親友である園子(松井菜桜子)の父・史郎(松岡文雄)が会長を務める鈴木財閥もスポンサーであることから、コナン(高山みなみ)ら少年探偵団の面々も招待された。ところが、そのさなかに史郎が行方不明になる事件が発生、探偵団の活躍で史郎はパーティ会場のホテルの中で発見された。束縛され密かに会場から連れ去られたことから拉致事件と判断されたが、ひどい危害も加えられていないし身代金の要求もさらないまま、あっけなく発見されるという不可解な事件だった。実は、同様の事件がすでに発生していて、拉致されたのはやはりWSGのスポンサー企業のトップ。調査を進めたコナンたちは、アメリカのボストンでWSG大会が行なわれた時も連続拉致事件が発生していたことが判明する。コナンは両者の関連性を疑うが、確証はなく謎は深まるばかり。それでも、次に標的にされるのは自分だと恐れる自動車会社の社長ボイドは、毛利小五郎(小山力也)に自身の身辺警護を依頼する。そんな彼らの動きを含めた事件の推移を、FBI捜査官の赤井秀一(池田秀一)らが監視していた…。
そして迎えたWSGの開会式当日。国際WSG協会会長のマッケンジーも含めた出席者たちは、名古屋から真空超電導リニアのデモンストレーション走行に乗車して東京に向かい、そのまま開会式に臨むことになっていた。ところが、彼らを巻き込んで事件が続発、事態は想いも寄らない方向へ展開する。そんな中、秀一の弟でプロ棋士の羽田秀吉(森川智之)、妹で「女子高生探偵」を名乗る世良真純(日髙のり子)、彼女の「領域外の妹」を名乗る少女だが実は3人の母親がコナン同様に幼児化されたメアリー(田中敦子)の「赤井ファミリー」が偶然にも名古屋に集結していた…。

「空白の1年」を埋める大傑作!

『名探偵コナン 緋色の弾丸』 豪華なゲストキャラと迫力満点の見せ場満載の劇場版シリーズ最新作!

©2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

毎年ゴールデンウィーク直前に公開される劇場版『コナン』シリーズだが、他の数多くの映画と同様、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公開が延期された。他の多くの作品が数ヶ月遅れだったのに対して、本作はGW映画の鉄則を守るためか丸1年の延期となった。作中に登場するWSGの元ネタ(?)である東京オリンピックも1年延期となったので、結果的には正しい判断だったかも知れない。
そんな時事ネタも取り入れた本作だが、ファンの間で大きな話題になっているのが「赤井ファミリー集結」だろう。これまでのテレビシリーズや劇場版などでは別個に登場していた彼らが同じ作品に一度に登場するのは初めてであり、ファンにとっては「一大イベント」と言えるだろう。
さらに、ストーリー展開も劇場版にふさわしいスケールの大きさだ。過去のアメリカでの事件との関連から、秀一らFBIも事件に深く関与して事件のただならぬ雰囲気を盛り上げる。全体的には完成度も満足度も非常に高い出来になっている。これだけでも1年待たされた甲斐があったと言えるだろう。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』 豪華なゲストキャラと迫力満点の見せ場満載の劇場版シリーズ最新作!

©2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

“お約束”は守られるからこそ嬉しい!おなじみのキャラやパターンは他にも…

『名探偵コナン 緋色の弾丸』 豪華なゲストキャラと迫力満点の見せ場満載の劇場版シリーズ最新作!

©2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

もちろん赤井ファミリーだけでなく、これまで登場したキャラが数多く登場して事件に関わるのも見逃せない。秀吉の恋人で佐藤刑事(湯屋敦子)の親友でもある交通部の由美(杉本ゆう)が暴走して笑わせたり、少年探偵団が大好きな特撮ヒーロー「仮面ヤイバー」がそこそこ出番長めに登場したりと、さりげないが効果的な登場の仕方をしている。
また、「園子のコネで少年探偵団が出席したパーティで事件が起こり、探偵団が初動捜査に乗り出す…という展開も、劇場版ではおなじみの展開。テレビ版ではあまり使われないが劇場版ではよく登場するターボエンジン付きスケボーが今回も大活躍する。このあたりの展開で「ああ、劇場版を見ている」と実感するファンも多いのではないだろうか。
劇場版でおなじみと言えば、こちらもすっかり定着した感があるゲスト声優。今回はついに大人気の浜辺美波が出演。真空超電導リニアの客席担当乗務員で「リニアのアイドル」として広報にも関わる石岡エリーの役。実はちょっとアクの強いキャラでもあるエリーを見事に演じた浜辺。実写映画でも意外に個性の強いキャラを演じることが多い浜辺は、「素人声優」独特の危なっかしさをまったく感じさせず、違和感なくエリー(の声)を演じている。声優としてのスキルの高さを見せつけた浜辺の今後がますます楽しみになるという意味でも、要チェックのポイントだろう。
前作から2年ぶりの劇場版は、ファンの飢えや渇きを十分に満たしてくれる傑作!

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』


関連記事リンク(外部サイト)

【STAND BY ME ドラえもん2】「もうひとつのドラえもん映画」の続編は、さらに笑えて泣ける傑作に!
【おうちで珍品映画発見!?】配信でしか見れない?60~70年代の日本映画の激レアSF・ファンタジー映画
【日本の戦争映画の古典】エンタメの魅力いっぱいだけど命の大切さも訴える後味がいい名作3選

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧