「賢い」「指の写り込みを心配しないでいいのか」 スマホ撮影の世代の違いを示した実例ツイートに「なるほど」の声

access_time create folderデジタル・IT

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)によると、デジタルカメラ年間累計出荷台数は888万6292台で、前年比で55.9%減。2012年の9813万台から1/10以下にまで落ち込んでおり、「撮影はスマホ」という人が多くなっていることが推察されます。

Twitterユーザーのぴっだかさん(@pddk)が、スマートフォンでの撮影に関して世代差があるという実例画像をツイート。「なるほど」「賢い」といった声が上がっています。

細かすぎて伝わらないかもだけど、物理カメラ使ってた層は左の撮り方をするが、こないだ初めて気づいたけど18歳とかは右の方法でスマホ固定してた。そしてこっちの方が撮りやすい。レンズに重ならないし当たり前っぽい。。。

もともとカメラを使っていた人は、レンズが中央にある名残もあり、サイドに手を添えて撮影をしていることが多そうですが、若い世代だと右手で背面をしっかり固定して持っているのが特徴。ぴっだかさんは「こっちの方が撮りやすい」と若い層の撮り方について評しています。

「完全に左側だった」とカメラ経験世代からの声が多数上がっていたほか、「そこまで広角じゃないから指の写り込みを心配しないでいいのか」「画面ボタンがメインならこれででいいのかも」といった反応も上がっていたこの比較ツイート。ぴっだかさんは「古いメディアが新しかった時のことを思い出しました。写真撮影のアクションも変わっていくんですね」と感想を話してくれました。

世代によって構えが違うことが示されたスマホでの撮影。慣れもありますが、ブレを避けたいという人は試してみても良いのかもしれません。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/pddk [リンク]

access_time create folderデジタル・IT

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧