J1仙台退団の道渕諒平、韓国2部クラブがわずか7週間で契約解除へ!傷害容疑で逮捕の過去に…

access_time create folderエンタメ

J1仙台退団の道渕諒平、韓国2部クラブがわずか7週間で契約解除へ!傷害容疑で逮捕の過去に…
ベガルタ仙台

 明治安田生命J1リーグのベガルタ仙台を昨季途中に退団したMF道渕諒平は今年2月に韓国2部の忠南牙山FCに加入したが、契約解除となることが濃厚であるようだ。8日、韓国メディア『オーマイニュース』が報じている。

 仙台市出身の道渕諒平はベガルタ仙台ユース、明治大学をへて2017年にヴァンフォーレ甲府に入団。プロ1年目から公式戦11試合に出場したものの、知人への暴行容疑で逮捕されるなど、ピッチ外で問題を抱えたことが大きな話題になっていた。

 同選手はクラブからの出場停止処分が明けた2018シーズンに公式戦40試合に出場したが、2019年にベガルタ仙台へ完全移籍により加入。移籍1年目は公式戦34試合でピッチに立ったものの、昨年に傷害容疑により再び逮捕されていたことが判明すると、ベガルタ仙台は昨年10月に契約解除に踏み切っていた。

 道渕諒平はしばらくフリーの身となっていたが、今年2月下旬に韓国2部の忠南牙山FCに加入。今年3月13日に行われたKリーグ2の第3節・釜山アイパーク戦では2ゴール1アシストをマークすると、ここまで公式戦4試合に先発出場していた。しかし、先月に市民団体が道渕諒平の解雇をクラブ首脳陣に求めるデモを行うなど、周囲では同選手の過去に犯した罪に対して厳しい声が上がっていることから、クラブ首脳陣は道渕諒平との契約を解除する方針を固めたようだ。


関連記事リンク(外部サイト)

仙台の若手MF田中渉、右ハムストリングス肉離れで全治8週間の離脱
アーセナル、ウーデゴール慰留失敗なら代替案はノリッジMFか
ガンバ大阪、元アーセナルMFウェリントン・シウバの入国を発表!

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧