XRP (リップル) 破竹の勢いに期待?BTCドミナンスの崩壊がもたらす未来【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
XRP (リップル) 破竹の勢いに期待?BTCドミナンスの崩壊がもたらす未来【仮想通貨相場】

 

著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類(レバレッジ11種類、現物3種類)でお取引が可能です(※2020年10月現在)。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

アルトコインのターン到来か?

TradingviewよりDMM Bitcoinが作成

上図は1/1を起点とした暗号資産全体の時価総額におけるBTC(ビットコイン)の占有率を可視化するBTCドミナンスと、メジャーアルトコインとして日本人投資家から親しまれているXRP(リップル)価格を比較したグラフである。

BTCドミナンスが低下するにつれて、XRP価格は急騰しており、逆相関関係が鮮明であるといえる。

レポート執筆時点でBTC(ビットコイン)の週間騰落率は-3.17%と下落する一方で、当社取り扱いアルトコインの週間騰落率は全てのアルトコイン銘柄が週間騰落率でプラス上昇を記録することとなった。

中でも週間騰落率が最も高い3銘柄は、ETC(イーサクラシック)の51.22%、XRP(リップル)の75.05%、QTUM(クアンタム)の90.69%という驚異的な伸び率をみせている。

XRPJPY 週足 Bid (DMM Bitcoinの取引ツールより作成)

上図は、XRP/JPY週足チャートと12本の指数平滑移動平均線(EMA)を表示し、価格のトレンドを視覚化したチャートである。

11月の新トークン付与期待により、2018年から続いていた青色長期移動平均線>赤色短期移動平均線のデッドクロス状態が赤色短期移動平均線>青色長期移動平均線のゴールデンクロスへ転換した。

それ以降もリップル社の提訴や流動性枯渇状態を利用しSNSを通じて行われたSNS Pump&Dumpといった出来事を挟んだものの、上昇トレンドを維持した。

4月に入り遂に、米最大手取引所への再上場との思惑やショートカバーが連鎖することで悲願の100円台を突破することとなった。

今月100円の大台を守り抜くことができれば、2017年バブル期の価格である200円~400円の大台が視野に入るだろう。

BTC、ETH、BNBといったステーブルコインを除く時価総額トップ5に入る銘柄が過去最高値を更新する中でXRPも過去最高値を更新できるか注目される。

しかし、100円の大台を守り抜くことに失敗した場合は、2月の高値と2020年12月の高値圏である70~65円台への調整する可能性もあるため注意する必要がある。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

XRP上昇一服100円割れ、ビットコインも連れ安の展開【仮想通貨相場】
MADA法を用いたBTC(ビットコイン)ターゲットプライスの算出【仮想通貨相場】
リップル大幅続伸で3年ぶりに120円乗せ BTCは2月高値巡る攻防続く【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧