XRP上昇一服100円割れ、ビットコインも連れ安の展開【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
XRP上昇一服100円割れ、ビットコインも連れ安の展開【仮想通貨相場】

 

著者 中村健太郎 (なかむらけんたろう)FXcoin 所属

大手総合商社で為替予約・ポジション管理、トレードファイナンス、バックオフィス等、幅広く財務関連業務の経験あり。海外(シンガポール)では、アジア・大洋州地域のコーポレートファイナンスに従事し、2019年10月より現職。



Review

XRP上昇一服

昨日のBTC相場は軟調に推移。日本時間の昨日未明に行われたXRPの有価証券問題をめぐる証拠開示手続きの裁判審議において、リップル社が有利と思われる見方が強まり、XRPが続伸。XRP/USDが一時1.1ドル(約120円)まで上昇した。その影響もあってか、冴えない展開が続いていたBTCも切り返し、58,500ドル(640万円台)まで値を戻した。しかし、XRPの勢い続かず上昇が一服、下落に転じXRP/USDが1.0ドルを割ると、アルトコイン全般が軒並み下落。BTCも連れ安の展開となり、56,500ドル(620万円台)まで下落した。海外時間に入り、FOMC会合の議事要旨が公表され、引き続きFRBの緩和的なスタンスが継続すると確認でき、根強い緩和の早期縮小懸念が後退したこともあり、米株が高値圏で推移。その株の底堅さに支えられ一時は56,500ドル(620万円台)付近で踏みとどまっていたBTCだったが、朝方は一段と値を下げ、55,500ドル(610万円台)付近まで下落している。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

MADA法を用いたBTC(ビットコイン)ターゲットプライスの算出【仮想通貨相場】
リップル大幅続伸で3年ぶりに120円乗せ BTCは2月高値巡る攻防続く【仮想通貨相場】
3年ぶりに1ドルに乗せたXRPの上値の目途とビットコイン相場【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧