内部のコイルが自動で動くワイヤレス充電スタンド「AimCharge」

access_time create folderデジタル・IT

スマートフォンなどを置くだけで充電できるワイヤレス充電器は、一度使うと有線には戻れなくなるほど便利だ。しかし、製品によっては充電可能な位置がシビアな場合もある。デバイスを置いておいたのに充電できておらず、困った経験はないだろうか?

今回ご紹介する「AimCharge」を使えば、そんな心配も過去のものになるかもしれない。

コイルが動く様子も確認できる!

「AimCharge」は、最大20Wの充電に対応したワイヤレス充電スタンド。同製品の特徴は、置いたデバイスに合わせて内部のコイルが自動で動くこと。これにより、そのデバイスに最適な形での充電が実現する。コイルの位置調整はわずか4秒で行われ、誤差は0.18mm以下だというから驚きだ。

厚さ5mmまでのケースであれば、ケース付きのスマートフォンでも問題なく充電可能。そのほか、AirPodsのようなワイヤレスイヤホンの充電にも対応している。

コイルが動く様子は円形のLEDライトで確認できるため、見た目でも楽しめそうな一台と言える。また、温度調節機能を搭載しており、常に温度が55度以下になるよう制御しながら充電を行うとのこと。

プロジェクト期間は4月末まで

現在は海外クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「AimCharge」のプロジェクトが実施されており、目標額の3000ドルを大幅に上回る約3万ドルの出資を集めている(記事執筆時点)。プロジェクトは4月30日(日本時間)に終了する予定。

カラーリングはアイアングレー、クラシックブラックの2種類。数量限定の割引「Early Bird」を適用した場合、39ドル(約4300円)以上の出資で「AimCharge」を入手できる。発送は2021年6月に行われる見込みで、日本への発送には別途送料がかかる。

Kickstarter / AimCharge

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧