イギリスのフェス好きの90%が今年度開催のフェスティバルに参加することに迷いはないと回答、英チケット会社調査

access_time create folderエンタメ
イギリスのフェス好きの90%が今年度開催のフェスティバルに参加することに迷いはないと回答、英チケット会社調査

ワクチンが急速に普及しつつある英国では、国が掲げるロードマップが順調に進めばライブ産業の復活は遠くないものと見られている。それに伴い、音楽業界関係者やライブ産業に様々な形で関わる人々も再び仕事を取り戻せることだろう。
イギリスのフェス好きの90%が今年度開催のフェスティバルに参加することに迷いはないと回答、英チケット会社調査
そんな明るいニュースが話題登り、希望の光が見えだしているイギリスのチケット販売会社「Festicket」は、顧客140,000人に「今年フェスティバルに行くことをどう感じているか」を調査したそうだ。
調査に参加した140,000人のうち、82% が今年開催されるフェスティバルに参加することに迷いはなく、夏以降である9月〜12月のフェスティバルを含めると90% がフェスティバルに参加することに自信があると回答。
なお、回答者の82% は、今年2つ以上のフェスティバルに参加することを考えているそうだ。これは、フェスティバル主催者にとってはフェスが復活可能であることを意味しており、また、フェスティバルのチケット需要は今までにないほど上昇している。更に回答者の半数以上が国外のフェスティバルに参加することにも抵抗がないとのことだ。
イギリスのフェス好きの90%が今年度開催のフェスティバルに参加することに迷いはないと回答、英チケット会社調査
更に、58.5% の回答者がフェスティバル参加にあたり主催者に絶対的に求める必須内容は「今まで以上の清掃強化」そして「衛生対策」という結果となった。
またベルギーのフェス Tomorrowland の様に、フェスティバル会場でのキャッシュレス決済なども今後必要になってくるものと見られている。
日本から海外へのフェスティバル参加は、4月5日現在では隔離期間やワクチンの問題で現実的に考えて難しい可能性が高いが、日本国内におけるワクチン普及のスピード、そして新型コロナに対する様々な対応次第では、今後の日本の状況が一気に好転することもあり得るのではないだろうか。


関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ・ミシガン州開催のフェス「ELECTRIC FOREST」2021年度開催に関し「開催するとしたら8月に開催」と発表
【Ultra Miami】フロリダ州の弁護士事務所、「マイアミ市」とUMFの主催者「Event Entertainment Group」に対し本格的な集団起訴へ
SLANDER(スランダー)x ILLENIUM(イレニウム) x Krewella(クルウェラ)、超豪華コラボ曲の完成が明らかに!! Illeniumのアルバムトラックの1曲としてリリース間近!?

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧