コスタコーヒーのペットボトル飲料「コスタ ブラック」「コスタ カフェラテ」発売 手淹れ品質の味わいを日本人向けに開発

access_time create folderグルメ

日本コカ・コーラは、ヨーロッパ最大のカフェブランド「コスタコーヒー」の国内本格展開を発表。4月26日(月)からペットボトルコーヒー「コスタ ブラック」、「コスタ カフェラテ」を全国発売する。

コスタコーヒーは、イタリア人のコスタ兄弟によって、1971年にロンドンで創業。紅茶の国イギリスで2700店舗以上、ヨーロッパを中心とした海外41か国で1100店舗以上のカフェを展開している。2019年にザ コカ・コーラ カンパニーの傘下に入り、これまで日本でも首都圏を中心として、業務用に卓上マシンやエクスプレス(無人カフェマシン)、キッチンカーやポップアップストアなどを展開してきた。

日本の消費者向けに開発された「コスタ ブラック」、「コスタ カフェラテ」は、レインフォレスト・アライアンス認証のコーヒー豆を100%使用。コカ・コーラ社独自の技術として、アロマ密封焙煎や挽きたてアロマ製法、高圧抽出を活用することで、バリスタの手淹れクオリティを再現している。

通常のPETボトルコーヒーやカフェラテ製品と比較して1.3倍のコーヒー豆を使用し、豊かなアロマを十分に楽しめるよう270ml広口PETを採用することで、香り高くコクのあるリッチな味わいを実現している。

メーカー希望小売価格(消費税)は、「コスタ ブラック」が158円、「コスタ カフェラテ」が167円。

メディア向けのオンライン発表会に登壇した日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長は、「日本の消費者はさまざまなスタイルや多様な場面で一日を通してコーヒーを楽しんでいます。パッケージ入りのいわゆるRTD製品に関しては、ジョージアブランドが長年にわたり消費者の皆様に愛されてきました。(コスタコーヒーのペットボトル展開により)舌の肥えた日本のコーヒー愛飲者の皆様に、素晴らしい手淹れの味のカフェをお届けし、コーヒーカテゴリーの市場拡大を目指します」と、ジョージアブランドとは異なる価値を提供することでターゲットのすみ分けを図り、コロナ禍で需要が拡大した手淹れコーヒー市場を含めた多彩なニーズを満たすとしている。

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧