スズキは、インターネットを利用した販売サイト「S-MALL(エスモール)」を開始!

access_time create folder生活・趣味
スズキは、インターネットを利用した販売サイト「S-MALL(エスモール)」を開始!

スズキ株式会社が、オンラインショップとなる「S-MALL(エスモール)」サイトを開設しました。このオンラインショップサイトは、2021年1月11日から公開です。

同サイトは、EC(電子商取引)サイトになっていることで、日本全国のどこにいても気軽にスズキ関連の商品を購入することを可能にしています。

ここでは、スズキが提案する「S-MALL(エスモール)」の詳細などをご紹介していきます。

■「S-MALL(エスモール)」の概要や目的など

引用:https://www.suzuki.co.jp/release/d/2020/1224/index.html

スズキとしての最大の目的は?

このサイトを通じて、もっとスズキを身近に感じてもらえること、生活する中にもスズキを彩ってもらうことで一人一人に寄り添う商品展開をしていくことを目的にしています。

S-MALL(エスモール)の概要など

サイト名 S-MALL(エスモール)
サイトURL https://s-mall.jp/
概要 インターネット上でスズキ関連商品を購入できるモール型サイト運営
サイト運営者 スズキ株式会社
出店者 株式会社スズキビジネス・株式会社スズキ二輪(順次追加予定)
商品点数 約300点(順次追加予定)
配送料 税込770円(日本国内のみ)、1回の購入金額が、税込10,000円以上で送料無料

スタート時は、二輪・四輪の純正アクセサリーやアパレル商品を中心に販売展開する「オートメリッサ」部門、スズキに関連のある食品や厳選した飲料などを多く取り扱う「エッセンシア」、二輪用品を専門に扱う「スズキ二輪用品ショップ」の3つのカテゴリーで展開されています。商品点数は、約300点です。

■「オートメリッサ」商品の数々

引用:https://s-mall.jp/pages/shop?%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%B5

「オートリメッサ」では、スズキライセンス商品、同サイトオリジナルグッズ、スズキチョイスのブランド商品などが展開されています。現在すでに200点以上の商品展開が行われています。

同サイトでしか手に入れられない商品も取り揃えているとのことです。気に入った商品があったら即ゲットしたいですね。

引用:https://s-mall.jp/pages/shop?%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%A2%EF%BC%88essencia%EF%BC%89

「エッセンシア」部門では、食で喜びをつないでいくことを意識して作成したサイトになっています。食部門で新しい価値や安心で安全、そしておいしいという情熱が注がれています。ハンガリー産ワインと蜂蜜を多く取り扱っています。また「とまと王」というトマトジュースも取り扱いがあります。現時点では、100種以上がラインアップです。

ちょっと疑問、なぜハンガリー産なの?

スズキは、1991年にハンガリーで自動車を生産するプロジェクトを立ち上げています。マジャル スズキは、現地法人です。翌年には現地生産を開始し、イグニス・スイフト・SX-4・エスクード・スプラッシュなどを生産しています。

当時は、冷戦終結後に東ヨーロッパに自動車を供給することを目的にしていました。その後西ヨーロッパやその他の地区にも自動車が供給され、2006年には累計100万台の生産量でした。それだけハンガリーに根付いたスズキでもあるということです。

そのスズキは、自動車以外にワインにも関わっていて、鈴木修氏は、2004年5月にハンガリーの経済発展を促進したとして「星付中十字勲章」が授与されているほどです。30年以上に及ぶハンガリーとスズキのつながりが今回のサイトに反映されているということです。

もう一つの疑問、トマトジュース?

これは、北海道下川町にあるスズキのテストコースから由来しています。新鮮なトマトジュースを作っている下川町とテストコースを置いているスズキのコラボレーション企画です。

引用:https://s-mall.jp/pages/shop?%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E4%BA%8C%E8%BC%AA%E7%94%A8%E5%93%81%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97

「スズキ二輪用品ショップ」コーナーでは、二輪用ヘルメットから期間限定イベント商品グッズなどが展開されています。現在まだ取扱商品は11店となっています。これから、どんどん商品展開が増えていくことでしょう。

各カテゴリー別の商品検索でのご紹介をしましたが、アイテムごとの商品検索も可能になっています。

純正アクセサリー
アパレル
グッズ
ホビー
食品
ワイン
湯呑

同サイトで企画されたコレクション商品や季節ごとの企画商品は、NEWSコーナーで確認することが可能です。

■まとめ

スズキは、インターネットを利用した販売サイト「S-MALL(エスモール)」を開始!

スズキが、ECサイトを立ち上げ、よりスズキを身近に感じてもらえるオンラインショップを開設。
スズキとハンガリーの結びつきから、ハンガリー産のワインや蜂蜜なども取り扱われています。
トマトジュースは、テストコースのある北海道下川町産です。
現在300点の商品展開ですが、もっともっと増やしていく予定です。

ここでは、スズキが開設した「S-MALL(エスモール)」の概要や商品などのご紹介をしました。それだけではなく、スズキとハンガリーのつながりや、スズキと下川町のつながりもご理解いただけたらと思います。

スズキとしては、日本だけでなく世界で活躍していることも皆さんに知ってもらうことで、より身近な存在になれるようこのサイトを立ち上げたのではないでしょうか。


関連記事リンク(外部サイト)

ホンダとクルーズ・GMが自動運転で本格協業を開始!
ホンダが、原付や大型バイクを続々モデルチェンジ!
ホンダジェットが未来へゴー!4年連続デリバリートップ

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧