茨城県フラワーパークが「いばらきフラワーパーク」にリニューアル

access_time create folder生活・趣味
茨城県フラワーパークが「いばらきフラワーパーク」にリニューアル

茨城県フラワーパークは、「いばらきフラワーパーク」として2021年4月29日(木・祝)にリニューアルオープンします。

「見る」から「感じる」フラワーパークへ

茨城県フラワーパークが「いばらきフラワーパーク」にリニューアル

茨城県フラワーパークは、1985年6月、国際科学技術博覧会(つくば科学万博)に合わせてオープンしました。

2021年4月29日(木・祝)、県花のバラを中心とした花や緑・自然を五感を使って「感じる いばらきフラワーパーク」に生まれ変わります。

リニューアルのコンセプトは、「見る」から「感じる」いばらきフラワーパーク。

青山フラワーマーケットの花を魅せる技術、楽しんでいただくノウハウを注ぎ込み、「花屋が手掛けたフラワーパーク」として「見る(鑑賞)」だけではなく、「香る」「味わう」「触れる」「聴く」と五感を使って楽しめるフラワーパークへリニューアルします。

17種のバラの新品種を初お披露目

茨城県フラワーパークが「いばらきフラワーパーク」にリニューアル

茨城県フラワーパークはもともと国内屈指のローズガーデンでしたが、古いバラを2020年以降に育種された新品種のバラに植え替えたり、無農薬でのバラの育成に取り組んだりと、さらにバラの魅力を前面に押し出します。

新たないばらきフラワーパークでは、春と秋のバラの旬の時期に、季節の花の川を鑑賞できる「バラテラス」、香りごとにバラを楽しめる「香りのバラ」エリア、360度バラの香りに包まれる「バラのトンネル」などが登場します。

また、リニューアルオープンにあわせて、17品種のバラが世界初お披露目。

そのうちのひとつが「ユイット・カンパーニュ」で、フランス語で石岡市八郷地区の「八郷」の8を意味する「ユイット」と、郷を意味する「カンパーニュ」を組み合わせて名づけられました。

「ユイット」には日本語の「結い」の意味も含まれ、地域で助け合う結びつきを、いばらきフラワーパークから生み出したいという思いが込められています。

アクティビティ「100の体験」

茨城県フラワーパークが「いばらきフラワーパーク」にリニューアル

園内や近隣の旬の花や植物を使った季節の蒸留体験やボタニカルポストカードづくり、ガーデナーによるローズガーデンツアーなど一年中楽しめるアクティビティが登場予定です。

季節問わず一年中五感を使って園を楽しんでいただける様々なプログラムを「100の体感」と題して用意します。

隣接する「石岡市ふれあいの森」も合わせて「花やさと山」の愛称でリニューアル。

森の頂上に展望デッキを備えたロッジとグランピングサイトを整備します。

そして、いばらきフラワーパークのアクティビティと連動し、花やさと山の豊かな自然を生かし、里山の森を様々な方法で体験できるような仕掛けづくりをしていきます。

関連記事

EPCOTインターナショナル・フラワー&ガーデンフェスティバル2021スタート
「ダッフィー&フレンズのスプリング・イン・ブルーム」グッズ4/1発売
ムーミンバレーパーク、スナフキンの物語「春のしらべ」をイベント展開

関連記事リンク(外部サイト)

ワオキツネザルの赤ちゃん4頭、アドベンチャーワールドに誕生
「NEWレオマワールド」の「懐かしさ」を空を通して撮り歩く − Find My Style
「トーマスランド スプリング2021」開催 新作映画から日本生まれの超特急ケンジが登場

access_time create folder生活・趣味
local_offer
あとなびマガジン

あとなびマガジン

遊園地・テーマパーク情報サイト「あとなびマガジン」。遊園地・テーマパーク最新情報をお届け!

ウェブサイト: https://magazine.atnavi.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧