麦焼酎好きなら一度は飲みたい! 飲んだらハマる! 麦チョコのような風味の焼酎

access_time create folderグルメ
麦焼酎好きなら一度は飲みたい! 飲んだらハマる! 麦チョコのような風味の焼酎

麦チョコ系焼酎の特徴

麦チョコ系焼酎の特徴
Woldemar_66/ Shutterstock.com

麦チョコのような風味の焼酎とは?

麦チョコのような香ばしさをもつ個性派麦焼酎を飲んだことがありますか? このような麦焼酎は「麦チョコ系」や「麦チョコ風味」などと呼ばれ、コアなファンの熱烈な支持を集めています。
麦チョコとは昔からある駄菓子のひとつで、現在でも子どもたちに愛されるロングセラー商品のこと。この麦チョコのような味わいがする麦チョコ系焼酎の大きな特徴は、懐かしい風味とロースト感のある香り。銘柄によって甘味や香り、コクなどのバランスは異なりますが、麦チョコ系ならではの香ばしさとビターな味わいは、一度ハマるとクセになるといわれています。

麦チョコ系焼酎はこんな人におすすめ

麦チョコ系は、その独特な風味から好みが二分されがちですが、麦チョコや麦茶、カカオなどの香ばしい香りが好きな人は、試す価値のある焼酎です。また、ウイスキーを飲み慣れている人にも、心地よい新風をもたらすことでしょう。
麦チョコ系焼酎は揚げ物や味の濃い料理と好相性なので、食事に合わせてチョイスするのもおすすめです。麦チョコやチョコレートと合わせれば、ビターな風味が際立ちます。

麦チョコのような風味が生まれる理由

麦チョコのような風味が生まれる理由
ivan_kislitsin/ Shutterstock.com

麦チョコ風味の秘密その1:原料

麦焼酎の多くは大麦を主原料に造られていますが、麦チョコ風味の麦焼酎は一般に、裸麦(はだかむぎ)や焙煎大麦を使用して造られています。
裸麦は大麦の一種ですが、通常の大麦に比べて独特な風味をもち、香りや旨味が出やすいことで知られています。これを焙煎して使用すれば、さらなるロースト感と素材本来の甘味を引き出すことができるといわれています。

麦チョコ風味の秘密その2:蒸溜

麦チョコ系焼酎の製造に欠かせない要素が、常圧蒸溜です。
焼酎の蒸溜法には、通常の気圧下で行う常圧蒸溜と、低い温度下で行う減圧蒸溜があります。昔ながらの常圧蒸溜は、原料独特の風味や香りが残りやすいのが特徴で、減圧蒸溜は、比較的雑味やクセが抑えられるのが特徴です。
麦チョコ系焼酎には、原料の魅力が引き出されやすい、昔ながらの常圧蒸溜が用いられています。なお、麦チョコ系焼酎を手掛ける蔵元のなかには、自家製の常圧蒸溜機を導入しているケースもあります。

麦チョコ系焼酎のおすすめ銘柄とおいしい飲み方

麦チョコ系焼酎のおすすめ銘柄とおいしい飲み方
NOBUHIRO ASADA/ Shutterstock.com

麦チョコ系焼酎のおすすめはこれ!

麦チョコ風味の麦焼酎のなかから、一度は飲みたいおすすめの銘柄を紹介します。

【兼八(かねはち)】

100年以上の歴史を持つ大分県の老舗蔵・四ツ谷酒造が、裸麦と麦麹を原料に造り上げた麦焼酎。伝統の製法で麦本来の味と香りを最大限に引き出しつつ、なめらかでやわらかい飲み口に仕上げた、麦チョコ系の代名詞ともいうべき人気銘柄です。製造量が少なく、「幻の麦焼酎」と呼ばれることもあります。

 

製造元:四ツ谷酒造有限会社
公式サイトはこちら
大分の焼酎【兼八(かねはち)】麦チョコのような香ばしさをもつ幻の麦焼酎

【完全焙煎麦焼酎 こふくろう】

福岡の酒造メーカー研醸が造る、主原料にも麹にも焙煎麦を使用した麦チョコ焼酎。東京ウイスキー&スピリッツコンペティションの焼酎部門で銅賞受賞の逸品です。特許取得の焙煎麦麹が醸す香ばしさと、奥深くきめ細かい味わいを堪能できます。

 

製造元:研醸株式会社
公式サイトはこちら

【麦冠 情け嶋(ばっかん なさけしま)】

東京都の離島・八丈島の焼酎蔵、八丈興発が手掛ける麦焼酎。麦チョコ系ならではの甘味と香ばしさ、なめらかな口当たりが絶妙なバランスのよい1本です。
製造元:八丈興発株式会社
公式サイトはこちら

【焙煎 つくし ROAST】

明治26年(1893年)創業の福岡県の老舗焼酎蔵、西吉田酒造が醸す麦チョコ系麦焼酎。泡盛に使われる「全麹仕込み」で醸した甘味の強い全麹麦焼酎の原酒と、スモーキーでビターな味わいの焙煎麦焼酎がブレンドされています。香味豊かでほろ苦さと甘味のバランスが心地よい、飲みごたえのある1本です。

 

製造元:西吉田酒造
公式サイトはこちら
香ばしい麦焼酎が人気!?  焙煎麦焼酎「焙煎 つくし ROAST」が新鮮!!

麦チョコ系焼酎のおいしい飲み方

麦チョコ風味の麦焼酎は、ロックでも水割りでもお湯割りでも、どんな飲み方でもおいしくいただけますが、麦チョコならではの甘味や香りを存分に堪能したい人は、ぜひお湯割りを試してみてください。焼酎とお湯の割合は6:4くらいがおすすめです。
また、食中酒や食後酒としてたのしむなら、ロックや水割りもよいでしょう。ロックの場合は、氷が溶けはじめたころが飲みごろです。まろやかな味わいをたのしめますよ。

麦チョコ風味の焼酎には、ここで紹介した銘柄以外にも、ビターで飲みごたえのある「特蒸泰明(とくじょうたいめい)」(藤居醸造)や、チョコレートに近い風味の「山猿(やまざる)」(尾鈴山蒸留所)、ふんわりとした焦げ味が魅力の「おこげ」(老松酒造)など、個性派銘柄がズラリ。機会があったらぜひ飲み比べてみてください。


関連記事リンク(外部サイト)

「レモネードサワー」って何? 人気の理由やレモンサワーとの違いを解説
甲類焼酎の魅力はココ! おすすめ銘柄とたのしみ方を紹介
焼酎の大容量のメリットとは? その特徴や代表銘柄を知ろう

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧