宮迫博之&千原ジュニアとの対談に視聴者絶句「息苦しい」「こんなギスギスとは思わなかった」

access_time create folderエンタメ
宮迫博之&千原ジュニアとの対談に視聴者絶句「息苦しい」「こんなギスギスとは思わなかった」

画像:時事

21日、自身のYouTubeチャンネルで動画を更新した宮迫博之さん。

千原ジュニアさんとのコラボに臨みました。

しかし、あまりにもピリピリしている雰囲気であったことから、視聴者からも様々な意見が寄せられています。

宮迫博之、千原ジュニアと2年ぶりの再会

21日、自身のYouTubeチャンネルで動画を更新した宮迫博之さん。

およそ2年ぶりに再会をしたという、千原ジュニアさん(千原兄弟)とコラボをし、クロストークを行いました。

動画の冒頭、「ジュニアと話すって緊張するよね。なんか感覚が違うというか」とジュニアさんに対する印象を語っていた宮迫さん。

以前、自身がMCを務めていた番組「アメトーーク!」以外ではジュニアさんと絡む機会がなかったとのこと。

そのため、ものすごく緊張をしている様子で、冒頭の挨拶では自身の代表的な挨拶「雨上がり決死隊の宮迫です!」とのセリフも噛んでしまう事態に。

動画内ではジュニアさんと宮迫さんが初めて出会った時の話や、2人が揉めた際のエピソードを話すなど、当時を振り返り懐かしむ場面もありました。

宮迫さんはジュニアさんとの関係について動画内でも「そんなに仲良くはない」と話すなど、普段からあまり会話をすることがないため、それが災いをしてプラベートの飲み屋などでは幾度となく衝突をしてきたのだとか。

後輩何人かとお酒を飲んでいたところに、ジュニアさんもたまたま居合わせた際、ジュニアさんは宮迫さんが4時間にもわたり自慢話をしているのに耐えられなくなったそう。

これは宮迫さんのためにならないと感じたジュニアさん。

「そんなことここで言うてるのもダサいから、おもろいことで勝負しましょうよ」とけしかけたといいます。

しかし、芸人はそれぞれにポジションがあるため「そんなんちゃうねん」と宮迫さんは断り、「ラヴ・イズ・オーヴァー」をフルで歌い切ったと言うエピソードを話し、スタジオを沸かせていました。

宮迫博之&千原ジュニアとの対談に視聴者絶句「息苦しい」「震えが止まらない」

およそ2年ぶりに再会をした宮迫さんとジュニアさん。

動画内でも緊張が伝わってくるほどでしたが、その雰囲気は凄まじく、視聴者らも絶句した様子。

《本当に、緊張感やばかった》

《なんかヒヤヒヤした。仲良い人と絡みましょーよ》

《ジュニアが宮迫さんの悪口真剣に言ってるの他のTV番組でも見てたから、仲悪いんだろうなと思ってたけど、本人前にしても、こんなギスギスとは思わなかった。ある意味、ぶち壊しに来てんだろジュニアさん》

《なんだろう…全然笑えない。緊張感? 息苦しい…楽しくなかった…》

《宮迫さんお疲れ様でした。涙目の宮迫さん、見ててちょっと切なくなりました。》

《距離感あるな〜 仲良くはない大人の関係が滲み出ている》

《震えが止まらない!仲良くない空気感がすごく伝わる》

《観ていて、宮迫さんのやりづらさが伝わってきて、胃がキューンってなった》

《ピリピリして苦手かな。途中リタイアです》

といった声が多数寄せられておりました。

宮迫さんのYouTubeの視聴者の多くは、その楽しく明るい雰囲気の企画や宮迫さんのYouTuberとしての素敵な人柄などに惹かれて動画を視聴しています。

一方、今回のジュニアさんとの対談ではバチバチにトークを展開しており、ジュニアさんの話芸の凄さに宮迫さんが圧倒される場面もあったため、怖いと感じてしまう視聴者さんが多かった印象です。

2人のトークにより、画面越しでも伝わる緊張感。

地上波で活躍をしていた頃の、ギラギラした宮迫さんを垣間見れた瞬間でした。

(文:服部慎一)


関連記事リンク(外部サイト)

森三中・大島美幸、生放送で思わず大号泣…振り絞る声で「ありがとうございます」
沢村一樹、ガリガリで変わり果てた姿に視聴者から心配の声「顔色が悪くない?」「大丈夫なの?」
加藤浩次、男性では経験できないことを熱弁!主婦層も驚き「詳しすぎてビックリ」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧