日本を拠点とするアメリカ人アーティストVIVID(ビビット)、Morgan Pageとのコラボトラック「Fade Away」のStadiumx(スタジアムエックス)リミックスがリリース!

access_time create folderエンタメ
日本を拠点とするアメリカ人アーティストVIVID(ビビット)、Morgan Pageとのコラボトラック「Fade Away」のStadiumx(スタジアムエックス)リミックスがリリース!

日本を拠点に活動し、世界のメジャーレーベルからリリースしている DJ / Producer の VIVID(ビビット)が、2020年10月に、アメリカ人 DJ / Producer でグラミー賞にもノミネートされた経験を持つ Morgan Page(モルガン・ページ)とのコラボトラック「Fade Away」を Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ビューレン)のレーベル Armada Music からリリースした。
そして2021年3月、日本でも知名度が高くファンも多い大人気アーティストStadiumx(スタジアムエックス)による「Fade Away」の公式リミックスがリリース!!
 

          View this post on Instagram                      

A post shared by VIVID (@djvivid)

オリジナル楽曲は、エモーショナルなサウンドが特徴的で、フェスやクラブで流れたら大合唱したくなる1曲だが、一方、Stadiumx のリミックスはオリジナルのテイストは残しつつもグルーヴィーで Stadiumx の特徴的なクールなサウンドも織り交ぜられたリミックスとなっている。是非とも聴き比べてみて欲しい。
     

VIVID は以前、オランダのレジェンド Laidback Luke(レイドバック・ルーク)のトラック「Rolling Stone」の VIVID リミックスを公式リリースした際には、Laidback Luke に「君のプロダクションはヤバイね!」と SNS 上で絶賛されたこともある実力派だ。
日本を拠点に活動するアメリカ人DJのVIVID(ビビット)が、Laidback Luke(レイドバック・ルーク)に「ヤバイ!」といわしめた “Rolling Stone” リミックスを今週金曜リリース
絶賛されるだけあり、Laidback Luke のYouTube ブログ「How To Make Mixes Sound Great EVERYWHERE!」では、参考トラックとして VIVID の『1,000 Degrees』が使用されている。
 

 
今後も益々グローバルに活躍するであろう VIVID から目が離せない!
 

VIVID

Facebook
Instagram
Twitter 

関連記事リンク(外部サイト)

【EDC ラスベガス 2021】Insomniac社のCEO、Pasquale Rotella(パスカーレ・ロッテラ)「現時点では特に変更はなく2021年5月に開催予定」であると発表
現在世界で話題沸騰中!ベースミュージック・デュオ Herbalistek(ハーバリスティック)、2021年2枚目となるトラック「Cells」をリリース!
アメリカ・カリフォルニア州で開催予定の世界最高峰の野外フェス『Coachella(コーチェラ)』2022年春に再々延期となる噂が

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧