『マンダロリアン』シーズン2のVFXをILMが公開 「なんでアカデミー視覚効果賞にノミネートされなかったのかな」「リアルな映像とCGの見分けがつかないよ」

access_time create folderエンタメ

舞台裏エピソード、撮影秘話、NGシーンなどの補足的情報は、映画ファンにとってたまらないものだったりします。

Disney+でシーズン2まで配信され、世界中で人気を博した『マンダロリアン』のVFX(視覚効果)を担当したILM(Industrial Light&Magic)が、『マンダロリアン』ファンにはたまらないであろうVFXの裏側を明かす動画をYouTubeで公開しました。

Behind the Magic: The Visual Effects of The Mandalorian Season 2(YouTube)
https://youtu.be/fb6Aww3LIDE

「魔法の裏側(Behind the Magic)」と題された動画がこちらです。

『マンダロリアン』のVFX作業は、サンフランシスコ、シンガポール、バンクーバー、ロンドン、シドニーの5か所にあるILMの全スタジオで行われました。

『マンダロリアン』の撮影には、ミニチュア模型、モーションコントロール、人形、最先端アニマトロニクス、特殊効果、フォトリアルCGといったVFXの教科書にあるほぼ全ての技術が活用されています。

YouTubeのコメント欄には次のような声が寄せられています。

・質の高い仕事ってこういうこと
・なんでアカデミー視覚効果賞にノミネートされなかったのかな
・ILMはマジでスゴイ仕事するよ
・ストームトルーパーもCGなのか
・ILMは裏切らない
・リアルな映像とCGの見分けがつかないよ
・いい動画を見せてもらった
・何度観ても飽きないね

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=fb6Aww3LIDE

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧