堀江貴文さん「女性蔑視は最低だが、週刊文春も最低だ」動画で文春を厳しく批判 渡辺直美さんの「オリンピッグ」騒動で

access_time create folderエンタメ

3月17日の「文春オンライン」のスクープ速報と翌18日発売の週刊文春で、東京オリンピック開会式の総合統括をつとめる佐々木宏氏がタレントの渡辺直美さんをブタに見立てて「オリンピッグ」というアイデアを出していたと報じられる。批判が殺到し、佐々木氏は辞意を表明した。

混乱が広がる中、実業家のホリエモンこと堀江貴文さんはYouTubeに


女性蔑視は最低だが、週刊文春も最低だ
https://www.youtube.com/watch?v=9hmULuyMbLY[リンク]
という動画を投稿した。
佐々木氏の発言に対しては、どんな場面であれ許されるものではないと断ずる堀江さん。
一方で、不倫問題などで私的なLINEのやりとり等を報じるこれまでの報道姿勢については疑問を呈す。犯罪でもない、プライベートな行為を外に持ち出し営利目的で報じることについて、最低で公共性は一ミリもないと思う、と語る。
「週刊文春は反省するように、そして二度とこういったものを記事にするなと言いたい」
「お金のためにこういったことをするのは人間として最低の行為」
等、かなり厳しく批判していた。
動画は反響を呼び、YouTubeのコメント欄には、堀江さんに賛同する意見が多数寄せられていたようである。

※画像は『YouTube』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧