綾瀬はるか、生放送で『映ってはいけないもの』が映るハプニングに赤面

access_time create folderエンタメ
綾瀬はるか、生放送で『映ってはいけないもの』が映るハプニングに赤面

画像:時事

2017年に連続ドラマが放送され、明日から全国で公開される「劇場版奥様は、取り扱い注意」。

劇中で「水と油」な夫婦役を演じる綾瀬はるかさんと西島秀俊さんが18日、「ZIP!」(日本テレビ系)に登場し映画の宣伝を行いました。

しかしその途中、映ってはいけないものがカメラに映りこみ思わず赤面するシーンが。

綾瀬はるか、生放送で映ってはいけないものに絶句

18日、明日から全国で公開される「劇場版奥様は、取り扱い注意」の宣伝のため「ZIP!」(日本テレビ系)に登場した綾瀬はるかさんと西島秀俊さん。

その放送中、カメラに映ってはいけないあるものが映りこみ、綾瀬さんが赤面するシーンがありました。

2017年に放送された連続ドラマの続編となっている「劇場版奥様は、取り扱い注意」。

およそ4年ぶりに続編が制作、公開されることに綾瀬さんは「ドラマが気になるところで終わったので、純粋にこの続きが観れるんだなって喜びました」と、続編へ心境を語りました。

また、西島さんは映画を撮影する上で「一人で敵と闘うアクションも難しいんですけど、二人でってなると急激に難しくなるのでタイミング合わせたり、距離を掴んだり難しかったですね」と苦労を告白。

明日に公開を控えた映画への見どころを述べた綾瀬さんと西島さん。

しかし、カメラが綾瀬さんの全身を映し出すと、綾瀬さんがブランケット代わりに西島さんのものと思われるジャケットを膝にかけている姿が。

気を緩めていた綾瀬さんは、膝にジャケットをかけた自身の姿が映っていることに「あ…」と絶句。

すると即座に西島さんがジャケットを手に取り、映像の外に出す気遣いを見せたのでした。

これには、スタジオでハプニングの一部始終を見ていた徳島えりかアナウンサーは「上着をひざにかけてらっしゃったんですね。優しい」と苦笑い。

ジャケットを膝にかける気の緩んだ姿を全国に晒してしまった綾瀬さん。

その後、自身の失態に笑いが止まらず、VTRに集中できない様子にココリコ・田中直樹さんから「観てました?」とツッコミを受けていました。

西島秀俊の対応に「イケメンすぎる」

突然の引きの映像で、気の緩んだ姿を全国に放送されてしまった綾瀬はるかさん。

しかし、即座に西島秀俊さんがジャケットを片付けて事なきをえたことに、番組を観ていた視聴者が反応。

「西島秀俊さんイケメンだなー。一緒にゲスト出演していた綾瀬はるかさんの膝に、寒くないように自分が着ていたジャケットかけてあげてたよ」

「画面が変わり、あれ?綾瀬はるかちゃんのお膝にひざ掛け?と思っていたら、映ってはいけなかったらしい。それでひざ掛けを回収に行く西島秀俊さん、紳士でかわいい」

「ひざ掛けが映っちゃって大慌てする綾瀬さん。そのひざ掛けを取ってあげる西島さん、ホント紳士」

「ワイプで抜かれるだけと思ったのか、上着をひざ掛けにしてたのに引きで取られてめちゃめちゃ上着映りこんでアラアラってなる綾瀬はるかと、笑いながら上着を取ってフレーム外にファインプレーを自然に見せつける西島秀俊、いいぞ」

「西島さん見てたら優しいと紳士って言葉しか出てこない。。。綾瀬はるかともすごくいいコンビだ、映画も観に行きますよー」

「ZIPでひざ掛け映っちゃって、息をのんだ綾瀬はるか可愛かったなー。そんでそれをサラッとフレームアウトする西島さんがかっこよすぎて脳内リフレインしてる」

「はあー!!綾瀬さんカワイイし、綾瀬さんの膝にジャケットかけてあげてた西島さんも素敵すぎる」

などと、西島さんの行動に賛辞の声が上がっていました。

ハプニングにより油断した姿を晒してしまった綾瀬さんと、神対応を見せた西島さん。

人気俳優、女優の貴重なシーンに視聴者は大いに盛り上がったようです。

(文:有馬翔平)


関連記事リンク(外部サイト)

小倉智昭、逮捕のワタナベマホトを一刀両断!辛らつな一言に「サイコー」と拍手喝采
土佐兄弟の弟・有輝、元カノ登場で視聴者騒然「めっちゃ美人」「乃木坂みたいな顔」
元人気子役・小林星蘭の現在の姿に視聴者から注目集まる「えっ?全然顔違う」「別人やん」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧