日常系ASMRボイスドラマ『とばしょく』白井悠介さんに“ダミヘ収録”の難しさを聞く「エナジードリンクの炭酸が……」

access_time create folderガジェ通

誰かがそばにいて生活しているような感覚を得ることができる、日常系ASMRボイスドラマ『拝啓お母さん、飛ばされた世界でも元気に食堂手伝っています』(以下、『とばしょく』)が3月15日より、ポケドラ、DLSiteなどでリリースとなりました。

『とばしょく』のこだわりは、キャラクターと同じ世界に存在するけれど、視聴者(自分)はその世界にほぼ介入しないという設定! キャラクター達を耳で愛で、見守る事が出来る、<壁になりたい女子>向けの内容となっています。

視聴者(自分)が飛ばされてしまった異世界で、宿屋と食堂を経営している2人の兄弟。翠風(スイフウ)と蒼樹(ソウジュ)をそれぞれ、人気声優の白井悠介さんと酒井広大さんが演じている本作。今回は兄・翠風を演じた白井さんに、アフレコの感想などお話を伺いました!

【ビジュアルイラストレーターshoco先生のアフレコ現場レポはこちらから!】
https://getnews.jp/archives/2959730

――収録お疲れ様でした! 本作をアフレコしてみて、感想はいかがですか?

白井:ダミーヘッドマイクの収録で立体感のある音が撮れたのでは無いかと思います。ASMRが軸になっている作品で、実際に料理をしている感じとか生活音が入っているのも面白そうだなと思いました。あとは演じさせていただいた翠風を見て、緑色のキャラクターだ!って。翠風って名前にミドリが入っているって嬉しかったです(笑)。

――今回収録を見学させていただいて、自然にスイスイ動きながら演じられていたのですごいなと感激しました。

白井:いえいえ、全然なんです。ただグルグル回っている感じで(笑)。ありがたい事にこれまでも(ダミーヘッドマイクの収録を)経験させていただいた事も多いのですが、今回は密着やささやき、というタイプの作品では無いと思ったので、どのくらいマイクに近づくか考えながらやらせていただきました。ダミーヘッドマイクの収録は、場所をどれだけ想像しながら動けるかが大事かなと思っていまして、キッチンの動線はここで、冷蔵庫はここにあって…と想像しながら演じました。

――すごく立体感のある音になっていますよね。

白井:ダミーヘッドマイクってすごく音を拾うので、僕は普段からカサカサする様な服はあまり着ないのですが、靴やスリッパを脱いで靴下で動く様にしていたり、今日は被っていますけど、帽子も逆に被って帽子のツバが前に来ない様にしたり。あと、密着系の作品の収録の時にはメガネが邪魔なのでコンタクトにしていますね。

▲さすが白井さん、靴下も緑です!

――やはりそれくらい注意をはらわないと難しい収録なのですね。

白井:先日も収録で、万全に対策していたのに「何かノイズが入りますね」と音響監督さんに言われて、最初何が原因か全く分からず、幽霊?!とまで思っていたのですが、僕が飲んでいたエナジードリンクの炭酸の音だったんです。飲みかけの缶を机に置いていて、マイクとは距離離れていたのですが、シュワシュワ…って炭酸の音を拾ってしまっていたという。それ以来、エナジードリンクによっても炭酸の強さが違うので、炭酸弱めのものを飲んでいます(笑)。

――エナジードリンクの炭酸!驚きです。

白井:その分すごく臨場感のある音が撮れていると思います。本当にその場にいる様な感覚で、まさに壁になって2人のやりとりを楽しんでいただけたら嬉しいです!

――酒井さんと兄弟を演じられるわけですが、この関係性についてはどう思いましたか?

白井:兄より落ち着いていて世話焼きで、この関係性ってすごく微笑ましいなと思いました。僕たち自身の関係性もこの2人に近い部分もある気がします。酒井ちゃんはちょっと繊細な部分があって、あんまり気にしすぎなくていいんじゃない?って僕は思ったりするんですけど、そういう部分は翠風と蒼樹もありますよね。

――本作は、「壁になりたい」という視聴者にオススメの作品となっているのですが、その壁になりたい気持ちについて、共感出来たりしますか?

白井:のぞいてみたい、みたいな感覚にもちょっと近いですよね。僕はサッカーが大好きなので、好きなチーム「リヴァプール」のロッカールームの壁になってみたいとは思います。みんながピッチ以外ではどういう話をしているのだろう、とかすごく聴いてみたいですね。英語なので何言ってるのか分かんないと思うんですけど(笑)。そういう感覚は共感出来ます。

――確かにそれはファンにとってたまらないシチュエーションですね!(笑)今日は本当に楽しいお話をありがとうございました!

【日常系ASMRボイスドラマ】とばしょく!翠風(すいふう)編(CV:白井悠介)サンプル
https://youtu.be/xxYCwt5_9Hs

【日常系ASMRボイスドラマ】『拝啓お母さん、飛ばされた世界でも元気に食堂手伝ってます!』PV
https://youtu.be/ET86nXTEpeA

<あらすじ>
社会人のあなたは交通事故にあい気がつくと全く知らない世界へ飛ばされていた。

モンスターから助けてくれたのは森にキノコを取りに来た宿屋兼食堂を営んでいる兄弟だった。
服装の違いから細かいことを説明しても…と早々に記憶喪失ということにして、そこで働かせてもらうことに。

宿舎に住む住人と知らない世界でルームシェアが今はじまる!

<トラック名>
1:オープニングドラマ
2:ASMR 照り焼きサンド キャベツのスープ制作音(食材切断音、焼き音、水音)
3:ASMR 卵サンド制作音(食材切断音、沸騰音、卵の殻向き、マッシュ音)
4:エンディングドラマ

<キャラクター>
■翠風(スイフウ) 
CV:白井悠介
食堂を主に経営している兄 
困っている人を放っておけない。
面倒ごとを引き受けがちというか押しつけられがち。
あなたがモンスターに遭遇しているときに助けてくれた。楽観主義。
弟が病弱のため弟にとても甘い。

■蒼樹(ソウジュ)
CV:酒井広大
宿屋を主に経営している弟 
宿の半分で家賃制マンスリーを経営管理している。
おひとよしの兄のため、常にトラブルを片付けている。
病を患っており、自分のせいで兄に迷惑をかけていると思っている。
病気のせいで痩せの大食い。

■販売先
ポケドラ
https://pokedora.com/index.html [リンク]

DLsite
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ318064.html [リンク]

■クレジット
イラスト:shoco
キャラクターデザイン:alma
世界設定:葵 晴海
ロゴデザイン:中野佑里
シナリオ:海野凛久(Re,AER)
キャスティング:大崎正男
音響監督:福田正樹
制作:株式会社プラットフォーム
プロデューサー:浅川寛子
製作:DDD+

access_time create folderガジェ通

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧