「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開初日からの7日間で興行収入33億円 観客動員219万人を突破!

access_time create folderエンタメ

3月15日、株式会社カラーのアカウントがTwitterにて

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』初の週末となった3月13日(土)14日(日)の2日間、興行収入11億7744万5400円、観客動員数76万人。公開初日からの7日間累計で興行収入33億3842万2400円、観客動員数219万4533人となりました。一部地域では上映環境に制限がある中でのご鑑賞、誠にありがとうございます。

とツイートを行った。
3月7日に解除される予定だった緊急事態宣言が首都圏で延長される中、異例の平日・月曜日の3月8日に公開となったエヴァンゲリオンシリーズの完結編である映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。1997年に公開されたいわゆる「旧劇場版」2作、また2007年から12年にかけて公開された「新劇場版」の序・破・Qの3作と比較しても群を抜いた興行収入となっている模様だ。

公式のツイートには、お約束とでも言うべきか「おめでとうございます」と例のTV版の画像を貼った祝福メッセージが複数寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧