北乃きい、5年ぶりの『ZIP』出演に視聴者騒然…別人のような見た目に「違和感しかない」

access_time create folderエンタメ
北乃きい、5年ぶりの『ZIP』出演に視聴者騒然…別人のような見た目に「違和感しかない」

画像:時事

2014年から2016年の2年間「ZIP!」(日本テレビ系)の総合司会を担当した女優・北乃きいさん。

同番組の放送開始から10年が経過したことを記念して12日、一日限りのレギュラー復活を果たしてスタジオに登場しました。

すると、視聴者からは驚きの声が。

北乃きい、5年ぶりの『ZIP』で桝太一&徳島えりかにメッセージ

12日、2014年から2年の間「ZIP!」(日本テレビ系)の総合司会を担当していた女優・北乃きいさんが、放送開始10年を記念して一日限りのレギュラー復活を果たしました。

この日、およそ5年ぶりにスタジオに登場した北乃さん。

番組出演者らと卒業後にも連絡をこまめにとっていたようで「桝さんには番組を卒業しても何度も連絡をいただいて、めちゃくちゃ頼りになる先輩なんですよ」、「後輩の方にも優しいし、別の番組でもうちの後輩がディレクターなんでよろしくお願いしますとか言ってくれたりとか…」と、桝太一アナウンサーを絶賛。

すると、桝アナは「それ、放送終わったら後輩にもう一回言ってもらっていいですか?」と顔をほころばせました。

さらに北乃さんは、今月末で番組を卒業する桝アナ、徳島えりかアナウンサーにも卒業メッセージを。

徳島アナには「他の番組でご一緒した時も好きなものに目がキラキラしててそれがチャーミングだなと。でもその中でもクールな一面があってニーズが増えて徳島さんの仕事も増えたと思います」と、コメント。

また、桝アナには「隣に2年間いて本当に頼りになるお兄さん、こんなに大変なスケジュールの中で土日の家族サービスを忘れない桝さんの素敵なお父さんの姿が素敵だなと思いました。ちょっとは家族との時間が増えるのかなって思います。10年間お疲れ様でした」と、卒業をいたわりました。

5年ぶりの変化に「別人みたい」

卒業以来およそ5年ぶりの「ZIP!」の司会として出演した北乃きいさん。

番組卒業を控えた桝太一アナウンサーらへメッセージを送りましたが、番組を観ていた視聴者は北乃さんのある部分が気になって仕方がなかった様子。

「なんか変わった?」

視聴者が気になったのは北乃さんの見た目。

この日は7年前の北乃さんの映像も放送されましたが、当時と比べて大人びた様子の北乃さんに、

「ZIP見たらこの人誰って?思ったら北乃きいちゃんだっただいぶ印象かわるな~」

「私の知ってる北乃きいじゃなくなってて、私は芸能人の顔と名前すら一致させることができない…もしかして認知症になったのかも…って一瞬怖くなってスマホ開いたんだけどホッとした」

「私のZIPは北乃きいちゃんから始まったんだが、顔変わったね。声は変わらずきいちゃんやけど化粧?髪?でも可愛さはそのまんまやね!」

「北乃きいちゃん、なんか顔の雰囲気変わった?一瞬、有村架純ちゃんかと思ったよ」

「え??ZIPに出てるの北乃きい?だいぶ顔変わったな!面影は残ってるからわかったけど、一瞬戸惑ってしまったよね」

「北乃きいちゃん、顔変わったなって思ったけど、めっちゃやせたからなのかな?」

「ZIP誰って?思ったら北乃きいちゃんだった。顔の雰囲気がちょっと違っててわからなかった。だいぶ顔周りがスッキリしたからか」

「今、ZIPみたら、知らない顔が出てたんで誰だ?と悩んでたら『北乃きい』でビックリした(笑)顔が別人じゃん!!」

「ZIP観てて、北乃きいちゃんの顔に違和感しかない。鼻がシュッとしたのかな…別人みたい。」

などと、北乃さんの変化を指摘する声が殺到しました。

来週15日で30歳を迎える北乃さん。

年齢を重ねまた一段と美しさを兼ね備えたようです。

(文:有馬翔平)


関連記事リンク(外部サイト)

Perfumeあ~ちゃん、ナレーションの実力に加藤浩次ら絶賛!「脳が溶けそう」と反響を呼ぶ
北乃きい、『ZIP!』5年ぶりに司会で歴史に残る『迷言』!桝太一アナも大慌て
坂上忍、尾身茂氏らへの発言にイライラ爆発も「本当にズルいやつ」と批判相次ぐ

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧