【アメリカ・ニューヨーク】2021年4月2日から集会などの規制を緩和、収容人数に制限をかけつつコンサート等の再開を発表

access_time create folderエンタメ
【アメリカ・ニューヨーク】2021年4月2日から集会などの規制を緩和、収容人数に制限をかけつつコンサート等の再開を発表

アメリカ・ニューヨーク州の Andrew Cuomo(アンドリュー・クオモ)知事は、2021年4月2日からの集会などの規制緩和と共に、コンサートの再開も発表した。
先日行われた会見にて Andrew Cuomo 知事は、会場等は入場制限を行いつつの再開となると発表。集会などの集まりは、最大収容人数の33%であれば限定的に可能となり、屋内であれば100名、屋外であれば200名までの収容人数でのイベントとなる。
【アメリカ・ニューヨーク】2021年4月2日から集会などの規制を緩和、収容人数に制限をかけつつコンサート等の再開を発表
また、イベント参加者がイベント会場に入場する際に新型コロナウイルス「陰性」の検査結果を提出した場合に限り、屋内150名、屋外500名までの制限となる。
The New York Times によると、参加者はソーシャルディスタンスを保つ必要があり、マスク着用も必須であるとのことだ。
 

この発表を受け、俳優労働組合は、会場で働く労働者たちが安全に仕事に復帰できるように新型コロナウイルスのワクチン接種を優先的に受けさせるようにと知事に求めた。
規制緩和のニュースから分かるように、パンデミックの最悪の状況は抜け出したことになるが、一部の企業経営者達は、出演者への出演料などを支払う費用を考慮した場合、限られた収容人数でビジネスを再開させることが経済的にどれだけ意味があるのかを試算していると報道されている。
【アメリカ・ニューヨーク】2021年4月2日から集会などの規制を緩和、収容人数に制限をかけつつコンサート等の再開を発表
更に、ソーシャルディスタンスを保つ必要があるため、上記よりも更に小さな会場がビジネス再開可能になった場合、収容人数の制限が更に少なくなる可能性がある。
会場の再開は嬉しいニュースであるものの、収容人数制限と経営側の売上のバランスを保つことは難しいのではないかと言った声も上がっている。

関連記事リンク(外部サイト)

【海外ニュース】フェス開催が見えてきたイギリス、フェス主催者たちが「観客、アーティスト、関係者を含む音楽フェスティバルに来場する全員への新型コロナワクチン接種を政府が必須条件にすべき」と提言
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、リリース予定アルバム『Justice』のロゴについて、フランスのアーティストJustice(ジャスティス)所属のレーベルから盗用を主張される
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 劇場公開記念!今夜20時〜三夜連続で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」3作品がYouTubeにて無料配信!【配信チャンネルへのリンクあり】

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧