ヒップホップ界のレジェンドDr.Dre(ドクター・ドレー)の息子 Tyler Young(タイラー・ヤング)、ダンサブルなソロ楽曲「My Time」でデビュー!

access_time create folderエンタメ
ヒップホップ界のレジェンドDr.Dre(ドクター・ドレー)の息子 Tyler Young(タイラー・ヤング)、ダンサブルなソロ楽曲「My Time」でデビュー!

ヒップホップ界のレジェンド Dr. Dre(ドクター・ドレー)の息子である Tyler Young(タイラー・ヤング)が、ヒップホップとは全く異なるジャンル、ハウスミュージックでデビュー! 初ソロ・オリジナル楽曲「My Time」を Sony Music の傘下である Thrive Music からリリースした。
 

          View this post on Instagram                      

A post shared by @_tyleryoung_

Tyler Young は、2020年に “Suniel Fox & Henry Strange – Revolution (Tyler Young Remix)” をリリースしているが、ソロ・オリジナルリリースは「My Time」が初となる。ダンサブルでグルヴィーなハウストラックに仕上がっている。
 
2006年にアメリカで開催された世界的フェス Coachella で先日解散を発表した Daft Punk(ダフト・パンク)のパフォーマンスを見た Tyler Young は、エレクトロニック・ミュージックの虜になったそうで、Justice(ジャスティス)Green Velvet(グリーン・ベルベット)deadmau5(デッドマウス)Kaskade(カスケード)などを聴き、DJ や制作について学んでいった。その後、ハウスパーティーや、アンダーグラウンドなクラブで DJ スキルと制作技術を磨いていった。学校に通っていたものの、学業は自身に向いていないと悟り、またパンデミックの影響もあって四六時中スタジオに篭り楽曲制作に励んでいたそうだ。そして、2020年後半に、Thrive Music と契約を結び、ソロ・デビューという運びとなった。
▼ Dr. Dre とTyler Young​

          View this post on Instagram                      

A post shared by Dr. Dre (@drdre)

2021年度の要注目新人アーティストの1人になることは間違いないだろう。今後のリリースや活動にも要注目だ。

関連記事リンク(外部サイト)

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、リリース予定アルバム『Justice』のロゴについて、フランスのアーティストJustice(ジャスティス)所属のレーベルから盗用を主張される
アメリカ ・テキサス州、マスク着用義務を含む新型コロナ関連の規制を全面解除! 最大限の収容人数で開催可能となった「Ubbi Dubbi Festival」の最新ガイドラインとは……!?
Laidback Luke(レイドバック・ルーク)がルーツである "テクノ" にフォーカスした別名義「DARK CHANELL(ダーク・チャネル)」として EP『No.1』をリリース!

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧