小森純、現在の生活はペニオク騒動から激変!ネイルサロンを経営し成功を収める

access_time create folderエンタメ
小森純、現在の生活はペニオク騒動から激変!ネイルサロンを経営し成功を収める

画像:時事通信フォト

5日に放送された「爆報!THEフライデー」(TBS系)。

元ファッションモデルの小森純さんが登場しましたが、当時の芸能界で問題となった“ペニオク騒動”の裏話や、その後の生活・容姿の変化がネット上で話題となっています。

どのような変化だったのでしょうか?

ペニオク騒動で激変した生活

5日に放送された「爆報!THEフライデー」(TBS系)。

過去に一世を風靡していたが、その後テレビで見かけなくなってしまった著名人の現在を紹介する“あの人は今”のような特集が人気の同番組。

残念ながら番組の改編期を迎えたため、今回の3月5日の放送が最後の放送回となりました。

MCの爆笑問題・太田光さん、田中裕二さん、田原俊彦さんに加え、タレントのテリー伊藤さん、お笑い芸人の友近さん、オリエンタルラジオの藤森慎吾さん、アンガールズの田中卓志さん、山根良顕さん、アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花さんらが出演。

最終回となる今回は1人目に小森純さんが紹介されました。

小森さんといえば2000年代に“おバカタレント”としてバラエティー番組を席巻したことでも有名なカリスマギャルモデル。

ですが、2012年に芸能人20名以上が詐欺行為をしていた会社から報酬を受け取っていたことでも話題となった“ペニオク騒動”に加担していたことから、当時猛バッシングを受け、メディア出演も激減してしまいます。

髪色やメイクも落ち着いた現在は、横浜の4LDK一軒家にて元ファッションモデルの旦那さんと2人のお子さんと暮らしていることが明かされました。

さらにネイリストとして開業し、会社の社長としてスタッフ5名とともにネイルサロンを切り盛りしているそうです。

そんな順風満帆な再スタートを切っているかのような小森さんですが、当時の心労を激白。

「死ね」などのネットの書き込みは日常茶飯事で、ティッシュ配りの男性などにも暴言を吐かれるなどし、次第に家から出られなくなったと言います。

仕事が全てキャンセルとなり、スケジュールが白紙となったどん底の小森さんを支えたのが、お子さんの存在。

未来に向かって頑張っているお子さんを見て、自身を胸を張って誇れるものを探した結果、現在のネイリストの職に辿り着いたそうです。

若くして壮絶な経験をした小森さんでしたが、現在の幸せそうな姿にスタジオの太田さんや藤森さんも笑顔を浮かべていました。

現在の小森純に対する視聴者の声

小森さんの生々しいエピソードや現在の姿を見た視聴者からは、

≪後にも先にも、あのペニオク騒動をカメラの前で謝罪したのはこの人だけ。今幸せそうで何よりです≫

≪下品とも言われていた小森純の現在。人間、変わるもんだな。≫

≪小森純、彼女だけ大バッシングでかわいそうと思ってた。今が幸せそうで、本当に良かった≫

≪小森純がすっかり落ち着いていて、しっかりママさんしてびっくりして感心した。≫

≪小森純ちゃん、大人になって綺麗になったね。幸せそうで本当に良かった≫

≪小森純いつだったかのペニオク騒動で消えたよね。 今はネイルサロン開いて幸せそうにしてる。こういうの見ると良かったなぁと心の底から思える≫

≪小森純立ち直ってよかったな〜〜〜ちゃんとした母親になってるしネイリストで成功してよかった。≫

と、ポジティブな意見が多く見受けられました。

ですが一方で、タレントの熊田曜子さんや女優の菜々緒さんなど、当時小森さんと同様のステルスマーケティングに関わっていながら、現在もテレビに出続けている人がいることを疑問視するコメントも。

SNSが当時よりさらに普及している今の時代、芸能人の方々はより一層注意しなければいけませんね。

(文:Quick Timez編集部)


関連記事リンク(外部サイト)

佐藤かよ、現在は韓国に移住しゲーム実況者に…顔も激変し「明らかに整形した」の声
比嘉愛未、『ダウンタウンなう』初出演で顔に違和感が…視聴者「誰か分からなかった」
宮迫博之の復帰をめぐり東野幸治が「アイツはどんな手を使ってでも」と提言…ファン「鳥肌が立った」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧